« 避難所落合スポーツセンター周辺 | トップページ | 山形の煙突-1 »

お腹がすく授業、そして『磯部理念に基づく食品づくり』コーナー

Photo_5

Photo_6

自分で書いていてなんだけどなんともお腹の空くホワイトボードだこと。

これ、フード関係の勉強ではなくれっきとした商業施設計画の授業だ。無農薬、有機栽培の農作物の生産、添加物を使用しない食品での飲食小売り、そして本当の食品を求める消費者これら三方が一カ所に集まる商業施設、生活空間施設を自然豊かな山里に計画するのが目的。どうしてもこのように飲食メニューを勉強せざるを得ないのだ。決して料理教室ではない。

授業で求める食品のコーナーが元木の「元気市場たかはし」に設けられているので早速学生と視察に。

Photo_7

3

そのコーナーには『磯部理念に基づく食品づくり』というサインボードがつり下げられていた。
売り場のスタッフに良い食品の勉強にきたことを話したら喜んで撮影の許可をくれた。ありがたい。
じーっとある商品の原材料の欄を見つめるお客がいた。
また、70才をこえただろうおばあちゃんは「茜姫」ないの?とスタッフに聞いていた。いつ入荷するのかまだわからないのです、とのスタッフの答え。「茜姫」とは壽屋さんの完熟梅の砂糖漬のことだ。

学生とほかの食品コーナーに並んでいる一般スーパー食品の原材料名を見て回る。磯部理念コーナーの食品との違いが歴然と分かる。ここは「良い食品」を知るには非常に勉強になる店でる。

壽屋さんのキムチを買い、今度は元気市場たかはしの隣にある超繁盛店の魚屋に入る。他の魚屋さんたちも覗きに来るという有名な魚屋だ。
魚、貝などは添加物等はもちろん無用だがタラコ、筋子にはなるほど発色剤が使われている。またちょっと加工したり売らんかなの見え見えのパック商品には間違いなく添加物がどっさり使用されていた。こういった仕入れ商品は仕方がない。が、美味そうな新鮮な魚、貝類がたくさん売られている。なるほど繁盛している訳だ。

昼食前のとてもお腹の空く授業になってしまった。

|

« 避難所落合スポーツセンター周辺 | トップページ | 山形の煙突-1 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お腹がすく授業、そして『磯部理念に基づく食品づくり』コーナー:

» IKEA家具のスペシャリスト [Witch House]
IKEA(イケア)のことならおまかせください。代行購入、搬入、設置まで、トータルコーディネイトいたします。 [続きを読む]

受信: 2011年6月29日 (水) 23時09分

» 完熟梅(落ち梅)拾い 梅収穫 [のっぽのブログ]
ここら辺でこの季節に一番多くて、比較的高給なアルバイトが”梅の収穫”まぁ梅農家さんの一年で一番忙しい仕事の手伝い〇 [続きを読む]

受信: 2011年6月30日 (木) 18時03分

« 避難所落合スポーツセンター周辺 | トップページ | 山形の煙突-1 »