« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

冬の夕陽

1月28日(水)
Photo
晴天の夕陽が西の山に沈む。右側のデベソのようにポツンと一番上に見える山は白鷹山。


Photo_2
蔵王山系の龍山、この山の向こう側に蔵王スキー場、蔵王温泉がある。
手前に見えるのは千歳山。

Photo_3
左側の三角形の山が雁戸山、今年は登ってみよう。手前に見えるのは盃山。

(いづれも1月28日午後4時半頃、事務所ベランダより撮影)

暖かい一日だった。
正月前後に積もった雪がみるみる間に消えて行く。
間もなく2月、いつもよりも春が近く感じられる今日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「おくりびと」

1月25日(日)
 今日は山形県知事選挙投票日。投票所から出ると出口調査を受けた。はじめての経験だ。
 午前中、投票を済ませムービーオンやまがたへ「おくりびと」の入場券を買いに行く。上映は12:25なのだが満席になる前に早めに。今日は大丈夫だったが席はほんの少ししか残っていなかった。

1_2

2_2
(上の画像はおくりびとホームページより)

 笑ったり泣いたり、どっちかといううと涙の方が多かったかな。流れるチェロの音楽がすごく良かった。映画が終わってからもしばらくはその音色が耳に残っていた。
死は門だ、だれでも一度は通る門、その門から死者を送り出すんだという笹野高史が演ずる銭湯の常連客の言葉が印象的だった。この笹野高史は私と同じ年齢なんだけどほんとに味のある人だ。
夫大悟(本木雅弘)の仕事を知り、穢らわしいと言って一度は実家に帰った妻美香(広末涼子)が死んだ銭湯のおばちゃんの納棺をしている大悟がおばちゃんが気に入っていたスカーフを最後にそっと首にまいっているのを見て、次第にその顔がおだやかにやさしくなっていく場面、
そして大悟の行方不明の父親の死との再開。他の葬儀屋が納棺する乱暴さに見かねた大悟が自分が納棺すると言い出したのをとがめる葬儀屋に「私の夫は納棺師です!」と美香が叫ぶ。すでに死者を忌み嫌うところか尊厳を持って自分の夫の仕事に誇りを持ったのだ。そして死んだ父親が握りしめていた石文を見たとたん自分を捨てた父親をすべて許し父親との思い出が蘇る場面。

 涙が出っぱなしだった。
背景の鳥海山や他の山々田園風景、庄内の自然の美しさにも感激した。そして田園の中で奏でる大悟のチェロ。

 ほんとに良い映画を見る事ができた。こんな素晴らしい映画を作ってくれた人たちにありがとう。
この日は一回だけの上映で満員状態。私より上の年配者がものすごく多かった。それにしても上映中、その場面場面ごとにあれはこうだ、あそこは知っている、うんだ、うんだ、俺もおぼえった等とぺちゃくちゃおしゃべりをするのにはちょっとまいったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

文四郎麩さんの番組

1月24日(土)
さすがに昨日の酒が残っている。頭が良く回らない。ぼーっとしている。
午前10時半から文四郎麩さんが出ているテレビ番組を見る。約一時間、本来は六田の麩の番組なのだけれど文四郎麩さんからの中継なのでほとんど出っぱなしだった。

Photo_2

 


 昼過ぎ映画「おくりびと」を観ようとムービ−オンやまがたへ行ったが満席で見れなかった。残念。
さすがすごい人気だ。明日にすることにした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

卒業進級作品審査会

1月23日(金)
今日は昼からYACDの卒業進級作品審査会。お昼に学校より「海鮮丸」のお弁当とお茶をご馳走になり12時半より開始。どんな作品が出るか、どんな仕上がりか、レベルは?等と期待と不安が入り交じりながら環境デザイン科の審査会場に。

Photo
(海鮮丸のそばと鮨のお弁当。ご馳走さまでした。)


1

2

ここ数年、年毎にレベルがあがっているような気がする。他の講師の先生達も同じ感想のようだ。ただこの審査会に完全な作品の形で提出されないのがちょっと問題だ。ま、来月の山形美術館での発表会には間に合わせるつもりなんだろうけど。

