« 元旦の贈り物 | トップページ | いたやすず(いたや清水) 村山市樽石 »

龍上海、赤湯からみそラーメン

1月2日(日)

 箱根駅伝が始まった。大フアンの洋子さんは朝からスタートを心待ちしている。箱根を見なくては正月が始まらないという。
 8時スタート。私と隆太郎君はそれぞれの出身校を応援。洋子さんはどこの大学でも良い、一生懸命走るランナーそれぞれを応援する。

 朝食後、朝大般若祈祷会へ。梅花講の人たちが10人くらい、一般の人たちは12〜13人での祈祷会だ。明日は座りきれない程の人数が集まる。

 昼、洋子さんが付き添っている母の病院に顔を出してから今日東京へ帰る麻里子夫婦と赤湯の龍上海へ遅い昼食に行く。もうとっくに昼食時は過ぎている。この時間なら並ぶ事もなく龍上海でラーメンを食べる事ができるだろうとたかをくくっていたのだがなんと長い行列を作っていた。運良く駐車場に空きがあったので停めて、すぐ並ぶ。
私たちの後ろにも次々と並んでいく。正月休み中ということもあるだろうがなるほどすごい人気だ。後ろに並んでいる人たちとラーメン談義に花を咲かせる。知らない人たちと仲良く話しができるなんて楽しいもんだ。並ぶのも悪くない。

 Photo_8

三人とも「赤湯からみそラーメン」780円(実は並んでいるうちに注文をとりに来られていたのだ)。ラーメン好きの隆太郎君がうまい!とスープを飲むなり第一声。なるほど美味い。山形にある2軒の龍上海よりは良い。さすが本店だ。太い縮み麺も良い。しかし洋子さんが一緒に来ていたらこの魚系の出汁のラーメンは食べられなかったと思う。彼女はこの手が苦手なのだ。
横浜のラーメン博物館で龍上海を食べたことがあるという隆太郎君が本店で食べる事ができたことを喜んでくれて嬉しい。

洋子さんと20時20分の臨時の新幹線で帰るという麻里子夫婦を山形駅まで送っていった。
母を見舞ってくれたそして洋子さんをねぎらってくれた麻里子夫婦に感謝、ありがとう。
二人とも今年も良い年でありますように。

 

|

« 元旦の贈り物 | トップページ | いたやすず(いたや清水) 村山市樽石 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 龍上海、赤湯からみそラーメン:

« 元旦の贈り物 | トップページ | いたやすず(いたや清水) 村山市樽石 »