« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

県立中央病院へ、即入院

気仙沼から事務所に戻り、連絡事項に目を通してから
洋子さんから催促されるように11時に県立中央病院の外来へ。

その後はすでにブログに書いた通り診察後、即入院ということになってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お世話になりました気仙沼同友会のみなさん

11月17日(水)

Photo_7

昨晩寝たのは明け方3時だった。
今日は山形へ10時過ぎまで到着しなければならない。6時半に朝食。
気仙沼湾に上る朝陽がまぶしい。今日もいい天気。
熊谷さんたちのお見送りをいただいて7時過ぎホテル望洋を出発。
ほんとに気仙沼の皆さんにはお世話になった。感謝。
予定通り午前10時過ぎには蔵王ICへ到着。各自解散。

タバコヤの高橋君には往復の運転をお願いしてしまった。
おつかれさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気仙沼同友会と合同例会

今日は山形同友会が気仙沼へ伺い気仙沼同友会との合同例会である。

午後1時、蔵王ICに集合。タバコヤの高橋君の車に小熊先生をはじめ全員が乗り一路気仙沼へ。
午後4時過ぎ気仙沼の海の市へ到着。熊谷さん赤間さんの出向かいを受ける。

斉吉さんのお店を見学。

Photo_5
「あざら」、気仙沼の郷土料理だ。

もう気仙沼は夕闇に包まれてしまっている。熊谷さんたちの案内で安波山へ車で上り気仙沼の夜景を見たり夜の湾をご案内いただいた後やはり同友の加藤さん経営の例会会場と宿泊先のホテル望洋へ。

Photo_6

小熊先生の講演での合同例会勉強会、その後懇親会。来年の山形ゼミへの参加をお願いしながら気仙沼の同友の皆さんと楽しく歓談。

ほんとに気仙沼同友会の皆さん、ありがとうございました。

まだ下血あり。
だが、今回の企画の言い出しっぺの私が欠席する訳にはいかなかった。大腸にはなんら違和感は感じない。

明日、気仙沼から帰ったらすぐにでも病院にいかなくては。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

参禅会

11月16日(火)

1116

朝7時半 月例の参禅会。今日の朝粥は少し水が足りないと心風亭さん。でも美味しい。
感謝。
毎回心風亭さんにはご苦労をおかけしている。朝早くからこの朝粥を作るのは大変なことだ。でも行をすることよりその食事を作る事の方が数倍の行だといわれる。

まだ下血あり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横尾さんのモラロジー東北ブロック部長就任祝賀会

夜、東根温泉花の湯にての横尾さんのモラロジー東北ブロック部長就任祝賀会に出席。
東根の人たちは相変わらず素晴らしい人たちばっかりだ。楽しくお祝いをさせていただく。

Photo_4


特に大腸に異常なし。下血は止まっているかな?と良い方に勝手に考えている。
通常と変わりなく祝賀会で飲食。

森田さんにだけ他の人には内緒でと、下血の事を話してしまい心配をかけてしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

下血?!

11月15日(月)

朝、下血あり。どうしたんだろう。
ふと昨年大腸手術をした実家の母を思い出す。まさかとは思うが・・・・。

明後日までは予定がぎっしりだ。キャンセルする訳にはいかない。
幸い痛みなどはない。検査はそれからだ。それにもしかして止まるかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

じゃっぽの湯

先日仙台駅でやってたキャンペーンで抽選で当たった入浴券があったので福島の帰り青根温泉じゃっぽの湯に寄ってみた。
温泉に以前あった複数の公衆温泉浴場をまとめてじゃっぽの湯という施設を作ったのだ。
入ってみると案外小さい、日曜日とあってすごい混雑。まるで芋の子洗いという感じだ。
そして蔵王に出湯らしさがまったくないどこにでもある日帰り温泉だ。
これなら以前の湯の方が青根温泉らしい風情があった。

Photo_2

すぐ目の前の古賀政男を記念して作られた青根洋館の入ってみる。数年前にも一度寄ったことがあるのですぐ見終わった。

Photo_3

福島ICから白石ICで降り蔵王町から遠刈田温泉、そして青根温泉までは紅葉の終わりの枯れ葉が通り過ぎる車に舞い上がってとてもきれいな山岳道路だった。紅葉のまっただ中も良いが枯れ葉が舞い散る晩秋のドライブもなかなか良いもんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

福島 餃子照井

11月14日(日)

JR東日本の新幹線の座席に置いてある雑誌「トランヴエール」に紹介されていた福島市の餃子照井に餃子好きの洋子さんと出かけた。

Photo

Photo

店の前にはたくさんの人が席待ちをしていた。
なるほど有名店なのだろう。

Photo_2

45分程外で待ってやっと店内へ。

らあ麺と円盤餃子、そしてご飯のセットを注文。

Photo_3

Photo_4
福島名物円盤餃子  22個で1100円のサイズ。

薄い皮で焼き面はパリパリで香ばしい。薄焼き醤油せんべいみたいな感じだ。が、反対側の皮にもちも
ち感がない。

しかし、らあ麺が先にきたのだが餃子がなかなかこない。一緒に食べたいのだが、らあ麺がのびてしまう。餃子とご飯のセットが運ばれてきたのはなんと10分後だった。もちろんらあ麺はすでに食べている。これは逆だ。餃子が先でらあ麺が後が本来なのに。食べる人の都合ではなく作る店側の都合を優先している。これはいけない。

醤油と酢が最初から調合されているのも残念。こういう調合具合で食べてもらいたい餃子というところなんだろうけどちょっと物足りなかった。

う〜ん、なぜ有名店なのかわからない。飯坂温泉にある照井が本店らしい。そっちの方は良いのかな?
今度行ってみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

下血そして入院−2

前処置をせずに内視鏡(大腸カメラ)検査。
歩行禁止のため院内移動は車いす。点滴。

11月18日(木)

早朝、2リットルの下剤を2時間かけてゆっくり飲む。
午後、再度内視鏡(大腸カメラ)検査。

11月19日(金)

今日も内視鏡室へ。胃カメラ検査。

大腸憩室症による出血との診断が出る。
正直言ってホットする。

入院後初めて食事をする。三分粥。

11月26日(金)

今月末まで入院してはという主治医に自宅で安静にするという条件で
退院する。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

下血そして入院=久しぶりのブログ更新

数十年振りの入院。
ブログ更新もできずにいた。

11月15日(月)

朝、下血する。鮮血ではない。痔の出血ではないようだ。
夜、お世話になっている方の祝賀会へ出席。

11月16日(火)

早朝、参禅会にて座禅
外血あり。

午後一番で気仙沼同友会との合同例会のために気仙沼へ。
夜、例会と懇親会。ホテル泊

11月17日(水)

気仙沼より山形ICへ午前10時過ぎ到着。
事務所に帰る。
下血あり。ワインレッド色だ。
11時頃、県立中央病院外来へ。

症状を伝えて外来待ち合いで座って間もなく
看護師が出てきて症状を聞かれ、そのまま診察室へ。
この間5〜6分。あまりの早さにある意味不安が...。

医師から家族を呼ぶようにと、
そして直ちにこのままの入院を告げられる。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

午後、天気雨と低い雲。東側の山の方に虹が出てきた。

Casio_exilim_niji

まず、携帯casio exilim (win)で撮影。
気をつけないと虹は一本しか見えない。

Iphonniji

次にi Phoneで撮影。色彩が濃い。
肉眼でも気がつかなかった2連の虹が写っている。

これだけ違うのだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

琳で新そば

新庄から斉藤社長が来社。
打ち合わせが終わって昼食に「そば琳」にご案内する。
今日のそば粉はもちろん新そばの山形県内産の「出羽かおり」。
もう少し新そばらしい香りが欲しかったが腰がある良い蕎麦を打っていた。
琳さん、ご馳走さまでした。

斉藤社長は「そばプリン メイプルシロップ」を絶賛。

_11111
(二人で板そばの大盛りを食べる)

晩秋の陽が差し込んで良い雰囲気の店内。
実に昭和な建物だ。

21111


| | コメント (1) | トラックバック (0)

すばらしい!もみじ公園

国井酒店さんでパイプタバコの葉を買った帰り道「もみじ公園」に寄ってみた。
庭と池を目の前にしてただうわー、すごいとしか言いようがない。

1

2

3

こんな街の中にこんな素晴らしい庭園があるなんて。
しかも入園料は不要の開放された庭園だ。維持は市なのかな?
池に写るほうが青空と紅葉のバランスが美しく見える。

4


| | コメント (2) | トラックバック (0)

BORKUM RIFF VANILLA

東原の国井酒店から「BORKUM RIFF VANILLA」を購入。
パイプ初心者だから国井さんからのおすすめを吸うことにしている。
しばらくはいろんな葉を試してからお気に入りを決めよう。
今までは
「AMPHORA FULL AROMA」
「CAPTAIN BLACK 」

Amphora_captain

そして今日買った
「BORKUM RIFF VANILLA」
さ、どんな香りと味かな?

Borkum

| | コメント (0) | トラックバック (0)

商業界山形県連合同友会総会

11月9日(火)
 天童ホテルで天童同友会主幹で商業界山形県連合同友会総会。
役員会、総会の後にフラワー長井線(山形鉄道株式会社)の野村社長から講演をいただく。

Photo_9

今日の野村社長は一人の落語家(?)を連れてきていた。お、サプライズだな。
野村社長の講演の合間に高座。こういう講演を考えるなんてさすが野村社長。

Photo_10

参加者もこの突然の高座にびっくり。そして落語に大笑い。
実はこの方は山形鉄道株式会社のれっきとした社員。営業の鈴木さんという。
社長が面白いと社員まで面白いもんだな、というよりすごい才能に感服。

Photo_11

講演後著書にサインをする野村社長(右)と俊風亭太平楽=鈴木さん(左)

夜の懇親会、二次会にもお二人にはご参加いただき多いに盛り上がった。
ほんとに野村社長、鈴木さんありがとうございました。
同友からは長井線を貸し切ってゼミナールをやろう!などという意見が飛び出してきた。
おう!それ良いな。なんて相づちを打ったりしていたがまじめに企画してみなくてはと思う。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

天童総合運動公園 紅葉の並木

1_3

2

今、天童の総合運動公園の紅葉が見事だ。イチョウの並木が素晴らしい。
たくさんの人が散歩に訪れている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幸せ豆富 さわ農園

お、どうする。以前から気になっていた豆腐屋さんの上り旗の前を通り過ぎた。よし、この機会だ。寄って行こうということで車をUターンさせる。
峠を降りて平坦な道を尾花沢市街へ向かっている途中だ。

Photo_6


国道からやや入った所の納屋を売り場にしたようなお店は「さわ農園」という。
かわいい手書きのパックが並んでいる。「幸せ豆富」と書いてある。秘伝豆とうふだ。
試食をすすめられる。うん、秘伝豆らしい濃厚な大豆の味がする。値段もなかなか良い。
この味なら当たり前だ。洋子さんが2パックを買う。

1_2

Photo_8

幸せそうなニコニコとした笑顔のパッケージだ。片手撮りなので写真がボケてしまった。残念。
ここでも野菜をたくさん置いてあったのだが午前中に仙台方面からのお客さんで売り切れてしまったと
さわ農園の嫁さん(?)らしい人が話してくれた。今、野菜高いからね。

店の前から横に一本の野道が続いていた。紅葉したツタとその道が秋の午後の陽をきれいに見せてくれていた。日本の風景だ。

Photo_7

あ、それからここでは手打ち蕎麦も食べられるらしい。新蕎麦の季節だ。近いうちに食べに来るか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鍋腰峠

もう間もなく冬期の通行止めになる鍋腰峠へ。
いつもの「長命の水」を2ℓのペットボトルに14本汲む。。
次々と汲みにくる人がいる。相変わらずの人気だ。

Photo_3

おなじみの峠の茶屋に寄る。面白い茶屋なのだ。鍋腰峠を通る度に寄ることにしている。
来週の日曜日で今年の営業は終わるとの事。

Photo_4

峠のカーブするところにあるこの茶屋にはたくさんの車が停まる。宮城ナンバーが多い。今日も朝早くから仙台から野菜を買いにくる人が一杯だったそうだ。
峠は丁度紅葉が見頃。いつもより車の数が多い。宮城県側へ行くともっときれいな紅葉スポットがあるのだが今日は3時まで帰宅しなければならないので時間がない。
茶屋を後にする。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

たき火でサツマイモを...

先日、境内の落ち葉でたき火をしていたので今日はサツマイモをぶら下げて印役の神明神社へウオーキング。
あのたき火で焼きイモを・・・なんていう思いをもって早足で神社へ。
だが、たき火の煙がみえない。あのおじいちゃんがいない。帰りも生のサツマイモ2本をぶらさげてくることになってしまった。

Photo
神明神社の紅葉。このケヤキの落ち葉でイモを焼くつもりだった。


印役界隈の裏道を散策。この辺りには味噌、醤油の醸造所が集中している。

Photo_2

古い倉庫や瓦屋根の建物が密集している。なんとも楽しい小径だ。
トタン屋根をつっきっている柿の木。こけの生えたモルタル瓦屋根。きれいなウメモドキの実。
これだから裏道の散歩は面白い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お墓の夜明け

Photo

夏はもっと左側から昇っていた太陽も冬至に近づくことに右に寄ってきている。
きゅっと引き締まるようなさわやかな朝のお墓だ。
太陽が山並みから顔を出し始め長い波長の光が差し込んでくる。
墓前で般若心経を唱える、体中に朝陽がしみ込んでくる。
今日もありがたい一日をいただく。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

飛行機に乗り遅れた!大失敗。岡山へ

ANA仙台発0750発の伊丹行き一便に乗り遅れてしまった。一時間起きる時刻を間違っていたのだ。
こんなことはここ数年なかったことだがつい油断してしまった。大失敗だ。
09時50分発の搭乗便への変更、岡山への連絡と遅れたなりに忙しい。

しかし、今日は山形も仙台も見事な青空だ。昨日までのどんよりした空が信じられない。
ほんとに気持ちが良いさわやかな一日が始まりそうだ。飛行機に乗り遅れたことに滅入っている気持ちもどこかに消えてしまった。

Photo
仙台空港も見事な青空だ。


岡山駅に12時45分着。駅前広場に海岸の流木で作られたアートなオブジェが作られていた。やはり背景は青空だ。全国的にいい天気なのだろう。

Photo_3

打ち合わせが終了し、まだ昼食前の私をお寿司やさんにお連れいただいた。伊丹からの最終便に乗り仙台空港からは車なのでほんの少しだけ口にと思って飲んだ酒がなんとも美味いのだ。う〜む、今日はこれ以上飲めない。こんな美味い酒を目の前にしているのに。
秋田内陸のお酒にしては珍しく美味いのだ。

Photo_2

お寿司を握ってもらってお腹は十分、ありがとうございました。

山陽新幹線岡山発16時58分に乗り新大阪から伊丹へ。途中、加古川あたりからきれいな夕日が見えた。
自然の風景ではなく工場や煙突の中に見える夕日もきれいなもんだ。
伊丹発19時35分で仙台着20時45分。

Photo_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フラワー長井線

1
2

森田さんとフラワー長井線に乗ってみようということで終点駅荒砥駅に。
16時02分赤湯行きまで少し時間があるので近くのアユ茶屋へ。雨が続いているので最上川の水量は多く濁っていた。

Photo
簗場

一両列車で長井駅まで20分の男二人旅。西の山々の上には白い雪が見える。今日もかなり寒い。
が、ローカルなこの風景がとても旅情的だ。

1_2

2_2

長井駅まで丁度20分。薄暗くなってきた。

Photo_2

長井に来たのはもう一つの目的があった。「オーリエ」というイタリアンの店に行くことだった。
パスタが評判で一度見ておいた方が良いと言われていた店だった。
ヨークベニマルの右隣にある小さな店構えの洋食屋だった。
評判通り美味い!おそらく家族なのだろうスタッフの応対もなかなか良い。
勉強のためにパスタ、カレー、ピザを一通り注文して食べる。
これがなんとなにを食べても美味いのだ。長井にこんな店があったとは・・・。

長井駅発18時06分の荒砥行きに乗車。もう外は真っ暗だ。
来るときよりも乗客が増えている。この時間だものな。

来年の櫻のシーズンには絶対この長井線に乗って桜巡りをしよう。駅と駅の距離が短いのも良い。まるで都電の雰囲気だ。

長井駅でフラワー長井線の野村社長を訪れるが休日とのことで不在。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Photo_5

去年はたくさん虹を見たが今年は少ないなと思っていたら今日、素晴らしい虹を見た。
午前中、高速道を走っているときも葉山の方に大きな虹が出ていたが運転中で撮影は無理。
午後にも事務所の窓から虹が見えていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レストラン コ・ビアン

Photo_4
 
昼時ということもあるが相変わらず混んでいた。ひっきりなしに玄関をお客さんが出入りしている。
ちょっとご無沙汰していた。コ・ビアンにお伺いするは何ヶ月ぶりだろう?

明日は雑誌の取材が入っているという。すごい人気だ。

18時14分上野発の新幹線で山形へ。なんとも忙しい日帰り出張だ。
なんと茂木久美子さんが乗務していた。商業界地方ゼミナールで講演を依頼されており数日後仕島根へ行く予定だそうだ。すばらしい活躍だ。ま、元気で全国を飛び回ってほしいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

我孫子駅

Photo_3

昼頃、我孫子駅下車。
我孫子は多くの文化人が住んだ土地らしい。別荘がたくさんあったという。
うん、たしかにすごい人たちが住んでいたことが分かる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

缶コーヒー

どうも頭がまだ眠っているようだ。
缶コーヒーを買って飲むなんて珍しい。

Photo_2

9時6分発の新幹線に乗り込む。お、この缶ものすごく持ちやすい。手にピタッと入る。
最近はメーカーが飲料缶にいろんな工夫をしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

窓辺

Photo

我が家のダイニングの出窓のグリーンたち。何気に気分を和ませてくれている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »