« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

山形美術館

2月28日(日)

 山形美術館で行われている山形デザイン専門学校の卒業進級作品展示会が今日最終日。丁度同じ期間で山形宝もの展が1階で開催されていたので入館者が多かった。
今回は過去最高の入場者数のようだった。毎年良い作品が多くなっている。初めて当校の作品展を観た人はみんなびっくりしている。こんなにすごい作品をまさか専門学校の生徒が作るなんてと。
そういえば昨日お会いした県立高校の先生も同じ感想言っていた。

Photo_4

ところで1階の山形宝もの展も素晴らしい展示だった。県内の美術館博物館の主だったものを今回一同に集めて展示したのだからそれはすごい見応えのある内容だった。もっと早く観にくるんだったなと悔いが残った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

絵はがきと駄菓子そして漢方米

Photo

山形鉄道株式会社(フラワー長井線)の野村社長さんが参加者に絵はがきと駄菓子をプレゼント。
色鉛筆の絵なのにすごい描写力だ。駄菓子は後からゆっくり食べよう。

Photo_2

漢方薬を散布して栽培した「漢方米」は2合で500円で販売されていた。500円と聞くとあまり感じないが1俵に換算すると9万円になるという。10キロで15,000円になるからすごい値段だ。
一袋買ってきたので早速食べてみよう。玄米での販売なので普通の白米に混ぜて炊くと良いと言っていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やまがた創造塾

2月27日(土)

楽しかった会だった。講演もリラックスした感じだしその後の懇親会も良かった。異業種で年齢も幅があってすばらしい出会いのある懇親会だった。

今年の創造塾は山形鉄道(フラワー長井線)社長の野村浩志さんと国立ファーム山形農場ガールズ農場の高橋菜穂子さんが講師だった。野村社長さんには道経塾の6月例会でお話をいただくことにしている。
名刺を交換して再度よろしくとお願いした。アイデアマンの野村社長からデザイン専門学校の作品展示会を長井線でやってはという提案をいただき、即了解する。話題になること間違いなしだ。
高橋さんには農業関係なので学生たちがプレゼンしている「あんじんの里」の話をするがいまいち反応がない。安全で安心な野菜作りに関心がないのかな?女性=ガールズが作る野菜ということで話題なのだろうがほんとのこと言ってコンセプトが良く理解できなかった。

Photo_7

若いうちに無添加、無農薬のことをしっかり勉強すると一番良いんだけどねけどね。

とにかくいろんな人と出会いをいただいたこの会はおもしろかった。

野村社長の色鉛筆の絵はすごかった。しっかり描きこんである。私も落ち着いてしっかり絵をかきたいもんだ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

すごい、モンテのサポーター

Photo_4

昨晩はTHE ARCHIGRAM British Pub & Cafe(アーキグラム)でのJIモンテディオのサポーターの名刺交換会だった。
飲み会だったのは良いけど会話についていけないというよりそのマニアックさに閉口してしまった。
何年も前のゲームの内容や選手のプライベートなことまで話されたってこっちは全然チンプンカンプン。
いつも旗を振っているとう強者の感じの女性の喋ることについていくにはモンテ免許証が必要みたいだった。こっちが相づちに困っていると軽蔑するような目つきをするし。
てな訳で早めに失礼して洋子さんに迎えにきてもらった。
しかし松浦君はがんばっている。荘内からきてこれだけ人を集めるイベントをやるんだから。
さくらんぼテレビの取材も入っていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりでした、丸五そば屋のもり天

2月27日(土)

Photo_2

久しぶりに市役所裏、いや旧山新ビル裏の丸五そば屋へ行ってきた。洋子さんからのお誘いに喜んで行ってきた。以前は週一は絶対行ってたんだが最近ごぶさたしていた。
以前みたいにゲソ天をしっかり一人前食べられないので「もり天」と「かけそば」を頼んで一人前のゲソ天を二人でたべることに。この量が丁度良い。
う〜ん、もり天のそばタレのカツオ出汁が前より強すぎるような気がする。かけそばのタレは甘すぎる。しかしサービスの生卵をタレに入れるとまあまあ従来の丸五になった。麺は変わってないから久しぶりの丸五を楽しんできた。
この店は決して蕎麦通の店ではない(失礼)。しかし何故か無性に食べたくなることがあるんだよね。それに注文してから出てくるまでの時間が早い。安い。量が多い。これってお店にとっては必要なことだ。
こだわりのそば屋も大好きだけどこういうお店も嫌いじゃない。
良い酒も良いけど安酒も良いと言うのに似ているな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こうして見ると山形は美しい

霞城セントラルの24階の展望台から蔵王山系竜山と市内を眺めてみると山形って良いなと思う。
こんなに街の近くに山がある風景ってすごい。たまに自分の住んでいる街を上から眺めてみることも良いもんだね。ずいぶん気温が高い。霞が漂っている。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出羽桜「花宝」

フェラーリのデザイナー奥山清行がラベルをデザインした出羽桜酒造の「花宝」をつい買ってしまった。
特になにもない普通の酒、上棟式や地鎮祭などに持っていく酒。奥山清行デザインだけにほだされて買ってしまった訳だ。
でも何故この普通の酒のラベルを新しくしたのか、奥山清行がデザインを引き受けたのか意味がよく理解できないでいる。

Photo_2

良い酒もいいけど私はこういう酒を熱燗で飲むのは好きだ。洋子さんからはそれじゃただのの飲んべえと言われる。でも都内のガード下の焼き鳥屋とかモツ煮込み屋のカウンターで飲むもっきり酒は何故か安酒の熱燗が良い。
そう言えば知り合いの福島のおそば屋さんのおじいちゃんとおばあちゃんはわざわざドライブインとかサービスエリアに出かけて立ち食い蕎麦を食べるのが好きだとか言っていた。
酒も同じかな?なんて思う。良い酒は良い酒で安酒は安酒で雰囲気を楽しんでもいいんじゃないかな。良い酒を飲むとつい誰彼構わず蘊蓄を始めるクセがある私にとって安酒を楽しむ時があっても良い。

ところで学生時代有楽町のデパートの地下で漬物を売るバイトをしていた時、
毎日有楽町のガード下の屋台で煮豆一皿で熱燗のコップ酒に唐辛子を入れて
グッと飲んでは路地をダッシュして少ない酒で早く酔おうとした
馬鹿な、なつかしい頃を思い出す。
たしか500円位で飲めたっけな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

春うらら、山形の路地のフキノトウ

2月25日(木)

 市内六日町の路地も春うららだ。ほんとにいい天気で暖かい。室内より外の方が気持ち良いくらいだ。
事務所の近所の路地を歩いてみた。

Photo

路地の空き地に日射しをあびてフキノトウとスイセンが並んで芽を出していた。この空き地は毎年たくさんの花を咲かせる。取り壊された住宅の庭だったから住んでいた人が大切に植えていたんだろう。

両手を広げると壁や塀にぶつかるくらい狭い路地がなんとなく気に入っている。住民しか知らないようなこんな路が市内には他にもたくさんあると思うが市街化開発でどんどん減って行くだろう。今のうちに歩き回ってみよう。でもあまり路地をうろうろすると変な目で見られるかも知れないな。

1 2

3 4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

楽しかった文四郎さんのご案内

2月24日(水)

 今日も一日暖かいぽかぽか天気だった。

Photo

午前中、東根市六田の文四郎麩さんへ。
工場の天井には焼き上がった麩が吊り下げられている。まるでフランスパンだ。

Photo_2

庄内からの団体のお客様たちに麩工場で六田の麩について文四郎さんが説明をしていた。
丁度居合わせたので団体の後ろで聞いていた。何年も文四郎麩さんへ来ているのにこういう麩の説明を聞くのは実は初めて。いい機会だった。
お客様たちは説明を聞きながら大笑いしたりしていた。東根弁で冗談を交えて語る仕草は確かに楽しい。
へ〜、こんな風にお客様を楽しませているんだ。さすが文四郎さんだ。

Photo_3

麩料理処「清居」の改装が終盤なので工務店の担当者と打合せをする。つい数日前までは寒くて外での打合せはつらかったが今日は外の方が気持ち良い。床の間の壁に貼った本銀箔がなかなか良かった。

Photo_4

文四郎麩さんの果樹園の残雪にサクランボの枝が影を落としている。
もうじき春が来るんだな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

なぜか今日も290円ラーメン/幸楽苑

2月23日(火)

 昼前に仙台のイオン泉大沢店へ打合せに行ってきた。1階に「うまい鮨勘」があったので、よし、今日のお昼はここだと楽しみにしていたのだがクライアントさんからお昼を誘われラーメンで良いですか?とお連れいただいたのが2階フードコートにある「幸楽苑」。ここの290円の中華そばが美味いんですよとこの中華そばと餃子をご馳走になった。あれ?また今日も290円ラーメンになってしまった。一昨日もひまわりラーメン290円を食べたばかりなのに。よし、こうなったら茂利多屋さんや心風亭さんの290円の支那そばの勉強のためにしっかり食べようとありがたく頂戴しました。

290

油が浮いているのが気になるがこれがうまいスープのもとなのだから仕方がない。うん、なるほど美味い。具もしっかりある。茂利多屋、心風亭さんのは少し見劣りするかもしれない。

餃子は全部食べられなかったので半分残して持ち帰った。

今日はすごくいい天気で気温も高かった。車の中は暑いくらいで仙台市内は窓を開けて走った。

一昨日鶴岡へ行った時、時間がなくて「金太郎寿司」へも食べに行けなかった。今日は「うまい鮨勘」も食べ損ねた。縁がないのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『越乃寒梅「吟醸」特選』

ここ最近、食べ物と日本酒のブログになってきたようだ。
別にグルメブログのつもりではないのだけど。
とは言いながら今日もまたお酒です。

Photo_3

『越乃寒梅「吟醸」特選』をいただきました。思い込みがあるかも知れないがさすが美味い。
上品過ぎず、でしゃばらず、素直ですんなりと飲める酒だ。こういうクセがなく、しかししっかりとした酒は素晴らしいと思う。また、料理を選ばないのも魅力だ。
ごちそうさまでした。伝エ門さん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

卒展準備と審査会

2月22日(月)

 明日から卒業進級制作展が始まる。今日は展示搬入と展示の準備。それが終わるのを待って講師みんなで審査会が行われた。
 ゴールに間に合わなかった者もいるけど大半はなんとかセーフ。数日前には大丈夫か?なんて思っていたけどすごいラストスパートでなんとかなるもんだな。毎年のことだけど。
 しかし賞を決めるのになかなか手こずった。アイデアは良いけどプレゼンが下手、またその逆もあったりで。

Photo_2
(展示準備の様子)

 山形デザイン専門学校卒業進級制作展2月23日(火)〜28日(日)山形美術館2階

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サツマイモの豚汁

Photo

え?ジャガイモじゃないの。この豚汁は。
サツマイモの豚汁だ。
この甘さはどうも朝食にはいただけない。が、まずくはない。
ず〜と長い間、豚汁はジャガイモでしか食べていないからなかなかなじめないが
折角洋子さんが作ってみたのだ。ありがたくいただいた。
でもそれを食べているジャガイモ、カボチャをあまり好まない私の様子を洋子さんが不安そうに見ていた。
おそらく我が家では二度とこのメニューはでないだろうと思った。

でも今迄の概念にとらわれず新しいメニューにチャレンジすることは結構なことだ。
このサツマイモ豚汁、見た目にはきれいで新鮮だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秀鳳特別純米酒冷やおろし

Photo_3

今日の晩酌は秀鳳特別純米酒冷やおろし(美山錦)。肴は壽屋さんから買ってきた板粕焼き。
日本酒度+1をあまり感じさせない。旨すぎるというか芳醇過ぎる。この酒だけを飲み続けると飽きがくるかも知れない。醤油をかけた板粕とは少し合わない。
しかし、冷やしてぐびっと飲むには旨い酒に違いない。あるいは砂糖醤油で煮込んだ煮物なんかとはすごく合うだろうと思った。あ、そうか田舎懐石なんかの料理の始めに飲んだら良いだろうな。

いずれにしても今日も良い酒を飲ませていただきました。
ありがとうございました。伝エ門さん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シトロエンバス

ヤマザワの前にシトロエンバスが停まっていた。「ロマンドロール」のヤマザワくしびき店だ。
これでも「ロマンドロール」のHPを見たらしっかりした山形店としての店舗のようだ。ということはこのバスここから移動しないということか。岡山ナンバーだった。

Photo_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤマザワの290円ヒマワリラーメン

2月21日(日)

 午前中、鶴岡で打合せの帰り時間があまりないのでサッと昼食を済ませようと、スーパーヤマザワくしびき店のフードコートへよった。
ひまわりラーメン290円というのがあったので茂利多屋さん心風亭さんの290円のラーメン(支那そば)の参考にと注文。
寒い店内だった。ほんとに寒い。客のみんなコートを着ている。こんなところでも20分も過ぎてラーメンができた。ちょっと待ち過ぎ。
具が一杯、玉子まで乗っていた。盛り付けは290円にしては立派だ。味はともかくとして。

290

20分の待ち時間の間、厨房を眺めていた。おそらく山菜そばかなんかのかけそば系だと思うが作業台の下から既製のそばタレの紙パックを取り出し丼に入れてお湯を足してそこへ茹で上がったそばを入れていたのにはびっくりした。ま、低価格だから仕方がないとは言え、オープンキッチンなのだから丸見えなのだ。見えないところでやれば良いのにちょっと露骨。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

春だな〜

Photo

先日、銀行さんが自宅へ持ってきてくれた可愛い花が出窓で春を告げるように咲いていた。
2月はほんとうに早く終わる。間もなく3月だ。庭の花の芽も少しだが出始めていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひなの湯

2月18日(木)

 河北町谷地の「べにばな温泉ひなの湯」のロビーウインドーに栄養ドリンクのボトルをお雛様に着飾らせたディスプレーが飾ってあった。他の商品にも応用できそう。この布はもちろん紅花染めだろう。

Photo

村山平野は間もなく雛街道として賑わいを見せる。特にここ河北町は旧家(商家)が多く、由緒ある雛飾りを展示しての一般公開期間(谷地ひなまつり)は多くの人が県内外から訪れる。入館料がちょっと高いのが気になるけど。

Photo_2
(一昨年撮影、谷地の旧家)

これらの家々が座敷を開放して雛飾りを見せてくれるのだ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

道経塾2月例会は岩見さんのお話

2月17日(水)

 今日は千歳館で道経塾2月例会。塾生でもあるアサヒ印刷社長の岩見信弘さんからお話をいただいた。ほんとの意味での「良い会社」を作ろうと頑張っている。すごい情熱に塾生一同聞き入っていた。
岩見さんありがとうございました。

Photo_3


| | コメント (0) | トラックバック (0)

加藤条治選手が銅メダル、おめでとう!

山形中央高卒の加藤条治選手が冬季オリンピックスケート500mで銅メダル!おめでとう。
彼が中学高校時代練習した山形スケートリンクの近くを通りがかったので寄ってみた。
平日の午後、滑っている人は極わずかだった。へ〜、こんなさびしいリンクで練習してたのか?なんと思うほど静かだった。

Photo_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

五目あんかけつゆそば

Photo

霞城セントラルの中国料理「紅花楼」で先輩後輩三人で昼食。食べたのは「五目あんかけつゆそば」。美味かった。24階のレストランということもあってロケーションも良い。眼下の景色は白い雪が少なくなっている。
 ところで先日某デパートで食べた味噌ラーメンよりはちょっと値段は高めだけど提供の仕方がさすがにキチッとしている。どうしても比較してしまうがこれが当たり前なのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山形県漬物展示品評会の「紅花染めたくあん」

2月14日(日)

 山形県漬物展示品評会で壽屋さんの「紅花染めたくあん」が
農林水産省総合食料品局長賞を受賞したとのことで会場の大沼デパートへ。
この賞は銀メダルにあたるようだ。
Photo_2

会場には県内の漬物が一同に揃っていて
次々と試食をしているうちに口の中がおかしくなってきた。
そりゃあそうだ。添加物がふんだんに使用されている漬物ばかりだから
当然舌が麻痺してくるし、口の中に何とも言いようのない不快感を覚える。

唯一の救いは一切添加物を使っていない壽屋さんの漬物だった。
今更ながら添加物を使用しないで漬物を作ることは素晴らしいことなんだと思う。

Photo_3
(受賞した紅花染めたくあん)

壽屋の横尾社長さんと大沼デパートの食堂レストランへ洋子さんと三人で昼食に。

ひと昔前はデパートのレストランで食事をするということは贅沢な買い物の楽しみの一つだった。その頃はおにぎりを持参でラーメン等を頼んで食べていたりする人が多かった。レクリエーションの一つでもあった。お子様ランチなんていうのもデパートから始まったような気がする。
そんなデパートでの食事なんて何年振りだろう。
味噌ラーメンを注文。

Photo_5

う〜ん。貧弱だ。さびしい。質素すぎる器、その器に対してのスープの量や具材が少ない。
昔の贅沢なイメージは払拭されてしまった。
味は別に問題ないのだからもう少し提供の仕方を考えたら良いのにと思ってしまう。

都内のデパートのレストランには良く行く機会がある。しかし直営ではなくそこそこの有名店がテナントとして営業しているので大沼のようなことはない。ただし値段はなかなかだ。この部分では大沼も一緒だ。

ま、それはそれとして横尾社長さんと洋子さんの三人でいろいろ会話をしながらの食事は楽しかった。
結局横尾さんにご馳走になってしまった。受賞のお祝いに来たのに逆になってしまった。
横尾さん、ありがとうございました。ご馳走さまでした。
そして受賞おめでとうございました。

Photo_6
(会場で横尾さんと記念撮影)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ブロッコリー

Photo

ヨークベニマルの野菜売り場のブロッコリーを撮った。
食べ物の好き嫌いはほとんどないのだがブロッコリーだけは苦手な私。
食べられない訳じゃないけど口の中のあのブツブツする感触がどうも好きになれない。

この写真をパソコンの壁紙にして苦手克服としようか。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

おっと、ちょっと足が止まってしまった。

事務所から護国神社に行くとき裏道を通ったんだけど、一瞬足が止まってしまった。
あ、そうかここは理美容専門学校の校舎なんだ。それにしてもびっくりした。

Photo_9

2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

建国記念祭/姿勢の見事な高校生

2月11日(木)

 今日は建国記念日。山形県護国神社の社殿で行われた建国記念祭に出席。年配者がほとんどの中に一人の高校生がいた。後ろから見ていたのだが素晴らしい姿勢で出席していた。背筋は真っすぐ、手は軽く握って両膝の上に、そして微動だにしない。国歌君が代や山形県歌を大きな声で歌っていた。珍しい。こんな高校生がいるとは。学生服の襟章を見たら山形東高の生徒だった。

Photo_8


| | コメント (0) | トラックバック (0)

つい深酒をしてしまった。

ゼミから帰って確かに体は疲れているのにお酒が美味くてつい遅い時間迄飲み過ぎてしまった。
ゼミの感想や上大岡の親戚の様子を話していたら午前3時を過ぎてしまっていた。
我ながらタフだと思う。でも自重しなきゃね。

Photo_6

Photo_7

家で飲むのが一番。今日も美味しくいただきました。・・・がメタボが気になる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

横浜上大岡へ

ゼミ会場から横浜の上大岡へ向かう。
先日親戚に不幸があったのだがお通夜、葬式に行けなかったのでお悔やみとお線香をあげに行くのだ。

京急線上大岡は懐かしいところだ。学生時代、京急黄金町の電気屋でバイトをしていた。カラーテレビが普及し始めていた頃で京急線周辺の家々にカラーテレビとアンテナを積んで取付けに行ってくる仕事だった。上大岡にも結構行っていた。そんな訳もあり、そのお宅の近くまで簡単に行けてしまった。

京浜急行線の赤い車体が懐かしい。

Photo_5

ところで少しご馳走になってしまったが最終の山形新幹線に間に合うように失礼した。しかし、あまり余裕のない時間になってしまった。
横浜駅から東海道線に乗ったのだが人身事故が発生したとかで遅延、そして品川駅でストップしてしまった。急いで京浜東北線に乗り換えて東京駅へ。ま、遅れたら上野にでも泊るかと覚悟を決めていたのだが何とかセーフ。

山形駅には洸が迎えに来てくれていた。残業だったそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゼミ最終日、素晴らしい講座が続いた。

第一講「日本でいちばん大切にしたい会社」法政大学大学院教授坂本光司
第二講「巨象に勝ったハーレーダビッドソンの信念」元ハーレーダビッドソンジャパン社長奥井俊史

昼食
Photo_4
(金沢芝寿司さんのお弁当)

第三講「ペンギンが空を飛んだ『旭山動物園』革命」旭山動物園名誉園長小菅正夫

いずれも素晴らしい講演だった。ここ数年こんなに中味のある講座はなかったような気がする。
例年なら午前中で帰り始める人がいて最終講座はかなり受講する人が減るのだが今回は途中で帰る人が少なかった。

14:30 三日間のゼミ終了。お疲れさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

居酒屋に集合

講座が終わってから懇親会飲み会をやりたいという皆の要望。ホテル内には21:00講座修了後に皆で集まって飲める場所がないので講座の合間に幕張駅前に居酒屋探しに出かけた。「チムニ」という居酒屋を見つけ店長と料金の交渉をする。飲み放題に簡単な料理付きで2500円で決まる。
結局10人参加。盛り上がる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝の東京湾/ゼミ2日目

2月9日(火)

今日は早朝から講座がある。6時前に起床。窓の外は朝焼け。
早く会場に行って良い席をとりたいと思って急いで会場に行ったのだがすでに前列の良い席はとられていた。
さすが皆さん。早いですな。

 32_2

早朝講座は薬師寺長老の安田 暎胤[やすだ えいいん]さんの「心の道しるべ」。

朝食後の講座は日本創造教育研究所代表の田舞徳太郎氏の「あきらめない経営で勝利しよう」。これは前列講師の正面に座れた。
そしてその次は十数年前は7000万円の売上げだったのが今は120億円に成長したガトーラスクグーテ・デ.ロワの株式会社原田専務の原田節子氏の「商業界で学んだことを実践した」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

商業界ゼミナール

今日から商業界ゼミナール(本ゼミ)が海浜幕張の東京ベイ幕張で3日間行われる。
浅草に寄ってきたので既に開講しているのだが遅れて夕方に会場についた。早速チェックイン。部屋は32階。

32

素晴らしい眺めだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人力車のお兄ちゃん達

浅草雷門の前では人力車のお兄ちゃん達が元気な呼び込みをしていた。
みんなバイトかな?

Photo_3

浅草はいつもお祭りみたいで好きな所だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青森の長尾中華そばを浅草で食べた

2月8日(月)

 青森の有名店、「長尾中華そば」が浅草で催事に出ていた。青森まで行かなくてもいいのでここで食べない訳にはいかない。
かなりの煮干しだしだ。青森や秋田北部にはこの煮干しだしのラーメン屋が多い。

 Photo
<あっさり>

Photo_2
<こく煮干し>

10年も前に食べた青森市内の「マル海ラーメン」の強烈な煮干しだしのラーメンを思い出した。
あれはすごかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホワイトアウト

2月6日(土)

 すごい雪と風の一日だった。
国道でさえもこの通り。この冬、今迄例年に比べて穏やかだった分、しっかりとお返しいただいたようだ。

Photo_2
国道13号線

 ま、穏やかだったので体がなまっていたのかも知れない。こんな荒れにワタワタしているようでは。
しかし運転は厳しかった。見えないんだから。まさしくホワイトアウト。

1
県立中央病院前

あ、上の写真2枚とも信号待ちの時の撮影ですからご心配なく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高麗屋さんを「まる八やたら漬」へ

昨日、キムチの高麗屋さんたちを近所の「まる八やたら漬」へご案内してきた。福島へ行かなくてはならないというのであまり時間がないので試食コーナーが完備している「まる八やたら漬」を勉強することにしたのだ。

Photo

このテーブルは漬物樽の底板だそうだ。厚い、6センチはあるだろうか。6尺樽の底だから大きい。
高麗屋さんはキムチ屋さんだ。そっちこっちの催事にも出店する。試食について勉強になったと思う。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

白河高麗屋さん来形

突然午前中白河の高麗屋清水さんから電話があり、仙台へ来ているついでに山形に回るとのこと。
午後3時過ぎ来社。市内のお店とまだ昼食前だということで桂林さんへご案内する。
桂林さんへ入ったのは4時過ぎ、この時間はお客さんはいないだろうと思っていたがまあ、なんと次々と入ってくる。すごいもんだ。

 清水さんと息子さんはこの後、福島市の「伊達のからあげ屋」と「もち処木の幡」を見たいとのことで
5時過ぎに当社を出発。

 午後からは天候が悪くなってきた。お気をつけて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

爽やかな寒さ

2月5日(金)

 実に寒い日が続いている。今日もおそらく真冬日に違いない。

Photo

 しかしなんとなく爽やかさを感じる寒さだ。白いガスと青空がキリッとした寒さを演出しているのだ。

天童バイパスで信号待ちにパチり。

久しぶりに茂利多屋さんで昼食。今日は290円のラーメン。

Photo_2

海苔がちょっと変だな。のせ方の検討ありって感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

菓子詩人カトル・セゾンのマカロン

2月4日(木)

 昨日ご来社いただいたお客様から天童市にある菓子詩人カトル・セゾンのお菓子をいただきました。
夕方のお茶の時間にご馳走になりました。ここのお菓子は定評があるのでマカロンを手に取る。
お、これはうまい!甘みが控えめだ。辛党の私でもいけるぞ。

_2

_1

きれいな色のマカロン、私のごつい指にはなんとなく似合わないですね。

 美味しいお菓子、ありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

最終授業日

 今日は今期最後の授業だった。2年間お付き合いいただいた学生と最後の授業。いろいろ話して上げたいことがあるのだが2月22日の卒展前日の最終審査会への作品がみんな終わっていないので作品制作へ集中させた。
 ま、それまでちょくちょく教室へ呼び出しがかかると思うのでその時にでもと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニシンの天ぷら、ごちそうさまです。

2月3日(水)

 村山市の名和鮮魚店さんでニシンの天ぷらと真ダラの昆布しめの刺身をご馳走になった。
昆布巻きに使うニシンの長さを切りそろえる際にでる半端な部分を天ぷらにしたのだそうだ。
なにせ端っことはいえもともとうまいニシンを使っているしカラッと揚がった一口サイズのこれは美味い。食べる手が止まらなかった。

 Photo

真ダラの昆布しめの刺身。これまた口の中にフワッと鱈の身が広がるのだからすばらしい。テーブルの上にお酒がないのが残念、とは言え飲む訳にはいかないが。

Photo_2

あまり美味しそうに嬉しそうに食べているのを見てかどうかはわからないが天ぷらと刺身をお土産にいただいてしまった。感謝。いつもいつもありがとうございます。


--------今日はすごく寒い。気温は真冬日だ。国道も凍り始めている。みんなノロノロ運転。
でも節分が過ぎれば一足飛びに春が近づいてくる。この寒さが最後になって欲しい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

紅の蔵そば処「紅山水」で板そば

2月2日(火)

 午前中の打合せを終わって順ちゃんと昼食に十日町の「紅の蔵」へ。
そば処「紅山水」はお客さんでごったがえしていた。先週来た時もこんな感じで混んでいた。
順ちゃんは初めてとのことでこの混みようにびっくり。

Photo

「板そば」1400円を注文。これで三人前あるが二人で食べる。少しざらつきを感じる蕎麦だ。石臼での自家製粉ということだが挽きぐるみかな?

Photo_2

周囲には中年女性のお客さんたちで一杯。そしてまあ、にぎやかな話し声で溢れていた。女性客にとっては良いお店ができたもんだと思う。

十日町通りに面した所はCafe & Dining 「990」=クックレイがある。ここも席待ちのお客さんがいた。メニューだけ写真に撮っておく。またの機会にでも食べにきてみよう。

990

990_2

手頃な価格のメニューだ。この雰囲気とこのメニューなら女性は喜ぶはず。

Photo_3
(990が面している十日町表通り)

Photo_4
(紅の蔵の表門、ここも十日町表通りに面している)

ちょっと気になることがある。
この施設のデザインとはかけはなれた貼り紙やポップ等がそっちこっちで目に入る。オープンまではデザイナーなりディレクターがコーディネートしていたのだろうが営業が始まってからは現場に任せてしまっているに違いない。これではいけないと思う。
今、これだけのお客さんに支持されているのだからデザインコンセプトを大切に守って運営していってもらいたいものだ。これからも折角できた山形の人気スポットを維持するためにも。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

洋子さんの誕生日

2月1日は洋子さんの誕生日。帰宅してから二人で乾杯!おめでとう。
今日は日中そっちこっちからお祝いのメールや電話がきていたようだ。
これからも元気にと祈る。そして辛口な喋りの方もね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

からあげと百歳酒で夕食

今日の夕食はもちろん、からあげオンリーそれに野菜をたっぷり。
そして晩酌は百歳酒だ。もち米で作った韓国のお酒。甘口の飲みやすいお酒だ。冷やして飲んだ方がいいようだ。冷凍庫で急速に冷やして飲む。美味しかった。

Photo_12


-------------昨日、今日といろんな方々からお世話になりました。感謝。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

国見の中国料理「桜華楼」さんへ

福島県梁川町へ向かう途中に中国料理「桜華楼」がある。ほんとに久しぶりに昼食に寄った。オーナーの玉手さんとは長い付き合いだったがここ数年ご無沙汰していた。お店に入るとみんなびっくり。懐かしさに話が盛り上がる。お腹がへっているのでとりあえず担々麺を注文。
アブラクサスの祭」という映画のロケが国見であり、撮影スタッフからの依頼で映画の法要のシーンの遺影のモデルになったと喜んで話してくれた。

Photo_7

今福島の周辺に「伊達のからあげ屋」というテイクアウト専門のお店が次々と出店している。今日はこのお店の2店を見させてもらうことになっている。その内の一つ「梁川店」は中国料理「桜華楼」から5〜6分のところにある。玉手さんもこの店の評判はよく知っていた。
からあげ単品で繁盛しているというこの店は小さな、なんの変哲もない。が、次々とお客さんが入ってくる。へ〜、良くこんなに入るもんだなんて感心する。厨房も見せてもらった後、もものからあげを一箱買わせていただく。これも食べてみて下さいとお店の方からコロッケをいただく。営業中、お邪魔をしたのに恐縮。丁寧にお礼を申し上げる。

Photo_8

Photo_9
梁川町の交差点角にあった蔵。

さあ、もう一軒だ。「笹谷店」に向かう。ステージアのカーナビは古いので電話番号が登録されていない。笹谷付近で探すがなかなか見つからない。歩いている人から教えてもらったのは良いけど見つからない。結局見つけたのだが、教えてもらったのが右折と左折が間違っていたようだ。

Photo_10

夕方5時も近いので夕食のおかずにと買い物客も多いのかもしれないがこのお店も良く人が入る。
なるほどクライアントから視察してきて欲しいとの意味が良く分かる。

5時半、山形へ向かう。高速ではなく国道13号線で帰る事にした。車の中はからあげの匂いが充満。笹谷店でも注文した以外にもお土産にといただいてしまい後部座席にはからあげが満載なのだ。

途中イルミネーションがすごい建物があった、なんと整形外科の医院だった。いやいやすごいもんだ。
人ごとながら電気代が気になった。

Photo_11

山形の自宅へ7時丁度に到着。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白河 高麗屋さんへ

1月29日(日)

昨日、高地さんたちと別れた後白河へ。清水さんと二人の息子さんと商売のことについて居酒屋で勉強会。そして歓談。清水さん、ご馳走様でした。その後、ホテルサンルート白河へ泊めていただいた。

Photo_5

さわやかな目覚め。素晴らしい青空、そして白い那須の山々が9階の部屋から気持ちよく見えている。
朝食を済ませ(バイキングなのに「たまご舎」が頭に残っていてたまごかけご飯だけにしてしまった)
高麗屋清水さんのお宅へ。息子さんと1階でキムチを販売する計画の打合せをした。1時間ほどで失礼することに。お土産に「百歳酒」を数本いただく。いつもいつもありがとうございます。

大福家さんへ寄り、久しぶりに立哉君とお母さん、厚子さんと会った。みんな元気そうでなにより。

その後、大寺さんへ顔をだした。もちろん大寺さんとも会うのはすごく久しぶり。いろんな話で盛り上がり気がついたらすでに正午だ。ものすごく美味しい焼きリンゴをご馳走になった。さすが大寺さん、お菓子作りは最高です。

Photo_6

いそいで高速に乗り、国見へ向かう。今日はこれから「伊達のからあげ屋」という店を2軒回らなければならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

郡山市「うすい百貨店」で「高麗屋」さんと

うすい百貨店についたのは5時半を過ぎていた。
地下食品売り場に「高麗屋」さんが短期で出店している。場所はすぐ分かった。清水さんがチョゴリマを着ていたのですぐ目に入ったのだ。

高地社長、川原さんを清水さんに紹介した。清水さんのキムチをなんとか一丁庵あきる野店で販売してもらうのと川原さんからも他の販売先を紹介してもらうために会う機会を作ったのだ。
売り場で試食や説明の話をする。
土曜日なのに随分とお客が少ない。良いのか?これでと思うくらい静かだ。しかしおもしろいことに高麗屋さんの前だけは5人もの人が試食をしたり説明を聞いていると次々とお客さんがショーケースを覗いてキムチを買っていくのだった。他の売り場の販売員が不思議そうにこっちを見ている。
なるほど〝先客は後客の保証人なり〟とは良く言ったものだ。

たくさんのキムチを買っていただいて次回は清水さんが八王子へ伺って詳細な打合せをすることにしてうすい百貨店を出た。

郡山駅は百貨店のすぐ近く。新幹線の改札口までお送りしてみなさんとここでお別れ。

高地社長、今回はありがとうございました。またお疲れさまでした。そっちこっちで試食をしてメタボが気になるでしょうが、これも仕事ですから・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

宮城県蔵王町「たまご舎」

「もち処木の幡」から急遽予定に無かったお店を案内することに。その前にヨークベニマルの生鮮、惣菜、青果売り場を見たいとのことで近くのヨークに入る。ヨークの売り場は全国的にも定評があるのだ。凍み豆腐を見つけてこれ使えそうなどと言って即購入。

 飯坂ICから白石ICまで高速道路、国道4号線を少し北上して蔵王エコーラインへ続く県道を遠刈田温泉方面へ車を走らせる。
 遠刈田温泉の手前の森の芽ぶき「たまご舎」へ到着。全員昼食はまだだったので店内を見る前にレストランで食事。ここは毎年学生を連れて来ているので様子は分かっているのでよし、たまごかけご飯にしようと決めていたのだがメニューを見るとどれも美味しそう。つい、カロリーがありそうなのにビビンバ風のたまご飯を頼んでしまった。でも器にこびりついたおこげがたまごにすごく合っていて美味しかった。

Photo_2
(本当のメニュー名は忘れてしまった)

他の人たちもそれぞれ注文。川原さんのオムライスがとてもきれいで美味そうだった。

Photo_3

店内のディスプレーや演出にみんなすごく興味を持ったようで案内して良かったと安心。
しかしすでに4時半頃なのにお客が多いのにはびっくりしていた。

Photo_4

これから郡山のうすい百貨店で高地社長に白河の「高麗屋」の清水さんを紹介する予定になっているのでゆっくりはできない。暗くなってきた県道を再び福島、郡山へ向かう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福島市「もち処木の幡」

1月30日(土)

 八王子の豆匠たかち(八王子一丁庵)の高地社長と社員の方2名、そしてGOHAN代表の川原さんと私の5人で福島市にある「もち処木の幡」福島店に店舗視察に行った。このお店からは何年も前から店つくりのヒントをいただいている。計画中の一丁庵あきる野店の参考にと私が視察を提案したのだ。
 福島駅を降りたみんなは寒い寒いと言うがいつもより気温は高いのに。

Photo

「もち処木の幡」で一番ヒットしている「凍天」。凍みらせた草餅をドーナツミックスで包んで揚げたものだ。揚げたてを一個買って食べた。さすが揚げたては旨い。110円。一口サイズの「ちび天」もよく売れていた。
 目の前で作ってすぐ売るスタイルとパッケージがすごく参考になったようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »