« 龍上海、赤湯からみそラーメン | トップページ | 紅山水での新年会 »

いたやすず(いたや清水) 村山市樽石

我が家ではご飯を炊いたり、お茶、コーヒー、水割りには自然水を使っている。
メインは尾花沢の長命水、冬は蔵王自然水を使っている。もちろん、汲みに行っている。

村山市樽石地区に冬でも汲むことができる「いたや清水」という名水があると以前から聞いていたので4ℓのペットボトルを15本ほど車に積んで向かった。

村山市の西方の山道を上がった「樽石大学」という施設の一角に「いたや清水」があった。
時刻は午後4時。山の日暮れは早い。さすがに積雪は平地とは違って深い。

水汲み場はすぐ分かった。樽石大学の駐車場の片隅に流し台といくつもの蛇口が設置されていた。
これは汲み易い。この設備からしてかなりの人たちが水汲みに来ているのがわかる。到着した時は我々だけだったが間もなく次々と水汲みの人たちがやってきた。

3

2

1

樽石川に沿うようにここまでの道は続いていた。水汲み場のある樽石大学の目の前を流れるこの川や周囲の山並みはうす暗くなってきている。しかし春の芽吹きや雪解け水が流れる頃の素晴らしい景色を想像できる。

Photo

樽石大学について

地図はこちらを

|

« 龍上海、赤湯からみそラーメン | トップページ | 紅山水での新年会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いたやすず(いたや清水) 村山市樽石:

« 龍上海、赤湯からみそラーメン | トップページ | 紅山水での新年会 »