« 鏡石 手打きそば金沢庵 | トップページ | 須賀川萬年観音寳塔 »

須賀川散策

須賀川市役所駐車場に車を置く(御用のない方の駐車ご遠慮下さいの表示は帰りに気がついた。すみませんでした)。
目の前の案内板を参考にスタート。しかし、寒い。なんと冷えることか。時々青空が顔をだすのだがなんという寒さだろう。

市役所ののすぐ前から須賀川の古い街並のイメージが広がっていた。

1
市役所の前には古い商家が建っていた。

6
路地の土蔵のナマコ壁。

4

5
市街は平らな道がほとんど見当たらない。どこを歩いても緩い坂道だ。なるほど坂の町、馬の背の町といわれる所以だ。

2_2
特撮の名監督、円谷監督は須賀川の出身だと初めて知った。東京オリンピックのマラソン銅メタル円谷選手もここ須賀川出身だそうだ。そういえば歩いていて円谷の名前の文字をそっちこっちで見つけた。

3

コンパクトで良い町だ。路地が特に良い。崩れ始めた土蔵の壁。土色の瓦屋根。数時間散策したが歩いている人が少ない。実に寂しい。が、それが一層路地裏の憂いを強めていた。
路地歩きって実に面白い。

名所、旧跡も歩いて再び市役所へ戻る。途中、松尾芭蕉に関する名所が多く見られたというよりもほとんどが芭蕉のいわく付きだった。
須賀川に限らず芭蕉が歩いたところは全て芭蕉をモチールに名所、観光ルートを作っている。
芭蕉はまるで江戸時代の観光大使のようだ。

|

« 鏡石 手打きそば金沢庵 | トップページ | 須賀川萬年観音寳塔 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 須賀川散策:

« 鏡石 手打きそば金沢庵 | トップページ | 須賀川萬年観音寳塔 »