午後5時半頃終了、ビジュアルデザイン科の方も終了。
この後、新年会をかねた講師会のため小姓町の「味の里ばんだい」へ移動。

今日で連続4日間、何らかのお酒の会合が続いている。いい加減体は酒に疲れているので洋子さんからもほどほどにして早めに切り上げて帰るように言われたんだけど、結局二次会へ。もちろんあきれたことに泥酔で帰宅でした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

山形座禅会

1月21日(水)
明日朝の座禅会に参禅する人たちと長野から夕方東根にお着きになった活禅寺の高橋徹巌和尚さんを囲んで東根の心風亭さんで夕食会。明日の座禅会には心風亭さんご夫妻も参禅の予定。
遠くは気仙沼からKMGご夫妻からもかけつけていただいた。ありがたい。感謝。
心風亭の料理と酒、そして徹巌和尚さんのお話に大いに盛り上がるが明日の朝早いので10時頃お開き。

1月22日(木)
座禅場の道研本部2階にて朝7時半から約一時間ほど徹巌和尚さんを含めて11人で参禅。読経の後、座禅。活禅寺に入門していない座禅が初めての方へ徹巌和尚さんから指導をいただく。何年も座禅をしているがあらためて指導の話に気がつく点があり座り方を修正できた。
終了後、天童の茂利多屋さんへ移動。簡単に朝食。徹巌和尚さんから茂利多屋さんの厨房に気を入れていただく。
再び東根へ戻り、徹巌和尚さんからYKO家の法要供養をしていただく。もちろん参禅者も供養をさせていただく。YKO家から全員にお礼にと壽屋さんの「茜姫」を頂戴する。恐縮しながらありがたくいただいた。
その後、文四郎麩「清居」にて麩懐石料理で昼食会。楽しく料理をいただきながら歓談。

Photo

2
(春の麩懐石料理)

徹巌和尚さんをさくらんぼ東根駅でお見送りして今回の山形座禅会を無事終了。
徹巌和尚さん、気仙沼のKMGご夫妻、OGM-Jさん、YKO家、都合で参禅できなかった今回の座禅会をの陰の立役者OGM先生他たくさんの方のご協力で初めての山形座禅会を行う事ができた。
感謝。これからも続けて行かなくてはならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

太平洋側はやはり雪が少ない。気仙沼から白石へ。

1月20日、今日は気仙沼へ車で日帰り出張。

Photo
高速道路の通勤割引の距離の問題で関山インターへ向かう。午前7時過ぎに自宅を出たのだが笹谷峠へ続く坂道で除雪車の後尾につきノロノロ。

Photo_2
東北道は内陸なので雪の影響があると悪いので太平洋側の三陸道を走る事にする。桃生津山インターで降りて旧北上川の堤で一休み。やはり太平洋側は雪がまったくない。このルートで正解だった。土手の下に2〜3人の釣り人が見えた。この土手沿いにふきのとうが顔を出すのもそう遠くはないだろう。

Gimiya2

Gimiya1
訪問先のTKHSさんから昼食をご馳走になる。以前から知り合いのKMGさんご夫婦と4人で気仙沼市内の「義味家」=GIMIYAで楽しくランチ。うっかり写真を撮る前に食べてしまった。写真がないのが残念だがこの店もびっくりするくらいリーズナブル。先日の長野市の「つきや」もそうだったが良く客が入る店って頑張っているんだ。

14:50頃気仙沼を出発。白石へ向かう。
実は20年前にお店をデザインさせていただいた縁でず〜とお付き合いさせている白石市の喫茶店「たるたる」の河戸 誠さんが一昨日亡くなった。ガンで昨年入院し春には退院して店をやっていたのだが今月5日に悪化して再入院したのだが2週間たらずで息を引きとったのだそうだ。これは河戸さんの友人が私を探して連絡してくれたのだ。そのうち店に行こうなんてのんびりしていたことが後悔される。

再び同じ道(45号線)を戻る。途中、道の駅「津山」で休憩。


1

1_2

2

3
道の駅「津山」にある『クラフトショップ もくもくランド』で杉の木工品を見る。かなり面白いものがたくさんある。しかも土産店にありがちな訳のわからない高い値段ではなく結構安い。覚えておこう。何かの時使える木工品がきっとあるはずだ。


Photo_3
桃生津山インターから夕暮れの石巻郊外をひたすら白石に向けて走る。18:00からの通夜に間に合うか気になる。河戸さんの死が悲しい。彼岸の方に沈む真っ赤な夕日に彼の冥福を祈る。

仙台東道路から東北道へ入り、白石のフローラメモリアルホール白石に10分前に到着。間に合った。
通夜なので服装は普段着、そして今日は上も中も黒色なのでそのまま葬儀場に入ったが私以外はほとんど黒の礼服だった。所変わればなんとやらだが気にせず参列。遺影の彼の顔が明るい。なおさら悲しみを感じる。
帰りにお母さんと喪主のお姉さんに挨拶。生前、彼からはよく私のことを聞いていましたと言われた。お悔やみの声をかけたが目から涙が出そうなのであまり話せなかった。
ジャズが好きでおだやかなでいつも明るい笑顔の人だった。毎年好物の干物を送ってくれたっけ。
河戸さん、生前のお付き合い本当にありがとうございました。
やすらかにお眠り下さい。

山形着20:00。
河戸さんの死を教えてくれた方へお礼を言ってくるのを忘れた!と気がついた時は蔵王インターだった。確か白石市の阿部なんとか酒店とかいってたので探さなければ・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日はいい天気。下北半島から山形へ

一時間半かけて古牧温泉「青森屋」から陸奥横浜のお店に戻り、現場の状況を確認。
大湊線陸奥横浜発11:31で野辺地へ。

16
(野辺地駅に入ってきた弘前〜八戸を走る特急つがる16号) 
野辺地で12:08の特急つがる16号に乗り換えて八戸へ、そして東北新幹線で仙台

Photo_12
(仙山線奥新川駅にて)

仙台から仙山線で山形、羽前千歳着16:03。
途中の奥新川駅前の食堂が何故か気になった。こんなところに中華そば屋があるんだ。以前から気になっていたので停車中にパチり。雪が消えたら一度、ここで中華そばを食べてみようっと。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

古牧温泉「青森屋」、そして誕生日

*17日のこの日は私の誕生日。神戸淡路大震災の日と同じ日なのだ。出張と重なったので洋子さんとのお祝いはお預け。

出張先のSGNMさんにてリニュアル工事の現場で施工業者と打合せ。お店の営業は全休なので全員で一泊での新年会とのことで古牧温泉「青森屋」へ私もお誘いを受ける。

1_2

2_2

3

十数年前に一度、泊まったことがあるがそのイメージはまったく、くつがえされた。
古牧温泉は数年前破綻し、あの「星野リゾート」が再生プロジェクトに取り組んでいるのだ。
なるほど楽しい、魅力ある宿泊施設に蘇っていた。ん、でもこれに似たイメージの宿泊施設が最近増えて来ているような気がするけどね。
バイキング料理と場のイメージは素晴らしい。自慢の露天風呂「浮湯」も良かった。一度プライベートでゆっくり訪れてみたいものだ。


4
(1月18日)
朝、玄関には馬車がいた。この馬は触っても大人しかった。お客さんたちも大喜び。

昨晩の宴会で私の誕生日のケーキが用意されていた。いや私だけではなく一月生まれの従業員のお祝いをしたのだそうだ。それにしても感激。こんなに大勢の人に囲まれて誕生を祝ってもらうなんて記憶にはない。嬉しかった。そんな訳でつい飲み過ぎ。

ほんとうにSGNMさん、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

下北半島、陸奥横浜町へ

17日、仙山線羽前千歳駅発09:04で仙台へ

Photo_3
雪は降っていないがどんよりとした空。


Photo_4
山寺駅から雪景色の山寺、五大堂を見る。すこし雲の合間から青い空が見えているようだ。さあ、今日はどんな天気になるのかな。


9
(八戸駅に停車中のスーパー白鳥9号)

仙台から東北新幹線で終点の八戸からスーパー白鳥9号函館行きへ乗り換え。八戸の空は雲が幾分あるものの青空が広がっていた。

Photo_5
スーパー白鳥9号のとなりに待機中の「特急つがる」の車体の下には雪原を走ってきたためか雪がこびりついていた。


Photo_6
野辺地駅で下車、ここから大湊線の乗り換えだ。15分程の待ち時間。
さっきの八戸からわずか30分北上しただけなのにここ野辺地駅前はすごい積雪だ。野辺地は青森県内でも有数の雪が多い地方。

Photo_7
野辺地駅の待合室。以前、OGWさんと一緒にここでかけそばを注文して持参した玉子をこっそり入れて月見そばにして食べたっけ。懐かしい思い出が蘇る。

Photo_8


Photo_9
大湊線の一両編成のディーゼルカーの車窓から陸奥湾を見る。湾の向こうに見えるのは津軽半島。

Photo_10
陸奥横浜駅13:34着。鉛色の空の下、今降りた列車が大湊へ向かって行く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浅間山-長野新幹線あさま565号から

16日、今日は長野市へ日帰り出張。山形は寒くうす暗い。道路はアイスバーン。洋子さんに山形駅まで送ってもらうが行きは私が運転。山形駅07:12発山形新幹線つばさ104号に乗り大宮へ、大宮発09:36長野新幹線あさま565号で長野へ向かう。

Photo
軽井沢を過ぎた頃、右側に浅間山が見えてきた。なんと天気の良い事か。青い空に山の頂きに
かかる白い雲。朝方の山形の天気が信じられない。

*最近はデジカメを持ち歩かずカメラ付携帯電話CASIO「EXILIM」5.1MEGA PIXELSを使っている。印刷用画像以外ならほとんどこれで十分なので便利に使っている。しかしシャッタースピードというかシャッターボタンを押してからの反応にわずかなずれがあるのであさまのように高速で動いている窓からや逆に動いているものを撮影する時どうしても狙ったシャッターチャンスを逃してしまう。今回も浅間山を、前面を塞ぐ鉄柱とか電線や民家の切れ間を狙うのだがうまくいかない。ま、仕方のないことであるが。

長野駅10:51着。駅にHNDさんからお迎えいただき、早速お店で施工業者の人たちと工程会議。12:00前に終了。これで今回の出張の仕事は終りなのだが、活禅寺に寄らなければならなくなりHNDさんからお寺まで連れてっていただきその後HNDさんから昼食をご馳走になる。お連れいただいたお店の名前は「四季の味 つきや」。


1
HNDさんが食べた野菜の天丼とブリ大根のランチ。これで700円。


2
私が食べたブリのから揚げと刺身のランチ、これもなんと700円。

ごはんも何もかもみ〜んな美味しい!これで700円とはすごい。ほんとに最近、飲食店はしのぎを削って頑張っている。お客はどんな店に集まるのか、リーズナブルでうまいは当たり前、どれだけ安くそして価格の期待をどれだけ超えることができるか。

Photo_2
『四季の味 つきや』長野市大字高田中村277-2
昼時はサラリーマンや常連の人たちで混んでいるそうです。

長野駅発14:25のあさまで山形へ向かう。山形駅から在来線で羽前千歳駅着19:04。
しかし新幹線のおかげでなんと便利になったことか。一昔前なら絶対一泊だった。
さ、明日からは青森県下北半島へ出張だ。

HNDさん、今日はほんとうに美味しい昼食ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鹿肉鍋

同じ専門学校のSBY先生が事務所に鹿肉を持って来てくれた。栃木の鹿(ニホンジカ)だそうだ。早速夕方スタッフ全員で鍋にしていただいた。

Photo
(レンズが湯気でくもって写真がちょっとぼけてしまった)

白菜、ごぼう、みずな、ネギを洋子さんから持ってきてもらい、鹿肉は薄くスライスして醤油と砂糖で鍋にした。スタッフは煮えるのが待ちきれないのか台所へちょくちょく顔を出す。
事務所中がいい匂いに包まれ、さ、食べごろだと皆で鍋を囲む。お〜、うまい。少々肉は固かったがいい味だ。もう少し薄くスライスすれば固さは問題ない。淡白ではあるがなかなか鹿肉もうまいもんだ。これはいけるぞと皆ふ〜ふ〜しながら鍋をつっつく。そして味がしみこんだ白菜のなんと旨いことか。
鹿肉はまだ半分残してあるのでホームページでレシピを探して今度は別の鹿料理を楽しもう。
SBY先生、ほんとうにありがとう。
(洋子さんはこういう肉は苦手なので、うまそうに食べている我々を横目で信じられないという顔つきをしていた)

明日は長野市へ日帰りで、明後日は青森県下北半島へ一泊で出張。
大雪にならなければいいんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

正月飾りを焼納-護国神社

お正月の鏡餅の鏡開きは事務所のスタッフ皆とお雑煮や自宅でお汁粉にしていただき無事終了。
包丁等の刃物を使用するのは厳禁なので固くなった餅は水に半日浸けて、電子レンジで加熱すると柔らかく食べることができた。

正月飾りや古くなって交換したしめ縄は今日、山形県護国神社の境内に行って焼納してきた。この神社では正月から今週一杯くらいまで境内で火を炊き続けているので都合の良い時いつでも焼納しに来て下さいとの巫女さんの話。

1

年始詣りの人たちが松の枝に結んでいったたくさんのおみくじを巫女さんが枝からはずして焼納していた。見渡すとまだまだたくさんのおみくじが松の枝や木の枝に結ばれたままだ。巫女さんご苦労様です。

2

この火は正月の間その家に訪れていた神々を送る「御神火」であり、その火に体をあてるとその年の無病息災、家内安全を護ってくれるのだそうだ。この日の御神火はちょっと小さかったけど十分、手のひらと体を暖めてきた。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

「MOVIEONやまがた」で『禅』を見てきた。

昨晩、「MOVIEONやまがた」道元禅師の生涯を描いた映画『禅』を見てきた。

Movieon
この映画館ができてから初めて行ってきた。ここはあの有名な山形出身の世界的工業デザイナー奥山清行氏のデザインによって作られた「MOVIEONやまがた」だ。自宅からそんなに遠くはないのになかなか行く機会がなかった。映画も久しぶりだ。映画『禅』は封切りしたら必ず見に行こうと思っていた。座り心地の良い椅子、見やすい高低差、素晴らしい音響に満足。昨晩は何と1000円の入場料だった。毎週月曜日はメンズデーで男性は1000円なんだそうだ。


Photo
(上の画像は『禅』公式ホームページより)

”春は花、夏ほととぎす、秋は月、冬雪さえてすずしかりけり”
あるがままに全てを受け入れよということだ。
活禅寺で教えていただいていることを一つ一つ思い出させてもらいながら見た。
素晴らしい映画だった。道元役の中村勘太郎ももちろん良かったが「おりん」役の内田有紀も素晴らしかった。特に最後のシーンの尼僧姿で子供達に座禅を教えている彼女の微笑みは感激だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

九官鳥が困っていた。あいかも会館

今日1月10日は山形市恒例の「初市」が開かれているんだけど村山市に用事があるため今年は見に行けない。
午後一番、心風亭での昼食後村山市にある村山そば街道の一軒「あいかも会館」へ。

Photo
この店の玄関に九官鳥がいる。店にお客が入ると「コンニチワー、コンニチワー」と話す、いや啼く。お客さんも面白くて「こんにちわー」と声をかける。
丁度、座敷では法要のお客様がお酒が入って賑やかだった。そのお客さんたちが帰り際に九官鳥に声を掛けるのだが訛りがきつい上、酒が入っているので舌がよく回らない。「△○×??ー!」こんにちはーとは言っているのだが私が聞いていてもちょっとメチャクチャ。いつもお客の声に答える九官鳥なのだがかごのなかで困ったように頭をクルクルまわすだけだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心風亭285円の支那そば

285
村山市にある中華食堂「心風亭」の「支那そば」。今日は村山に用事があったので昼食に寄った。すごく混んでいてびっくり。席を待つお客さんが風除室に数組。一人だったのでカウンター席にすぐ座れた。
食べたのがこの285円の「支那そば」。人気メニューだ。スープも麺も従来メニューの「ラーメン」と同じ。
他の客を見るとこの支那そばと他のサイドメニューを一緒に注文しているようだ。その点は「幸楽苑」の290円らーめんと同じだね。
でもこれ一杯で私の昼食は十分でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

信じられないことに財布がもどった。

ブログに書くのを忘れていた。
実は去年、洋子さんが熱海で無くした財布がもどっていたんだ。信じられないけど。
熱海警察署から昨年の20日に落とし物ということで連絡があった。財布の中の保険証で名前が分かったとのこと。
いや〜、驚いた。まさかあんな人通りの多い熱海で無事だったなんて。拾った方が警察署によく届けてくれたものだ。もう洋子さんはあきらめていたのに。
ほんとにありがたい事だ。良い人に拾われたんですね。感謝!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の昼食は茂利多屋の鮭フライ定食390円

年もあけてすでに一週間が過ぎた。はやいものだ。元旦からまったく雪らしい雪が降らず過ごしやすい日が続いていいる。

天童、東根方面へ出かけて来た。雪のない道路は本当に運転が楽だ。このまま春まで続いてくれれば良いがそういう訳にもいかないだろう。
帰りに茂利多屋さんで昼食。新メニューの「鮭フライ定食」を注文。

1


2

これで390円(税込み)。フライの量は申し分ない。ちょっと多めかな?でも若い人には十分だと思う。サクサクして旨い。周囲のお客を見渡すとこの店の人気商品「チキンカツ定食」290円(税込み)を食べている人が多い。若い人はラーメンとかそばを一緒に食べているようだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月3日三朝大祈祷会の最終日、長女夫婦リターン

朝8時、箱根駅伝復路スタート。今回の駅伝は洋子さんが期待する感動シーンが少なくてちょっと不満の様子。でも各大学のチームはそういうトラブルをなくすように練習を積んでいるのだから当たり前なのだが。
午前10時前に三朝大祈祷会へ、さすがに三日目の今日はたくさんの人たちが集まっていた。祈祷が終わってお札をいただいて自宅へ戻り、駅伝のゴールの時間までテレビの前に釘付け。やっぱりいつもの駅伝より感激が少ない安定したレースだった。

長女夫婦と中国料理桂林で夕方の食事をして山形駅へ送る。
さすが桂林は旨い、長女と私は「スーラータンメン」長男は「ジャージャーメン」、長女の主人は「五目やきそば」そして水餃子と焼き餃子。何を食べてもこの店は良い。

山形駅に長女夫婦を送って七日町通りを自宅に帰る。
市役所前の通り、文翔館前の通りのイルミネーションがきれいだった。今日で正月三が日も終りだ。

Photo_3


| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月2日今日も三朝大般若祈祷会へ、昼は有頂天の元祖でゲソ天味噌ラーメン。

今朝も泉福寺での三朝大般若祈祷会へ。梅花講の人たち以外の一般の参列者は昨日と同じく15人前後。昨日も今日も続けて来ているのは私くらいだった。

長女夫婦と三人で大野目のラーメン有名店「有頂天の元祖」へ、正月ということもあってかすごい混んでいた。ま、ここは平日でもよく客が入っている。ゲソ天味噌ラーメン800円を注文。

1
丼の縁にからし味噌がくついているけどこれは従業員が厨房でこぼしたものがくっついただけ。
ナルトの下辺りにからし味噌が大さじ一杯程の大きさで潜んでいる。これを溶かしてスープに混ぜて食べる。

2
久しぶりの有頂天だけどやっぱり旨い!でもゲソ天はラーメンよりも蕎麦の方に合いそうだ。

Photo_2
「有頂天の元祖」


夕方、長女夫婦と一緒に護国神社と薬師堂へ。昨日は空いていた時間帯に行ってきたので並ばなくて良かったが二日目のこの時刻は長い行列を作っていた。


Gokokujinnjya

Yakushido
長女夫婦。火に手をかざし暖かそうな二人。

午後7時過ぎには長男が仙台から帰省。久しぶりに家族全員が揃い楽しい夜を過ごす。みんな元気でいてくれていてなにより。ありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成21年元旦。新年です。

新年あけましておめでとうございます。年越しそばを洋子さんと二人で食べながら無事に年を越す事ができました。
Photo_2
東の山並みから上がる初日の出を自宅前から撮影。

雪の天気予報にもかかわらず東の山並みから突然太陽が禍を顔をだしてきた。感激!早速初日の出にむかって合掌。ありがたい。ほんとに感激。
毎年初詣に行っている護国神社と薬師寺に今年は午前8時過ぎに行った。いつもならすごい人の出で参拝できるまでには1時間以上もならばなければならないのだけどこの時間は少なかった。並ぶ事もなく行ってすぐに参拝をすることができた。来年からこの時間に決めた。夜中の参拝が終り皆この時間は朝食や自宅で新年を迎えているから一瞬、人がすくのだろう。


Photo_3
いつもならすごい行列なんだけどご覧の通り空いていた。

Photo_4
ほんとに気持ちの良い朝の境内。

Photo_5
国分寺薬師堂も空いていた。ゆっくり参拝ができた。

お雑煮で朝食を済まし二人で新年をお祝いした後、元旦から三日間行われる泉福寺の三朝大般若祈祷に参列。ここ数年毎年三日間欠かさず参拝に行っている。

Photo_6
泉福寺。

お寺を出て、落合町の氏神様の八幡神社へ参拝。その足で11時54分山形駅着で帰省する長女夫婦を迎えに山形駅に。山形駅で割烹かとうさんの奥さんと長女の同級生の娘さんと偶然に遭った。

家に帰ってからは洋子さんの手料理でお屠蘇で一杯。長女達は夕方、落合のスケートセンターにスケートに行ってきたがそのまま夜まで飲み続け午後8時過ぎには私はダウン。

ほんとに今日は良い元旦でした。天地自然の神様に深く感謝・・・。ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月29日仙台の泉プレミアムアウトレットへ行ってきました。

年末休暇の2日目の29日、天気も良いし洋子さんと仙台の泉プレミアムアウトレットへ行ってきた。
相当混雑しているかと思って覚悟をして行ったのだが案外スムーズに駐車場へ入ることができた。10:30頃着いたのが良かったのかも知れない。休日だから出足が遅いのだろうな。

Photo
午後4時までには家にもどらなければならないのでそっちこっちの店を見てまわり早めにフードコートで昼食。さすがにここは混んでいたが洋子さんがどこかで100円引きのサービス券をもらったので是非ここで食べる!ということに。ハンバーグを食べたんだけどソースの味が薄すぎたのとハンバーグ自体にまったく味がなくどこかで食べ直しをしなくちゃならないくらい正直いってまずかった。
ま、でも100円引きだからがまんすることに・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月27日今日は我が事務所の仕事納め

Photo_16
結構本格的な雪が降った。朝から雪はきをしていつもよりちょっとだけ遅めに事務所へ。二口橋の上は凍っていてノロノロ。
今日は我が事務所の仕事納めの日。大掃除をして今日は終りだ。

Photo_17
スタッフ全員で大掃除の昼食。「桂林」へ行く。当然新メニューの「スーラータンメン」を食べる。嶋地区のなんとか厨房よりは全然旨い!と言ったがY君はいや、山大医学部の近くの中華料理店にもっとうまいところがあると。うんそうか今度はそこに行かなくちゃ。
ま、これで内の事務所の今年の仕事は終り。とにかくみんなご苦労様でした。こんな厳しい状況
の世の中だけど来年も頑張ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月26日今日は気仙沼へ

Photo_12
久しぶりに今日は気仙沼へ出張。朝からすごい雪と冷え。高速を車で行くのだがこの通りの天候なので低速運転。金成インターでおりてから近道の県道を行くのだがアイスバーンでノロノロ運転。気仙沼のたかはしさんへ到着したのは予定時間よlり一時間遅れの10:30。途中の近道の北上川沿いの細道はほんとのこと言ってちょっと怖かった。
でも北上川沿いの民家が雪に染まった風景は良かった。細い道の避難帯に車を止めて撮影。冬のこういうシーンは魅力がある。

Photo_13
気仙沼のたかはしさんで「あざら」という郷土料理をいただいた。始めて食べる料理だ。すっぱくなった白菜ときんめだいを麹で和えたものだそうだ。すっぱいものと麹が大好きな私には最高の食べ物だった。この地方でが各家庭がそれぞれの味で作るそうだ。


2
たかはしさんから昼食をご馳走になる。近くにある「麺八珍」へご案内いただく。このお店は以前にも縁があってお付き合いがある店だが当たり前に食事をするのは初めて。

Photo_14
気仙沼らしく「さんま餃子」なるものがメニューにあったので注文する。それてとつけ麺を。
うん、この餃子はさっぱりしている。素直なおいしさなのだがなにか物足りない感じがする。でも美味しい。洋子さんはこのあっさりさに不満を言うかも。でもとにかく美味しかったです。つけ麺はスープがちょっとしょっぱかったな。
 とは言うものの全体的には美味しかった。たかはしさんご馳走さまでした。

Photo_15
雪が心配なので内陸より太平洋側を帰って方が良いかと思い志津川、仙台経由の国道45号線を帰ることにした。
太平洋側はやはり何と天気の良い事か。素晴らしい青空と海です。ここは本吉町蔵内。


1


2_2
ここは南三陸町の清水浜(しずはま)。ほんとに冬の海とは思えない。
・・・・と言えてたのはこの辺りまで。

石巻近くになってくると次第に雲行きがオカシクなってきた。ガスと雪が次第に強くなってきた。津山辺りからどうもおかしい。南三陸道桃生ICからスムーズに走行していたのだが矢本を過ぎたころから渋滞が始まりノロノロ運転。この状態は仙台まで続き結局山形へ着いたのは午後6時前だった。やれやれという感じ。今期初めての寒波と雪で交通はメチャクチャな一日だったようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月23日三重に出張

朝7時12分発のつばさで今日は三重県亀山市へ出張。

Photo
山形新幹線から見る赤湯の朝。久しぶりの雪景色。

東海道新幹線で名古屋へ向かう。

Photo_2

Photo_3
富士山が一番きれいに見えるという富士川の鉄橋から富士山を見る。しかし見事な山だ。携帯電話カメラなので鉄橋を避けることはできなかったけどやっぱりすごい、富士山は。


Photo_4
名古屋駅に昼前到着。いつもの10番ホームのきしめん屋へ。実にうまいんだなここのきしめんは。
出汁、鰹節、そしてきしめんが絶妙なうまさなんだな。亀山に行く時は必ずここできしめんを食べる。
きしめん(かけ)340円。

Photo_5
10番ホームには先日乗った「しなの」が停車していた。

13時18分亀山駅着。打合せをして16:11発の名古屋行きに乗車。


Photo_6


Photo_7
この電車にのれば今日中に山形新幹線の最終に乗る事ができるのだ。日帰りで三重県で仕事をし帰ることができるなんて以前は考えられないことだった。

Photo_8


Photo_9
東京には7時過ぎ到着。山形新幹線の最終にはまだ50分程時間があったのでいつもの上野のガード下の「大統領」で一杯やる。店のテレビではちょうど内藤の防衛戦をやっていた。でもここの店はいいな。いろんな人がいるしそれぞれが回りを気にせずしかし友達になれる雰囲気がある。あまり飲み過ぎないように注意し、適当にごあいそう!

Photo_10
最終の山形新幹線が上野駅ホームに入ってくる。この最終は薄暗くて乗客もなんか暗くてかえって疲れがます雰囲気なのでほんとは大嫌いなんだけどま、年末でやらなきゃいけないこともたくさんあるのでとにかく今日中に帰らなくちゃ。本来なら上野で泊まって朝一番の新幹線にのるんだけど。

Photo_11
山形駅に到着。これから在来線に乗り換えてで洋子さんが迎えにきてくれている北山形へ。
ほんとの今日はお疲れさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »