« やまがた創造塾 | トップページ | 山形美術館 »

絵はがきと駄菓子そして漢方米

Photo

山形鉄道株式会社(フラワー長井線)の野村社長さんが参加者に絵はがきと駄菓子をプレゼント。
色鉛筆の絵なのにすごい描写力だ。駄菓子は後からゆっくり食べよう。

Photo_2

漢方薬を散布して栽培した「漢方米」は2合で500円で販売されていた。500円と聞くとあまり感じないが1俵に換算すると9万円になるという。10キロで15,000円になるからすごい値段だ。
一袋買ってきたので早速食べてみよう。玄米での販売なので普通の白米に混ぜて炊くと良いと言っていた。

|

« やまがた創造塾 | トップページ | 山形美術館 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 絵はがきと駄菓子そして漢方米:

« やまがた創造塾 | トップページ | 山形美術館 »