« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

祈!景気好転 寳船膳

2月26日(木)夜
 100年に一度の経済危機の中で景気好転を祈って多いに飲んで食べようということで東根市長瀞の仕出し料理の店「青野」さんが「祈!景気好転 寳船膳」を企画した。その発表会と試食会に行ってきた。

Photo
山形新聞の取材風景。

新聞の記事に掲載され話題になることを祈る。

「景気好転まんじゅう」が評判で売れている山形の戸田屋さんから景気好転を使うことを快く了解を得たとのこと。試食会には戸田さんも出席。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昭和な建物

2月26日(木)
久しぶりに市民会館の裏通りに行ったら、ず〜っと以前から気になっていた家なんだけどフォーラムの隣の昭和な建物がまだ健在だった。いつ頃の建物で誰が住んでいるのかはわからないけど後何年この家を見る事ができるのだろうか。無くなくなってしまいたくない風景である。

1


2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花巻空港そして惣兵衛米

2月24日(火)
 今日は花巻空港で売店出店の打合せ。従来の空港ターミナルに替わって新ターミナル建築中。10時の待ち合わせに天気が良かったので1時間程早く到着。
 打合せ後、売店の出店オーナーの宮澤商店さんからグループ会社のホテルグランシェールでIWTYさんの専務さんと昼食をご馳走になる。宮澤商店さんは宮沢賢治の生家である。
Photo
鉄火丼とそばのセット、ご馳走さまでした。


 昼食後、専務さんより花巻市内にある有機栽培の米、野菜のお店を案内いただく。評判のお店なんだそうだ。花巻市の富士大学のすぐそばにその店はあった。その名は「SOBE'S CAFE」。惣兵衛米というブランド米を栽培している。玄米ごはんや野菜を中心としたメニューを提供している。

Photo_2

Photo_3

 名刺交換をさせていただいたがすごい美人のオーナーだった。玄米をたべるとこうなるんですという見本みたいな女性だった。「マクロビオテック理念」にもとづいてお米はもちろん調味料も自然製法のものを使用しているとのこと。

 先程、ホテルで昼食をご馳走になった私たちはお腹は一杯。三年番茶だけをいただき家に帰ってから食べるようにお持ち帰りのランチボックス¥850-を注文。(専務さんにお支払いいただき感謝)


 自宅で早速洋子さんとそのお弁当をいただいた。玄米は美味しかったが総菜の調味料の味が今一つ美味しさが分からない。スーパーの味になれてしまった私と洋子さんには自然製法の調味料の味を理解できるレベルではないことに納得。

 SOBE'S CAFEさんと名刺交換している時、デザイン事務所をやっていますと自己紹介したところ「私の主人もデザイン事務所をやっています。この隣の建物で」ということだった。
洋子さんにその話をしたらそれっていいな〜理想だな〜とうらやましがっていた。そういえば洋子さんはず〜と以前から事務所に併設の飲食店をやるのが夢だったからな。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

新幹線ガール茂木久美子さん

2月21日(土)
 ナナビーンズのインキュベートプラザで「やまがた創造塾」の勉強会へ参加してきた。
講師は今話題の新幹線ガール茂木久美子さん。一日の乗車でコンビニ一軒分の売上げを上げるという凄腕の新幹線アテンダントだ。
 先日の熱海での商業界ゼミナールでも彼女の講演を聞いてきたばかりである。
今回は講演という形ではなく参加者と一体となってパフォーマンス型の勉強会であった。
 勉強会の後は交流会が開かれた。この創造塾は何回目かで私は初めての参加だったがたくさんの人たちと出会うことができた。それよりもびっくりしたのは茂木久美子さんが熱海で一度お会いしただけなのに私の顔を覚えていてくれたことだ。新幹線の乗っているお客の顔を覚えることができるという話は本当だ。
 またこの6月にできる「山形屋台村ほっとなる横丁」のまとめ役渡辺さん、百草園薬局の伊藤さんとお話ができたことは嬉しかった。さまざまな人たちが集まっていた楽しい会だった。

Mogi
交流会の会場で茂木さんと。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

ゼミ3日目、芝寿司さんのお弁当をいただいて帰る

2月19日(木)
 講座は午後3時過ぎまであるのだが昼のお弁当を貰ってから菅沼さんと二人で熱海駅へ、踊り子号でビールをご馳走になりながら東京駅に。お弁当は洋子さんへお土産。だから昼食は菅沼さんと二人でホームの立ち食いソバを食べた。


 夜自宅で芝寿司さんのお弁当を開く。洋子さんが、あれ?今までの芝寿司さんのお弁当とちょっと違うとつぶやく。つまんでみるとやはり味に品が感じられない。あいまいな味付け。これはどうしたんだろう。二人で顔を見合わせて頭をひねる。私たちの舌がおかしいんだろうか?などと良いながら「渡る世間は鬼ばかり」に夢中になりその会話は消え去ってしまった。
Photo_3
金沢 芝寿司さんの「月替わり弁当 華(はなやか)」。バックに横向きにして持って帰ったので少々おかずが遊んでいる


 今回、湯河原の森田さんへ寄ることはできなかった。またの機会にしよう。それにしてもあの温暖な気候の土地に住んでいる森田さんがうらやましいとしきりに洋子さん。


 今回のゼミナールでもたくさんの人とお会いできた。また初参加から顔を会わせている同友とも会えた。ほんとうにみなさんお世話になりました。ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゼミナール2日目

2月18日(水)
 朝一番の講座はツキを呼ぶ魔法の言葉の五日市剛さんだった。五日市さんの冊子は読んではいたが講演は初めて聞いた。素晴らしい話と魅力的な人柄に感激。講演後名刺交換をさせていただく。名刺交換には行列。最後尾だったのでもう先生がお帰りになる時間ですのでと2〜3人前で名刺交換を打ち切らせてもらいますとの商業界スタッフの言葉にまだ並んでいる私を見た先生がいえまだ大丈夫ですといって最後の私まで丁寧に交換をしてくれたのには更に恐縮と感激。
 山形でも五日市先生をおよびして公開講座を開きたいものだ。

 その次は滝田栄さんの講演。会場についた滝田さんに会いに控え室へ。台詞なら本職だが自分の言葉で人前でしゃべるのは苦手といつも言っているけど、人を引きつける話し方と話し方の姿勢は見事だ。
 講演を終わり次の予定へ向かう滝田さんを玄関まで仲間たちとお見送りさせていただく。

その後は小熊先生と私の部屋でなんと夕方6時過ぎまで二人で水割りを飲みながら個別勉強会。ゼミの講座も大切だが直接先生と話をさせていただくことほんとうに勉強になる。小熊先生に感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

姫りんごのおばあちゃんそして商業界熱海ゼミナールへ

2月17日(火)
 今朝起きたらなんと粉雪みたいに軽い雪が20〜30センチ積もっていた。今日から熱海で行われる商業界ゼミナールへむかうために9時6分発の山形新幹線へ乗る予定なので、大急ぎで雪かき。雪が軽いと楽なんだがスコップやダンプに雪がへっつきやすい。バタバタと朝食を済ませてま、なんとか洋子さんから山形駅まで送ってもらう。

1
新幹線の中で新聞を読んでいると、突然隣の席へ「これ、あげてもらわんねべが」
と声を掛けながら80才はすぎているだろうおばあちゃんが座ってきた。手には小さなリンゴが数個入ったビニール袋。「おれ、指のひび割れがいだくてあげらんねのよ」とそれを持つ指はすごいひび割れで痛そうだ。
上部の緑のテープを外して袋を開けておばあちゃんに渡すとさくらんぼみたいに美味しいからよ〜く拭いてから食べてみろとその中のリンゴを一個くれた。礼を言って貰うと、また袋に手を入れこれは奥さんにともう一つ、「いやいやばあちゃんもういいよ」と言ってもさらに今度は「うじさ帰ったらじいちゃんとばあちゃんさもやってけろ」と二個。全部で4個の姫りんごをいただいてしまった。
隣の席を立つやいなや通路をはさんだ隣の席の人たちへも「かいづうんまいがらくてみろ」と姫りんごを配りはじめた。その後ろの席にも、私の後ろの席にも。みんなきょとんとしながらそれぞれお礼を言っている。
結局おばあちゃんの袋には2〜3個しか残らなかったがおばあちゃんは満足な様子。

2
一個食べて残りはバックの中へ。そのおばあちゃんは大宮で降りていった。おばあちゃんありがとう。
昔、列車で旅行すると見ず知らずのお客さん同士でお互いに食べ物を上げたり貰ったりして仲良くおしゃべりをしていたことが蘇る。なんかなつかしい光景を見せてもらったような気がして少し嬉しい気持ちになった。ほんとにおばあちゃんありがとう。
あのひび割れのの指で切符の出し入れ大丈夫かな?と心配。

東京から踊り子号で熱海へ。雪の山形からこの天気の良さは信じられない。相模湾がきれいに広がっている。

217


7
午後3時19分、熱海駅着。


Photo
伊豆大島行きの船

Photo_2
ゼミナール会場の熱海後楽園ホテル。ジャイアンツの選手が宴会に使うホテルだ。
ここで二泊三日の勉強が始まる。


1_2


2_2
7階の客室から熱海の町と海を眺める。それにしてもすごい天気だ。

この日は小熊先生の講座の司会をさせていただき終了。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

商業界ゼミナール

2月16日(月)
明日から3日間、熱海で商業界ゼミナールだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長野駅は外国人だらけ。

2月14日(土)
今日は長野。朝、山形は雷雨だったが長野はすごい天気。そして暖かい。

Photo_5

Photo_6
昼食をということで二人で例の「つきや」へ。しかし残念。今日は夜からだけの営業ということで別のお店へご案内いただいた。ランチをいただく。
この定食ランチの組み合わせがどうも理解できなかった。でも美味しくいただきました。


いつもの長野駅発13時45分のあさまに乗るために駅までお送りいただく。

1_2


2_2


3
なんと長野駅には外国の人たちが多いことか。みんなスキーやボードをやりにきているようだ。そういえば長野には最近外国人の観光客が増えているとか。円高なのによく来るもんだと感心。

0214
新幹線「あさま」から浅間山を撮影。先日噴火騒ぎがあった今日の浅間山をみるとその気配はまったく消えたかのようにおだやかに座っていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カラスにやられた!ウン。

2月13日(金)
今日も気仙沼。打合せに入る前に気仙沼の漁港に寄り停泊中のマグロ漁船を撮影。近くで見ると想像以上に大きいのにびっくり。

Photo

なんか面白そうなへんてこな像があったので写真を撮ったが・・・・。

Photo_2
突然、頭に水みたいのが落ちてきた。あれ軒先のしずくかな?と思って頭上を見たら電線の上に一羽のカラスが・・・・!うわ!これはやられた。頭と服に白い液体がにじんでいる。なんとウンの良い事
か。「海の市」のトイレの洗面所で頭や服をごしごし。意外と匂いはしない。


Photo_3
「海の市」の側にこんなお店が。古い建物の外壁を赤く染めている。この色を塗ろうと決めた時は結構勇気がいっただろうな。

今日は早めに帰りたいので昼食のお誘いをお断りして帰路へ。
本吉町から伊豆沼の近くを通り長者原のETC専用入口へ向かう。


Photo_4

途中、道の駅登米市東和町の「林林館」に寄って昼食。森の茶屋で醤油ラーメンを食べた。480円。
まったくシンプルなラーメン。ま、でも美味しかった。店内はこの森と林の地域らしくイステーブル、そして内装もすべて木材だ。

1

2

今日の帰りのコースは初めてだった。金成経由より30分位余計時間がかかったが飽きない道が続くので時間に余裕があるときは良いかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天ぷらはもう見るのもいや・・・。

2月10日(水)
昨日一日寝ていたら今朝はどうにか良くなったようだ。でも食欲はない。喉が乾くので少量のリンゴジュースを飲んではいたのだが昨日の朝から何も食べていないので無理して洋子さんから作ってもらったお粥と梅干しを食べて事務所へ。昼食もお粥と梅干しで済ます。ま、今日中には回復するだろう。
でも天ぷらは当分食べなくても良い。今でもちょっと天ぷらやフライ物の写真を見ると吐き気をもよおすんだから。どうしてなんだろう、今までこんなことはなかった。胃が弱くなったのかな。それとも疲れなのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どうしたんだ!?この体

2月9日(月)
昨晩ゆっくり休むつもりで自宅でのんびりしていたんだが、夜眠れなかった。ベットに入っても体がミシミシ痛むのと嘔吐感で眠れないのだ。
朝も気持ちが悪くて起きれない。事務所には昼頃に出たがどうも体に力が出ない。結局まあ自宅へ戻り今日は休ませてもることにした。こんなこと何十年振りのことだ。
どうも昨晩の天ぷらで消化不良を起こしたようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年2回目の下北半島

2月7日(土)
 今年に入って2回目の下北半島。訪問先のSGNMさんから打合せ終了後ヤリイカとアワビの刺身をご馳走になる。透き通るようなヤリイカは甘くてコリコリ。今が旬だそうだ。あ〜なんとも旨い。皿の下が透けている。

Photo

宿泊はここ陸奥横浜町から北へ30分程のむつ市の「むつグランドホテル」へご案内いただく。下北半島は今年も雪が少ない。もちろん山形も少ないのだがほんとにここ数年変な気候だ。


2月8日(日)
10
ホテル10階の客室から見た朝のむつ市。天気が悪いので遠くまで見えないが普通なら大湊や陸奥湾がそして右側には恐山が広がる。

大湊線が強風のため不通らしい。相当風が強い。一両編成の大湊線の列車は風に弱いのだ。今日の帰りは陸奥横浜駅発11:31分の予定だがちょっと怪しくなってきた。

案の定、ホテルからSGNMさんに戻って大湊線を確認すると不通とのこと。SGNMさんから野辺地駅までお送りいただく。

野辺地駅には2010年開通の青森新幹線のポスターが貼ってあったが、開通したら大湊線に乗り継ぐために野辺地まではどうしたらいいのだろうか?むしろ今までより不便になるような気がする。


Photo_2
仙台から仙山線に乗り換えて山形へ向かうがやはり強風のため作並を過ぎてからノロノロと調整のため大幅に遅れた。羽前千歳駅で迎えに待つ洋子さんに連絡をとりたくても携帯は山間部のためつながらない。

20分程遅れて到着。
ルネサンスに汗をかきにいこうかと思っていたのだが少し疲れ気味なのでそのまま自宅で休むことにした。
早めの夕食と晩酌。洋子さんが天ぷらを揚げてくれた。そして青森県でヒット中の焼肉のタレ「スタミナ源たれ」をSGNM商店さんで見つけて買ってきたので豚肉を焼いて早速そのタレの味見を。以前からテレビや雑誌等で評判を聞いていたタレだ。うん、旨いような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さば味噌煮定食

2月2日(月)
 今日は加美町小野田町の「かさ松」さんへ。朝8時に自宅を出発。午前中で打合せが終りその後仙台の「テンポス」に長野のおにぎりやさんの厨房器具を手配しに向かう。4号線を南下して久しぶりに「半田屋」で昼食をと考えていたが「半田屋」に着く手前に「うまい定食あじまし家」という定食屋の看板が見えた。名前が不思議で面白そうだったのでその店に入ってしまった。
Photo_6

安い!半田屋に安さではひけをとらない。いろいろチョイスして自分なりの定食を食べられる。
最近口にしていない好物の「さば味噌煮定食」390円を食べた。コンソメスープが無料で飲み放題。

Photo_7
さば味噌煮定食390円


Photo_8
「あじまし家」のあじましとは津軽地方ほ方言「あんじ(ず)ましい」のことらしい。

「テンポス」にて厨房器具を手配し山形着午後4時。自分にお疲れさまでした。
かさ松さんからいただいてきた日本酒を今晩いただこう。かさ松さん、ありがとうございました。


*「あじまし家」は「和風レストランまるまつ」等を展開する株式会社カルラが経営する店舗だった。なるほど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

洋子さんの誕生日

2月1日(日)
朝食を済ませて早速自宅回りと駐車場の雪片付け。何と重い雪なんだろう。湿り雪だから水のような重さだ。昼近くまでかかった。

今日は洋子さんの誕生日。おめでとう。そしてありがとう。毎日おばあちゃんのお世話ご苦労様。
夕食に二人でお互いの健康を祈り、生かされていることに感謝をして乾杯。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりの雪にびっくり

1月31日(土)
今日も長野に出張です。山形発7時12分発つばさ104号に洋子さんが握ってくれたおにぎり一個をもちながら乗車。

131

午前中で打合せは終了。その後HNDさんに前回もお連れいただいた「つきや」で昼食をご馳走になる。

1312jpg
「つきや」の手書きの看板。下手なのか上手なのかわからないが何か楽しそうなキャラ。
こういう手書き看板は一歩間違えるとイメージダウンにつながるのだがこれはギリギリという感じ。


1311
毎日書いて店頭に掲示しているようだ。このように毎日続けるって結構大変なんだけどこの努力が必要なんだよね。さすがにこの日も混んでいた。

二人とも「野菜たっぷりカレー」700円を食べた。(写真撮るの忘れてしまった)HNDさん、ご馳走さまでした。今月末にはHNDさんのお店「米屋のおにぎり ぷくぷく亭」が開店するのでそれからはたくさん美味しいおにぎりをご馳走になりますよ。


Photo

Photo_2
長野発午後1時45分の新幹線あさままで少し時間があったので駅前を散策。まったく雪がない。山形も少ないが長野はもっと少ない。今年はこのまま雪のないままの冬が終わるのだろうか?


Photo_3
駅前の公衆電話ボックスの屋根に鳩の群れがとまっている。フンもすごい。このボックスに入るのにはちょっと覚悟が必要だ。

Photo_4
駅前の鰻やの看板。正真正銘とまでも書かなければならないほど嘘や偽りの表示をする店が多いこの頃だからな。でも正真正銘というのは何かせつない叫びにも思えた。

Photo_5
山形へ戻る新幹線の窓の外が福島に入ってから白くなってきた。雪だ。これじゃ山形も雪に違いない。


131_2
山形駅から100円循環バスで旅籠町下車。文翔館の前を歩いて事務所へ向かう。すごい雪だ。久々の雪に車もノロノロ。
明日は自宅の雪かきを覚悟。

----------------明日2月1日は洋子さんの誕生日だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »