« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

ファッション雑誌

映画の開演までの時間、八文字屋書店へ。

Photo_12

ファッション雑誌コーナー。見事に一つのパターンができている。というか一定の法則があるようだ。
字体、カラー、レイアウト、モデルの目線。
あるものをそれらしくデザインするということはそれらしくするということ。
そういうことを意識しながら本屋をぶらつくのも勉強になる。

しかし書店で携帯で写真を撮るのって結構気を使うもんだが、店員から注意って受けるもんだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『悪人』

9月25日(土)

洋子さんと『悪人』を観た。
深津絵里がモントリオール世界映画祭最優秀女演賞を受賞したという話題の映画だ。

Photo_11

なんとも言えない映画だった。結局全員悪人なんだ。最後に自分を悪人と自覚した主人公が一番人間らしくなったのだろうな。

この次は「十三人の刺客」を観に来よう。時代劇は嫌いな洋子さんをおいて。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ひさしぶりの「そば琳」、美味しかった。

9月24日(金)

Kさん夫妻と「そば琳」で昼食。

Photo_6

昨日とはうってかわって今日は少しは晴れ間も見えている。
そば琳さんの駐車場の片隅にヒガンバナが咲いていた。全国的にヒガンバナの開花が遅れているとニュースでは言っていたが。

Photo_7

そば琳さんの昭和な建物の壁に木漏れ日が落ちている。下見板張りがいい雰囲気だ。

Photo_8

お店のテーブルの上に置かれたショップカードに私の描いたスケッチが使われていた。お、良いね。良い感じで使ってくれていて嬉しい。当社の年賀はがき用に描いたスケッチを以前にご主人にあげていたのだ。

Photo_9

ところで今日の北海道産のそば粉のそば、美味しかった。やっぱり琳さんのそばはうまい。
あ〜蕎麦を食べたな〜という満足感をいただきました。ありがとう。

Photo_10

玄関の下足箱、良い感じだ。これどこかのお店のデザインにいただきだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寒いお彼岸

9月23日(木)

Photo

今日はお彼岸、だけど寒い。駐車場のバラも雨に濡れて寒そうだ。
ここ数日急に天候がくずれ気温が低い。
ほんの少し前の暑い暑い!と言ってた頃が懐かしくなってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ギャラリー停車場で鉛筆画

ん?駅舎の中にギャラリーがある。ちょっと覗いてみよう。「ギャラリー停車場」とある。

1

2_2

3

自閉症の小学三年生の男の子の描いた鉛筆画が展示されていた。
すごい、一本の太い線で見事な遠近感や立体感を表している。

突然、母子が入ってきた。男の子だ。ギャラリーの人が私にこの子が描いたんですよ、と声をかけてくれた。
いつのまにか会場の係の人から私にまですすめられたコーヒー飲みながらそのお母さんを囲んでみんなで歓談をしてしまっていた。うん、この雰囲気さすがにローカルだ。
お母さんから写生するのではなく、家にいて思い出したようにいっきに鉛筆を走らせるんだと聞いてびっくり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長井駅とワーゲンバス

用事があったのは長井駅のすぐ近くなので、打ち合わせが終わってから長井駅、山形鉄道へ野村社長へ先日のお礼を申し上げようと寄ってみたが残念ながら不在だった。

Photo_2

駐車場に野村社長のワーゲンバスがあった。本の写真では見てはいたが本物は初めて。
可愛い車だ。これで全国各地を回っていたのかと感心させられる。

Photo_3

| | コメント (3) | トラックバック (0)

長井駅前通り

9月22日(水)

朝、福島市での打ち合わせの後、長井市へ。
朝降っていた雨も上がって国道13号線、栗子峠はコンディション良し。
だが今日も徹夜明けなので眠い。時々休みながら北上する。

Photo

この道の突き当たりが長井駅。これが駅前通りかと思うほど人が見当たらない。
一昔前はこの通りにショッピングセンターやバスターミナルがあってずいぶん賑わっていたものなんだが。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

下見板張り

Photo_5

ウオーキング中、こんな古い家を見つけた。下見板張りの外壁だ。
好きな風景だ。が、いずれ建て直しか解体かで消えていくのだろうな。
昔、八戸にいた頃はこんな家に住んでいた。ほのぼのとした懐かしさが湧いてくる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤唐辛子


Photo_4

SAの売店に吊り下げられた赤唐辛子。
この赤い色、なんともいえない赤だ。
秋の赤色だね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SAに自衛隊の装甲車が

9月20日(月)

休日1,000円、高速道路は混み気味だ。
伊達町で打ち合わせの帰り国見SAへ寄る。
混雑するパーキングの大型車エリアへ陸上自衛隊の車両が走り込んできた。

_2_2

隊員が立っているのは96式装輪装甲車クーガー。推定価格6億3,000万円。驚きだ。

_3

軽装甲機動車ライトアーマー。推定価格3,500万円。

いずれも小松製作所制作だ。一般には工事用重機メーカーとしてか知られていないが軍用車両メーカーとしてこれら以外にも戦闘用車両をたくさん作っているのだ。

_1_2

近づいてきた子供連れ親子に隊員の一人が笑顔で子供に乗ってみても良いよ。と声をかけていた。
子供は少し怖がっていたがクーガーの上に抱き上げてもらっていた。意外なその隊員の行動に親たちがびっくりと同時に大喜び。隊員の襟章を見ると一曹だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

曼珠沙華が顔を出してくれた

Photo_3

天候不順な今年、心配していたのだがお彼岸前に我が家の曼珠沙華がスクッと地面から顔を出してくれた。
ホッとする。曼珠沙華は葉っぱは花と反対の季節に茂って花の咲く時は茎だけが突然伸びだす。
間違いなく季節はお彼岸だ。
しかし、昨年よりは少し遅いようだ。例年ならこのヒガンバナは彼岸の入りの前には数輪、きれいに咲いているのだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

芋煮会にサンマ焼き

9月18日(土)

Photo_2

恒例のオカダデザイン芋煮会。今回は芋煮+バーベキュー。
朝、宮城のかさ松さんからサンマが届いた。グッドタイミング。
川原でサンマ焼き大会になってしまった。炭にサンマの油が落ちて炎がすごい。
まるで煤サンマに近いが新鮮なサンマはさすがに美味い。
かさ松さん、ありがとうございました。

青空の下で飲む酒は実に美味い。気持ちが良い。
つい飲み過ぎてブルーシートの上で仰向けに眠ってしまった。
というよりも昨日の徹夜がまだひびいている。回復力が衰えているのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

徹夜明けの座禅と朝粥

Photo

徹夜明けの早朝7時半から恒例の座禅。
きっと座禅中眠ってしまうかと思ったが大丈夫だった。
座禅が終わっての朝粥。今日は松茸、ホタテ、カニ入りと贅沢な朝粥。
昨晩は夕飯も食べていないのでよけいに美味い。当然おかわり。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

徹夜に紙飛行機

9月17日(金)

_1

_2

久しぶりに事務所で徹夜をしてしまった。おかげで今日のプレゼンにどうにか間に合った。
が、徹夜仕事は睡魔との戦いだ。集中力も鈍る。
そんな時、紙飛行機を折って気分転換。ベランダから飛ばせばもっと気分転換になるのだろうが
深夜そんなことできはしない。第一どこへ飛んで行ってしまうかわからない。真っ暗で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仙台駅のタクシープール

Photo_4

仙山線の発車時間まで25分ある。改札を出て駅前コンコースにある喫煙場所で一服。
タクシーが客待ちで並んでいる。はて?こんなに整然と並んでいるのだがどういう順番で客を乗せるのか気になる。しばらく眺めていて分かった。ちゃんとルールが決められているのだった。

さて分かりますか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

好天の大湊線

9月15日(水)

Photo_3

今日は午後から授業が入っている。陸奥横浜駅07:05発の大湊線に乗る。
空は真っ青。すごい天気だ。汗ばむ。
ん〜、昨晩の田酒がまだ体に残っているな。
一両列車の運転席横で前方を眺めながら野辺地に向かう。

野辺地駅で八戸行きの特急列車の待ち合わせ時間に新聞を買って菅直人 が小沢一郎に大差をつけて民主党代表に再選された記事に目を通す。それにしても鳩山由紀夫の動きや発言にはあきれてしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感激!田酒の特別純米酒

Photo_2

菅沼さんの別邸を貸席として使用するための整備が終わり今日はそのチェックのために下北半島に来た。
打ち合わせと最終チェック終了後、貸席洋間で会食。

なんと突然目の前に「田酒特別純米酒」の一升瓶が現れた。
ぐい飲みにトクトクと注ぐ。う〜、いい香りだ。それではとグイ!と口に含む。
ふ〜、これは良い。さすが名品だ。これぞ日本の酒、米の酒そのものだ。

旨味があり、ふくよかだ。にもかかわらずスッキリしている。
飲めども飲めどもその味と咽ごしの良さは変わらない。
久しぶりに良い酒を飲んだ。

テーブルにはカレイの塩焼き、握り寿司、味噌貝焼き(みそかやき)、新鮮なイカの刺身が盛られている。辛口、甘口によって合う合わないと料理を選ぶのだが、この酒は選ばない。どんな料理とも合うのだ。

つい飲み過ぎてしまったのは言うまでもない・・・・。

菅沼さん、お気遣いいただいてありがとうございました。感謝。ごちそうさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八戸駅の空

9月14日(火)

Photo

八戸駅のホームから見上げる空はすっかり秋の気配だ。
左の車体は函館行きのスーパー白鳥。
気持ちの良い季節になってきた。どうも山形より気温が高いような感じがする。
寒いかも知れないと思い、長袖のシャツを着てブレザーを持ってきたが必要なかったな。
ちょっと汗ばむ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぬるっぱ

1


3

2

なんとも良く育つ。春に二株をプランターに植えた。
伸びすぎた先を切って差していたらどんどん増えていった。
これは「ぬるっぱ」という。
雨の中、傘を片手にケータイなので写真がちょっとボケ気味。

別名で「雲南百薬、オカワカメ、アカザカズラ」とも言うそうだ。
葉っぱが食べられる。ヌルヌル、ネバネバがものすごい。
我が家ではおひたしにしたり納豆と一緒に食べる。
カウシュウムとか栄養もすごいらしい。

育つのが早く、丈夫なのでグリーンカーテンに良いかもしれない。
ゴーヤ等と違ってツルについた葉っぱを手当たり次第に食べられるのだから
なんとも便利な野菜?だ。

来年はグリーンカーテンとして計画的に植えてみよう。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

秋だね〜

9月12日(日)

朝から雨。

ビニール傘を持って二人でウオーキング。

Photo_2

今日は大会があるのだろうか各高の生徒たちが雨の中、テニスコートで練習を始めていた。
コートが濡れて動きにくいだろうな。滑らないといいのだがと思ったのだが結構コートはしっかりしているようだ。

しかし、雨とはいえ空気がヒヤっとして気持ちが良い。

Photo_3

秋だな。つい先日までの記録的な暑さが信じられない。
間もなく稲刈りがはじまるだろう。稲穂が重そうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

越乃寒梅

9月10日(金)

Photo

知人からのいただきもの越乃寒梅を今日の晩酌に。
越乃寒梅の普通酒だがさすがすっきりとした端麗辛口。
ちょっと物足りなさは感じるが逆に飽きがなく飲みやすい。
先日の八海山に続き今日もまた新潟の酒ということになった。

伝エ門さんご馳走さまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モラロジー生涯学習セミナー

8

9

昨日から二日間行われた「モラロジー生涯学習セミナー」。実行委員長の廣谷さんの閉会の挨拶で終了。
廣谷さんをはじめスタッフの皆さん、おつかれさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幸楽苑

5

6

7

いいか、ここで!
あまり昼食に時間がない。お客様から頼まれた買い物の途中だ。

入ったのは「幸楽苑」。
中華そば290円、台湾風辛しらーめん490円、餃子180円。

透き通るようなスープの中華そばはまあまあだが台湾辛しらーめんの麺はちょっといただけなかった。
のびたような、腰のない、まだ粉っぽさが残る麺だった。餃子も気が抜けたような感じがする。

でも値段が値段だ。どうのこうのと言うものでもない。お客で混んでいるのだから折り合いがついているのだ。

しかし、お店に入ってびっくり。8割がたがお年寄りのお客さんなのだ。
幸楽苑がはじめからお年寄り向けに店作りをした訳ではないだろうがお年寄りが気軽に入れるお店なのだろう。
そういえばお年寄りをターゲットにした飲食店というのはあまり見ない。
あえてお年寄りのゾーンを狙った飲食店作りなんか面白いかも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青竹の東屋

9月9日(木)

3

 ゲンジ君の花畑に青竹の東屋が出現。
繁殖しすぎた青竹(モウソウダケ)を何かに利用できないかと
試験的に東屋を作ったとのことだ。
だいぶ前のことだが台湾の工事現場の足場が青竹(バンプー)だったことをを思い出す。

4

花畑にモロヘイヤがたくさん生えていたのでちょっといただいてきた。
今朝はゲンジ君は畑にいない。事後承諾にしよう。

早速、朝食にいただいきました。ごちそうさま。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

若山牧水の酒の賛歌三首

2

そろそろ日本酒の季節になってきた。
いただきものの八海山を飲む。
但し、「清酒八海山」。吟醸や純米ではないポピュラーな八海山だ。
今年の夏はビールを飲み過ぎた。
さあ、これからは日本酒だ。

若山牧水の酒の賛歌三首

「よき酒と ひとのいうなる 御園竹 われもけふ飲み つよしと思へり」

「しらたまの 歯にしみわたる 秋の夜の 酒はしづかに 飲むべかりけり」

「ひとの世に たのしみ多し 然れども 酒なしにして なにのたのしみ」

ま、飲まない人には酒飲みの言い訳みたいに思うかもしれないけれど
酒飲みの気持ちを実に見事に歌っている。
三番目の歌の通り、酒なしにしてなんの楽しみがあるんだろう。

                          

| | コメント (0) | トラックバック (0)

え?今頃さくらんぼ

9月8日(水)

1

今頃、さくらんぼを食べられるなんて。
東根のとある会議に出席している時にいただいた。
どういう方法で6月のさくらんぼここまで保存できたのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

フラワー長井線公募社長野村浩志さん夏期講座講師

9月7日(火)

Photo

今日の夏期特別講座の講師はフラワー長井線の野村浩志社長。
是非、学生たちに、もといじめられっ子でダメ社員そして鉄道オタクの絵の好きな野村さんが期待される会社を辞めてもまで何故今赤字で悩むフラワー長井線の社長に公募したのかなどの話しを聞かせたくてお願いした。
自己中心から相手中心の生き方に自分の趣味やアイデアを活かして行くことが結局自分を幸せにするようだ。

Photo_2
(休憩時間の野村社長。その親しみのある表情からは鉄道会社の社長とは思えない)

午前、午後それぞれ2時間という長い講義をほんとうにありがとうございました。

講義での

「チャンスの神様に後ろ髪はない!」

「明日やろうはバカやろう!」

             肝に銘じておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名前入りの酒ラベルが引き出しから出てきた。


Photo_8

偶然にも引き出しの中から名前入りの酒ラベルが出てきた。
だいぶ前、そうもう十年以上にもなるかも知れない。
喜多方でなにげなしに買ったお酒がきっかけのラベルだ。

試飲して美味いと思って買ったお酒が家に帰って飲んだら、
かなりひねていた。試飲した酒とは似てもにつかないほどひどくなっていた。
試飲用の酒とは違い、ストックしてある酒の方の保存状態が良くなかったのだとすぐ理解できた。
安くはない酒だったので、ちょっと悔しい。早速販売店を通り越して酒蔵へ注意のはがきを出した。
「酒販店に納めっぱなしではなく売り場での酒の管理をしっかり指導するのも酒蔵の務めではないか云々」と。数日後お詫びの手紙と純米吟醸酒が一升送られてきた。その胴にしっかりこのラベルが貼られていたのだ。酒蔵の対応の速さとこのラベルに感激したのは言うまでもない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蔵王の足湯

Photo_5

96

蔵王温泉のお土産やの駐車場にある「足湯」
以下に標高が高いとは言え今年は蔵王も暑い、汗がでそうで足湯に入るのはちょっと憚れる。

今日は福島〜山形〜東根〜蔵王とすごいスケジュールだった。我ながら感心する。が、あまり疲れはない。親にもらった体に感謝。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

昭和な福島市役所


Photo_3

Photo_4

8時半、福島市役所へ。
古い映画に出てくるような市役所だ。役場という雰囲気。
近代的な官庁ばかり見ているとこういう昭和な雰囲気がとてつもなく懐かしい。そして人の温かさを感じる。

隣には新しい市庁舎が建設中。今年度中に引っ越すんですと言った若い職員は嬉しそうだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドトールで朝食

9月6日(月)

Photo_2

朝8時、福島駅のドトールコーヒーで朝食。
一カ所寄ってから市役所が開くまで時間があるのでその間に朝食をしようと
ご飯とか立ち食いそば屋を探したが見つからず、仕方なくドトールヘ。
ジャーマンドッグとアイスカフェラテのモーニングセット。380円。
私にしては珍しい朝食だが他の店がまだやってないので仕方がない。

ま、たまにはパンの朝食も良いか。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

単行本片手に仙台空港へ

9月5日(日)

Photo_6


Photo_7

やや気持ちの良い朝だ。珍しくそんなに気温が高くない。
午前5時50分羽前千歳から仙山線で仙台空港へ車をとりに向かう。

山寺にモヤがかかっている。朝が早いからかな?少しやっと秋を感じる。

ラフな恰好で単行本一冊を片手に日曜日のガラガラの仙山線に座る。仕事目的で乗らない電車はなんとなく気楽で楽しい。子供のように運転席の後ろに行って進行方向をしばらく眺める。

手にしている単行本は今、話題の湊かなえ「告白」。なんともゾクッとするそして心の悲しい子供たちなことか。こんな荒廃した殺伐とした子供たちと親たちの心は誰が作ったのだろうか。衝撃的で考えさせられる問題提起の本だ。映画にもなっているようだが本を読んだ後、映画では観る気にならないのは私だけだろうか。

Photo_8

仙台空港アクセス線まで少し待ち時間があったので今日も仙台駅前コンコースへ。
夜を明かして遊んだ若者たちがたむろしている。「告白」の子供たちを思い出す。

まだ人通りは少ない。座り込んでいる若者たちの目の前の駅ビルのガラスに写るLoftが額縁の絵のように見える。
繁栄と荒廃・・・。

仙台空港午前7時半着。いつもなら時間がなくバタバタと搭乗口へ向かっていたのでなかなか寄ってみることができなかったMちゃんのいるお酒売り場へ。あ、居た。やっと会えた。突然現れたので彼女はびっくり。少し話しをしてきたが元気そうでなにより。気になっていたのでホッとする。
また顔を出してみよう。

駐車場から迎えにきてもらって山形へ車を走らせる。

山形へ入って馬見ヶ﨑川原沿いを走っていたのだが道がやけに混雑している。あ、そうか今日は「日本一の芋煮会」が行われるのだった。もうすでに川原の会場には人が一杯。
今日もかなり暑くなる予報だ。熱中症の人がでなければ良いが。
しかし天候は晴れで最高の芋煮会になるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

岡山駅前で阿波踊り

1_3

2_3

岡山駅新幹線ホームに賑やかな囃子が聞こえてきた。何かイベントでもやっているのだろう。
午前11時過ぎ山陽新幹線岡山駅着。
改札を出ると駅前に人だかり。賑やかな阿波踊りの囃子に踊り子たちが踊っていた。
こおつ連(高越連)という阿波踊りの連がコミカルにもみえる楽しそうな阿波踊りを踊っていた。
いつまでも見ていたいのだが予定時間なのでマルオカヤさんへ急ぐ。タクシーで「天満屋」まで。

*こおつ連(高越連)を検索してみたらYou tubeで踊りの様子を見ることができた。クリック

岡山もすごい暑さだ。タクシーの窓から汗を拭きながら歩いている人が見える。

今日も日帰り。
岡部社長さんからいただいた東京までの新幹線グリーン車のチケットで岡山発午後4時49分で快適に東京へ。
しかしどうして新幹線のエアコンはこんなに寒いんだろう。荷物棚に置いてある毛布で体を覆う。
麻里子夫婦を誘って東京で一杯飲んで一泊して明日東京から仙台空港へとも思ったが仙台空港へは明朝、仙山線〜仙台空港アクセス線で車をとりに行くことにして今日は山形へ帰ることに。山形新幹線もサービスチケットを使ってグリーン車に乗ったがやはりここでも毛布を使うことになった。他の客は平気なようだ。体が疲れているのかな?

午後11時21分、山形駅着。洋子さんの迎えで無事帰宅。
やはり自宅での一杯は最高!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

片道5万円だけど安室のライブに行くんです

9月4日(土)

Photo_5

伊丹空港着午前9時10分。国内線到着ロビーから外の新大阪駅行きのバス乗り場へ出た。
ものすごい暑さが襲ってきた。空はくっきりとした青と白い雲。

機内で隣の席の娘さんは伊丹で乗り換えて鹿児島まで行くそうだ。なにもこの暑いのに南端まで行かなくてもと言ったら安室のライブに行くんです。大フアンなんです。14年もライブを見ているんです。と話してくれた。片道5万円もかけて行くのか。フアンとはありがたいものだな。
隣の席にいてその仕草、話し方、気遣いがしっかりしているので聞いてみたら思った通り車販売の接客をしているとのことだった。おそらく成績の良い販売員だろうな。
聞きもしない年齢を自分で口にしたのには少し驚いたが、そうかもう対象外の年齢だからと納得。
ま、いろんな話しをしながら楽しいフライトだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うれしい海鮮丼

Photo_4

菅沼さん、建築業者さんと打ち合わせ中、昼食をいただく。
大好物の海鮮丼だ。多めの醤油にわさびをとかして一気にしかも丼の具に丁寧に平均にかける。
誰かさんの醤油が多すぎる!という声が頭の中から聞こえてくる。

夕方まで打ち合わせが続き、山形着は午後9時近くになった。
明日は仙台空港から一番の大阪便に乗らなくてはならない。
岡山はもっと暑いだろうな・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

下北半島の暑い、ほんとに異常だ。

9月3日(金)

 早朝、大湊線下り一両列車が下北半島らしい荒涼とした草原を走っていく。
9月に入るとストーブを炊くことがあるくらい下北半島の朝は寒い時があるのに
この日の朝はムッとする。

Photo_2

すがすがしい下北の初秋の朝が好きなのだが今年はその清々しさがまったくない。
いつもなら穫れる魚が今年はまったく上がらない、海水温度が高すぎるのだと菅沼さん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

午後から下北半島へ

横尾さんと昼食後、仙山線で下北半島へ向かう。

Photo

山寺駅停車。なんと暑そうな山寺だことか。普通なら涼しそうな緑まで燃えるほど暑そうに見える。

大湊線陸奥横浜駅には午後6時42分着予定。

さ、電車の中で読み残している「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」を読まなくては。これなかなか面白いのだ。

Photo_3

八戸行き東北新幹線はやてまで42分の待ち合わせ。
仙台駅前コンコースへ出てみる。
木陰に二羽の鳩が涼んでいるのか仲良く毛をつっつき合っていた。
木陰の陰影のコントランスが強い。日差しがすごいのだ。
通りかかる人が二羽の鳩をまぶしそうな目で眺めていく。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

横尾昭男さんに夏期講座特別講師を

9月2日(木)

 今日は、当校の夏期特別講座の講師として漬け物師範・寿屋横尾昭男社長にご来校いただいた。

1

2

午前中2時間の講義。私が横尾さんを紹介をし、その後講義を学生と一緒に聞かせてもらった。

肉体と心のバランス、最高道徳の実行、相手中心と自分中心の考え方等をお話いただいた。就活に入っている学生たちにはタイムリーな講義内容だったことに感謝。

720

講義終了後、学校で用意させていただいた昼食をご一緒させていただく。
これ札幌海鮮丸の「握り・えび天セット」。バランスの良い内容のメニューだ。
これで720円なのだからすごい値ごろ感とボリュームだ。

旧態依然としている飲食店はほんとにうかうかできないぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

大曲の花火 その三

まだまだ暑い日が続いているおかげでまだ花火の気分

13

14

15

まるで爆発だ

16

17

(続く)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

あいこう亭


Photo_2

太い!割り箸と比べるとその太さがわかる。
買い物のついでに洋子さんと「あいこう亭」で昼食。
これ「田舎もり」500円。
アゴがくたびれるそばだがその点では東根の「伊勢そば」と良い勝負だ。

この店に来るのは二回目だがお客さんの回転が実に良い。
店内は元オフィスにあまり内装にてを加えないシンプルな雰囲気。
余計なところにお金をかけないで安くおそばを提供している感がする。
安いけど美味い、これなにより。

Photo_3

普通の「もりそば」500円。細打ち麺だ。
ゲソ天は150円。
これはこれで美味しい。

Photo_4

注文したそばを待つ間、蕎麦や麦切りの揚げたものを
自由に持ってきて食べることができる。これはタダ。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

お、レトロな感じ

8月31日(火)

Photo

城北高校の通りでなにげなしに見かけた建物。
モルタル壁に木製サッシのペンキ塗り。
実に良い感じだ。
しょっちゅう通っているのに今まで気がつかなかった。
助手席に乗ると脇見ができて楽しい。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »