« 板粕のシーズンになってきた | トップページ | 初詣 »

年越し

12月31日(金)

東根の大変お世話になっている方が怪我で先日手術、入院。午後洋子さんと二人でお見舞いにうかがう。手術も無事終わりギブスで養生しているところで案外元気にしているので安心。入院先の天童の吉岡整形外科病院は39年前に私も骨折で三ヶ月入院したことのある思い出のあるところだ。木造平屋の病院がいまではコンクリート4階建ての総合病院になっていた。

夕方麻里子夫婦が帰形。
迎えに行った駅から洋子さんと四人で母の入院する県立中央病院へ。
母の年越しは病院のベットだ。みんなで年末の挨拶の声を掛ける。
脳出血の症状が思う程回復していない。でも、孫が会いにきた事をわずかでも分かってくれたような気がする。

私たち夫婦に麻里子と隆太郎君夫婦で年越しの飲み会、そこに洸と彼女が突然現れ一挙六人で大賑わいになった。もうテレビで流れている紅白歌合戦なんかそっちのけの状態。


Photo_5

洋子さんが子供たちへ食べさせようと買ってきたコウシロウさんのケーキ。
昨年の入院以来、私の味覚が変わってしまった。この甘そうなケーキを美味そうだと感じてしまうのだから困ったものだ。


今年もいろんなたくさんの方たちのお陰で良い年を過ごせたと思う。感謝。
大福家さんのお蕎麦で無事、年を越させていただく。

|

« 板粕のシーズンになってきた | トップページ | 初詣 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年越し:

« 板粕のシーズンになってきた | トップページ | 初詣 »