« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

『伏龍』は定休日だった。須賀川の現場。

1月31日(火)

 10時半まで須賀川へ行く予定だったが到着したのは結局11時半。
福島県内の高速道路も雪が舞っていた。
シャーベット状態の道が突然現れたりと不安定なコンディション。
二本松辺りから本宮までの間に二度の渋滞に巻き込まれた。
故障車と事故車だ。磐越道では事故が多発して上下とも通行止めの部分が発生したとのニュースが流れていた。雪による事故なのだろう。

0131

現場にて内部木部の塗色の打ち合わせを終了。

エントランスの露路(ろじ)が良い雰囲気になりそうだ。納屋の入り口っていうイメージを狙っているのだ。

金澤庵さんへ回る予定をしていたのだが1時間ほど時間が押しているのでK工務店の社長さんから「伏龍」でラーメンを食べっぺのお誘いを受けて山形へ戻る事に。

「あれ!今日は休みかい?」「そうだっぺ、火曜日は休みだっぺ」
残念、「伏龍」でまだ挑戦していないワンタンメンを食べるか、とふと思っていたのに。

と、言う訳で4号線沿いの「みなみや」というラーメン屋へ。

1

2

極めて標準的なラーメン。これ「手もみちじれ麺中華」。太麺だ。この太さの麺なら醤油味よりもこってりしたスープか味噌味の方が合うと思うんだけどな。

いずれにしてもK社長、ごちそうさまでした。
次回こそ『伏龍』でワンタンメンだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

つかの間の青空

1月30日(月)

こんな青空久しぶりだ。

1

2

しかし青空の周囲に雲が忍び寄ってきている。つかの間の青空なのだろうが気持ちの良い朝だ。
まだまだ気温が低く降雪の予報も続いている。
このままで行けば山形市内では珍しい屋根の雪下ろしも考えなければならないかも。
今朝のニュースでは山形の降雪量67cmといっていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山形南高等学校文化部OB会

1月28日(土)

午後3時から駅前通りの能登屋瑞宝閣で山形南高等学校文化部OB会。
だが会場に入ったのは4時頃。ま、最初は総会やなんだかんで懇親会が始まるのは1時間位後だろうと思った通りだったが、高橋山形県副知事の講演があるのを忘れていて聞かないでしまったのは残念。

丁度一週間前の土曜日もここで「かっぺの会」で飲んだばかりだ。
あら、と若女将が顔を覚えていて挨拶をくれた。

Ob

吹奏楽部のOB達と久しぶりに顔を合わせ楽しく歓談、他部の顔なじみや同窓の連中とも酒を飲み交わした。
午後6時半頃、応援歌「空はコバルト」を全員で唄って終了。ところが応援歌の歌詞を少し忘れてしまっていたようで隣の先輩からお叱りを頂戴。吹奏楽部なので曲の演奏ばかりで実際、声を出して唄う機会が少なかったのでと言い訳。

Photo_3

この雪だ。タクシーはどうせ混んでいてつかまらないだろう。この時間ならまだバスがあるはずと山形駅前からバスで「大の目」へ。バスも結構便利である。しかし最終の時間が早いので普通の飲み会では利用できないのだ。
駅前にも多くの雪が。例年にない風景である。まだ数日は降雪が続きそうである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪に佇む『そば琳』にて講師会

審査会終了後、講師会。
会場は緑町の『そば琳』。営業は日中だけなのだが夜貸し切りでお願いした。
昭和なレトロなこの民家風の家屋の座敷での蕎麦はなかなかの人気である。

1

2

雪に包まれて外へもらす灯りがとてもロマンティックである。

大雪の金曜日、タクシーや代行車がなかなか来ず結局10時近くに終了。
遅くまで『そば琳』さん、ありがとうございました。おかげさまで良い懇親会ができた。
飲み終わりに食べる蕎麦はすごく美味いもんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しかし良く雪が降る。今日は審査会

1月27日(金)

Photo

うんざりするほど毎日、雪が降ってくる。朝、外へ出るとこの通りだ。
自宅とそばの借りている駐車場、そして自宅前と東側の道路の除雪の毎日である。
その上、洋子さんのフィットネスクラブ、ユーフィットの第二駐車場とそこからクラブへ続く小径の除雪のおまけ付きときている。早朝、参禅会があったのだが自宅はともかくとしてユーフィットは会員さんの駐車場、除雪しない訳にはいかないので欠席させてもらった。


一年がまったくもって早い。
今年も卒業進級作品審査会の日がやってきた。

Photo_2

これはビジュアルデザイン科の審査の様子である。最終の審査は山形美術館での展示会場で行うのだが今日は課題審査になる。
環境デザイン科の学生が審査会終了と同時に床に倒れてしまった。今日の審査会のためにかなり体に負担をかけたようだ。必死に頑張ったのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

商業界倉本初夫主幹を招いて新年会 山形同友会

「和工房 空海」で山形同友会の新年会。
商業界の映画制作の撮影のために来形された商業界倉本初夫主幹とご長男の和人氏をお招きし、主幹より新年の講話では

大型店でさえお客一人一人の欲しい物を良く理解し商品をすすめてくれるように変わりつつあるのにもかかわらず、身の軽い小さな店が大型店のせいで売上げが落ちたと愚痴ばかり言ってお客一人一人のことをわかろうとしていない。今後はお客様が納得する店、欲しい物を分ってくれる店だけが生き残っていくだろう。

それと「世の中」を人間世界だけのことではなく環境、自然、生き物全体を含めた捉え方をしなければいけないだろう。

等をお話いただいた。

乾杯!で懇親会。他にゲストとして峯田電気の峯田社長をはじめとする山辺同友会の皆さん、そして福島の薄皮饅頭柏屋の本名社長をお招きしていたのでものすごい盛り上がりの懇親会となった。

Photo初対面の人もいるのにもかかわらずあっという間に和気あいあい。お金を数えている左下の幹事さん、ご苦労さんでした。

Photo_2倉本主幹と

ここ「空海」ははじめてだが噂通りなかなかいい店であった。スタッフもどっかの居酒屋チェーンみたいなマニュアル通りのうるさい接客ではなく落ち着いた接客で好感が持てる。
料理は宴会料理なのでどうこうは言えないが恐らく悪くはないだろう。

プライベートでいつか来てみたいと思う「和工房 空海」でした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2回目の『とらや分店伏龍』

現場から2〜3分の『伏龍』へ。12時前かして客は私が二人目だった。
前回は「チャーシューメン」で私の評価はイマイチだったので今日はスタンダードな「手打ち中華」630円、を注文。まだ店が混んでいないのですぐ運ばれてきた。

0123

カウンター席のテーブルとイスの高さの差が大きすぎるのでどんぶりが口のすぐそばに位置して、やや食べにくい。蕎麦もそうだが箸で上に持ち上げて食べるのものは口より低い方が良いのだが。

2

お、この前とは違う。良いスープの匂いだ。味もしっかりしている。やっぱりあの時の私の体調が悪かったのかな?う〜ん、でもあの時のスープとはどこか違う。今日は美味い。
だが、麺はやっぱり腰がない。だるっとしているのだ。

やがて次々と客が入り始めてきた。さすが人気店だ。
食べ終わり車に乗り駐車場から出ようとするがひっきりなしに車が入ってくるのでなかなか道に出ることができない。4〜5台が入るのを待ってやっと出発。窓からは席待ちし始めた客が見えた。
しかもさっき現場で打合せしてきた担当者の顔もあるではないか。

次回はワンタンメンを注文してみよう。客の注文しているのはワンタンメンが実に多かった。
今度は麺はどうかな?

おっと、これでは結局、リピーターの一人になってしまうではないか。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

須賀川も雪だ

1月23日(月)

 金澤庵さんの現場打合せに鏡石の金澤庵さんの現店舗へ寄って須賀川へ。
電話では聞いていたのだが一面真っ白の雪景色。
福島県中通りのこの辺では雪が積もる事は珍しい。
山形人としてはこんな雪は日常茶飯事なのでどうってことはないのだが地元では大騒ぎしていたようだ。

01231

大工さんたちの仕事も大詰めだ。次第にイメージが具体的に現れてきた。

01233

今回は竪格子を多用している。これらの木部に着色されるのが楽しみである。

01232

昼前に打合せ終了。
担当者と別れ少し昼食には早いが、先日行ったとら系ラーメンの店『伏龍』に向かう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログ=「盛屋水産 気仙沼つなぎ牡蠣の仕事。」

唐桑半島鮪立の盛屋水産(菅野さん)のブログ「盛屋水産 気仙沼つなぎ牡蠣の仕事。」に先日おうかがいしてきた時の様子がアップされていた。ほんとにここの女の人たちは元気です。そしてなによりも考え込んでいるくらいならとにかくやってみよう、ていうところが実にいいんですよ。

「盛屋水産 気仙沼つなぎ牡蠣の仕事。」
Moriyasuisann_3

http://moriyasuisan.blog.fc2.com/blog-entry-22.html


| | コメント (0) | トラックバック (0)

かっぺの会

1月21日(土)

 大学1年生の夏から3年生までの2年半、山形県が運営する山形県育英学生寮にいた。昭和42年の夏から45年の3月までである。
学生運動の盛んんな頃で東大安田講堂の学生と機動隊が激しく攻防を繰り返している様子を寮の屋上から見ていた記憶がある。
 
1年先輩の寮生たちの会がある。『かっぺの会』といい、卒業後毎年会っているのだそうだ。よく続いているものだと感心する。

その新年会に今年も呼んでいただいた。毎年の新年会には必ず寮の後輩を数名呼んでいる。3〜4年前にも一度呼ばれた事があり、とても懐かしく嬉しい新年会であった。

1能登屋瑞宝閣でのかっぺの会新年会

今回は先輩の小川正利さんも出席とのことで同郷の天童であることから指名をいただいたようである。そんな訳で喜んで参加させていただいた。寮を出てから一度も会ったことがない。年賀はがきはやりとりしているのだがなんと42年振りに会うことができた。元気そうでなによりだった。また、やはり同郷の松田俊雄さんとも42年振りの再会をする。一気に42年前の寮生活時代を思い出す。懐かしく良い時代だったな。

2左から小川さん、私、松田さん、須藤さん (レンズに指がかかっていたようだ)

なんとも嬉しい会であった。

外は大粒の雪が降っている。

洸夫婦が車で迎えにきてくれた。これは大助かりだ。
が、自宅に戻るとなんと麻雀が用意されていた。
結局、寝たのは次の日であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブンブンの荒井さんのお話 山形道経塾1月例会と新年会

今日は山形道経塾今年初めての例会そして新年会。

今日の講師は塾生の荒井文三郎さんである。夕方、テナント出店しているイオンモール山形南店へ何名か集合する。荒井さんからお話をいただく前に荒井さんのお店、ファンシー雑貨『ブンブン』とイオンモールを視察しようという訳。

Bunbun1

Bunbun2

買い物の目的ではなく勉強のためと思うと観点が違ってくるものだ。
『ブンブン』さんの売上げが好調で昨年対比プラスが続いている。
またイオンモール山形南店も好調だそうだ。

Bunbun3

福島県からの避難生活者の方たちの来店が多く見受けられるという。それも家族揃ってイオンモールに来るのだそうだ。避難者の人たちに『絆』を強く感じると荒井さんが語ってくれた。

このモールは楽しい。歩いているだけでも楽しい。駐車場は大きいし便利だ。これじゃ、七日町商店街に人が来なくなる訳だ。
  と、誰ともいわず声が上がった。


千歳館で午後6時半から例会を始める。代表の挨拶ということで

最高道徳の格言『温情春のごとく善人敬い慕う』

モラロジーの父廣池千九郎博士の身の回りのお世話をしていた方のエピソードの一つにある

「〜正義感の押し付けで人を納得させることは難しいもの。
 人の心を動かすには、春の日のような温かな柔らかい心を
 持ちたいものです。」

について話をさせていただいた。

そして気仙沼の復興の現状をも報告。


荒井さんの講演は素晴らしいものだった。現状の売上げの具体的な数字を示しながら荒井さんの45年前の創業時から現在までの人との出会い、本質は変えず時代の流れにはいつも変化させていく『不易流行』の商いを続けてきたこと等熱く語ってくれた。同じ塾生にこんなに素晴らしい生き方、商いをしていたことに出席者全員感激する。
今後の例会では塾生スピーチを増やしていかなくてはとつくづく思った。

Shinnenkai

講演が終わり、新年会。
今回も天童から4名の方が、そして斎藤弘さん(前山形県知事)が出席してくれた。
そして正会員(入塾)の申し込みをいただいたことはほんとに嬉しい。

さ、今年も山形道経塾頑張るぞ。

***モラロジー研究所『道経塾メールマガジン』の購読をおすすめします。
登録はこちら→http://book.moralogy.jp/magazine/dohkei/merumaga/index.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

朝霧、今日も天気が良くなるぞ。

1月19日(木)

 朝から霧が立ちこめている。

1

2

この霧は天気がよくなる前兆だ。気持ちも晴れ晴れとして嬉しい一日になりそう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

青空だ!

1月18日(水)

 朝からすごく良い天気。こんな青空は何日振りだろう。

1_3

2_3

予報では今晩少し雪が降るが嬉しいことに明日の日中も晴れマークだ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

動き出している・・。 気仙沼

唐桑半島鮪立から気仙沼市街へ戻る。

Photo

鹿折地区のマグロ漁船。たくさんの家屋を押し倒しながら津波でここまで流されてきた。
この船をはじめ被災した建物等をこのまま残し正式名は知らないがメモリアルパークのような地区にするとか。

Photo_2

港の前の通りの酒造会社の建物。これもかっての気仙沼を代表するいわばランドマーク的な存在だった。

斉吉商店さんへお伺いする。中小機構で建ててくれる仮社屋店舗の基礎工事が始まっていた。建築業者は山梨県から来ているそうだ。

社長、専務さんと仮社屋の竣工後の内外装のデザインを打合せ。
参考のため市街へすでに立ち上がっている他の仮設店舗の視察に出かける。

1

2

震災前は市場前の赤い建物で営業していたアンカーコーヒーの仮設店舗営業。プレハブを上手く使っている。

市内には集合仮設店舗がそっちこっちに建ち始めている。

1_2

2_2

3

あの『あさひ鮨』の仮設店舗も見える。

とにかく気仙沼は着々と動き始めている。何かを変えよう、何かでも少しでも一歩前に進もうという覚悟に溢れている。変な見方だが震災前の気仙沼より活気が見えるのだ。

Photo_3

周囲の瓦礫が撤去され布基礎だけが残る殺風景な空き地に斉吉さんの全壊した蔵の戸や鉄製の窓そして鍋等がブルーシートに覆われて保管されていた。これらの物を店舗の内装に絶対使わなくてはならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月17日 忘れられない日

今日の1月17日は私の誕生日。
17年前、阪神淡路大震災が起きた日、朝早くから雪の道を新庄へ向かっていた。
カーラジオからは次々と被害の大きさが伝えられてくる。
新庄で香花堂さんとモツラーメンをいただきながら店内のテレビからも衝撃的な被害の模様が映し出されていた。
こんなすごい地震と甚大な災害はもう二度とこないだろうとあの時思っていた。
まさか東日本大震災がくるとは・・・。

決して忘れる事のできない1月17日である。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

唐桑半島 菅野家の牡蠣

菅野家の一代(いちよ)さんの元気とおばあちゃんの笑顔が素晴らしい。
被災地へ行ってこっちが元気づけられてくるようだ。ある意味、頭が下がる思いがする。

菅野家いわゆる盛屋水産は牡蠣の養殖を行っている。それもかなり大きな身の牡蠣の養殖なのだそうだ。
おばあちゃんがご主人(社長)が浜から持ってきた牡蠣をムキ始めた。

Photo_3

あ〜まだ。小さいね、やっぱり。美味しさもまだまだだな。でも食べたいという人がいるからなんとか美味しく食べてもらう方法を考えて今日、作ってみるの。

今年の秋頃にならないと本当の大きさにはならないと言っていた。

後ろにある自宅へ入ると斉吉さんの和枝専務が台所に立ちなにやら料理を始めた。
出てきたのは牡蠣鍋。ただの牡蠣鍋ではない。お、お汁が微妙に旨い。あっさりしているが旨味がある。薄味なのに牡蠣のほんのりした塩味が効いている。
「海水で煮たんですよ」と和枝専務。
実は今日はこの若い牡蠣の料理の試食会をやる予定だったのだそうだ。それとお私の予定がピッタし合ってしまったのだ。おかげで新鮮な牡蠣鍋にありつけた訳だ。

Photo_4

「これ、乳酸豚って言うの。これもどうぞ」とトンカツもコタツの上に。
といってる間にビンチョウとイカの刺身、お煮染め、黒豆、漬け物そしてホッカホッカのご飯が目の前に並んでしまった。

Photo_5

Photo_6

うわー、すごいご馳走だ!
炭水化物ダイエットを一昨日から始めたのだがこのご馳走を目の前にしてはセーブがきかない。
美味しくたくさんいただきました。
乳酸豚は初めて食べた。肉が柔らかく脂身も気にならない。おばあちゃんが煮たという黒豆もツヤツヤとして柔らかく美味かった。
え?それ「青菜漬」。なんとここに来て「青菜漬」に出会うとは。これ美味しいのよと菅野家のみなさん。山形人としてちょっと嬉しい。


今回は被災したさっきの唐桑御殿を撤去しないでこの鮪立で菅野さん盛屋水産が養殖した牡蠣をそして郷土料理を食べてもらえる場所、そして宿泊できる施設にするための下打合せのために訪れたのである。。飲食と宿泊施設にするのだ。その事業本部長が斉吉さんの和枝専務なのだ。
法的な問題が待ち構えているのを覚悟しなければならない。が、何とか力になりたいと思う。

資金面では今、市民ファンドが立ち上がっている。

「盛屋水産のブログ」
http://moriyasuisan.blog.fc2.com/

「盛屋水産 つなぎ牡蠣ファンド」の詳細・お申込はこちら ↓
http://www.musicsecurities.com/communityfund/details.php?st=a&fid=218


| | コメント (0) | トラックバック (0)

唐桑半島 GAKUVO(ガクボ)学生ボランティアが集う家

1月16日(月)

 7月22日に初めて訪れた唐桑半島鮪立の盛屋水産菅野さんの唐桑御殿へ斉吉商店の専務和枝さんにご案内いただいて2回目の訪問。
 あれから半年。瓦礫等、随分撤去されていた。

Photo

今は前の自宅と言った方が良いかもしれない。震災後は後ろの住宅を求めてそっちで生活をしている。

Photo_2

建物の周囲も7月に比べるとだいぶ片付けられていた。
コンクリートの1階の入り口に『GAKUVO』の垂れ幕が見える。学生ボランティアの記しだ。

Gakuvo1

Gakuvo2

奥様の菅野一代(いちよ)さんの後をついて内部に入る。すごい。合宿所だ。しかも自炊の様子。学生たちはボランティアに出かけて日中は留守にしているのだそうだ。学生の国籍も様々で自炊の食べ残しの鍋の料理も国際色豊。このGAKUVOに参加出来るのは選抜された学生で何でも参加したくても簡単には選ばれず順番待ちをしているとのこと。
震災後ボランティアには菅野家には何陣にも分けて寝泊まりしているようでメッセージボードが無造作に何枚もぶら下げられていた。素晴らしい若者たちのメッセージが溢れている。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

純米酒『乙七』(おつしち)

1月14日(土)

 日本酒が飲みたくなった。いただきものの天童市水戸部酒造山形正宗の『乙七』の一升瓶を手に食卓に。
なかなかおしゃれなラベルデザインである。

1

まず冷やで一杯。おー、これは良い。ほのかな米の香りがする。そしてほどよい酸味と辛口。
正直言って山形正宗はあまり飲んだことがなかったし、期待はしていなかったのだがこれは旨い。
飾らず飲み手にこびない素直な酒だ。それではと、今度は温燗でとストーブの上のヤカンに銚子を沈める。電子レンジではこの酒に申し訳ない。

2

やはり、これまた旨い。久しぶりに嬉しい酒に出会った。
喜んでいる私に洋子さんが肴にと半年も前にいただいていた食べ残しの塩辛を炒めものを用意してくれた。これまた良く合うのだ。
人気や話題があるかどうか分らない。そしていろんな評価があるかもしれない。
でも『乙七』は私のお気に入りの酒の一つになってしまった。

ところで水戸部酒造の住所は天童市原町乙七番地。『乙七』という名前は住所の番地からとったものだとはなんと面白いアイデアなことか。

この酒をお持ちいただいたEさんに感謝。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

とら系とらや分店『伏龍』

ご案内いただいたのはここ『伏龍』。

Photo

白河ラーメンの超人気店あの『とら食堂』で修行してこのとらや分店『伏龍』を開いたとのこと。
以前何度か「とら食堂」行ったことがる。この美味さは何だろう!と行く度に思ってたものだ。

Photo_2

とら系のお店の紹介してある冊子。へえ、こんなにもたくさんあるんだ。東京西国分寺にも『孫市』という店があるようだ。

席待ちすること約10分。いつもこんな状態だそうだ。さすが人気店。

そんな時、突然グラグラときた。地震だ。結構大きい。
外に出た方がいいのではないか!と出口の方へ足を向きかけたがあれ?回りの誰もが平然としている。
お客はただひたすらラーメンを食べている。厨房でも平然と麺を茹でている。店内の従業員の女性たちもテーブルを行き来している。店内のテレビから臨時ニュースで須賀川地方は震度3と伝えている。
「震度3か・・・。たいしたことないよ」
「もうこんな地震慣れてしまったんです」と金澤さんが声をかけてくれた。なんと言ったらいいか。地震に驚いている自分がここでは恥ずかしいような気がしてしまった。

チャーシュー麺を注文。期待に胸がふくらむ。

Photo_3

う〜ん、とら系ラーメンのイメージが強いのかスープに物足りなさを感じる。濃いめの好きな人用に専用の醤油がテーブルにあるのだがそれを入れてみてもどうも充足感がない。これは濃い薄いの問題ではないような気がする、その醤油だけを舐めてみても。
たしかにあっさりして食べやすいおとなしい味ではあるが「とら系」に期待した分、少し気が抜ける。
チャーシューも存在感がない。そして麺には腰がないのである。

これはもう一度食べにきてみなければならない。一人でゆっくりと食べてみなくてはならない。リピーターが多いようなのでどこか美味い魅力があるのだろうからね。

『伏龍』の食べログの口コミも賛否両論であった。もう一度自分自身で検証してみるか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

須賀川も寒〜い!

1月12日(木)

 寒い毎日が続いている。全国的に気温が低いようだ。
笹谷トンネルを抜けての下り坂も雪だ。融雪剤を蒔いているのは分っていても慎重に運転する。

10時過ぎ、須賀川の金澤庵さんの新築現場に到着。年が明けて初めての現場打合せである。
太陽が見え隠れする天気なのになんという寒さなんだろう。風が冷たい。

01121

この瓦は昨年手がけた岡山のエルサ津高店と同じ島根県浜田市の亀谷窯業(有)さんの石州サビ瓦である。どうやらこのサビ瓦を葺いた建物は福島県内では初めてらしい。2年前訪れた世界遺産・石見銀山遺跡で見かけいつかこの瓦を使ったみたいと思っていた。それが2年連続で葺くことができるのは施主さんの深いご理解があればこそである。ただただ感謝。

01122

01123

木の香りが漂う現場にいるとワクワクしてくる。これがオイルステンで着色されると一気にイメージに近づいてくる。楽しみな時であるが、仕上げの品番や色決めを追われることになるのも間もなくなんだ。

01124

01125

この上は越屋根の吹き抜けになっている。下を梁や桁でやや複雑に、そして上は小屋束のないシンプルな吹き抜け空間になる。

山形は雪である。道路が凍らないうちに早めに戻ろうと思っていたが打合せと現場チェックをしていたらいつの間にか昼になっていた。

美味い人気のラーメン屋があるから施主の金澤さんや業者さんたちとお昼を食べに行くことになった。寒い現場で体は冷えている。温かいラーメンとはありがたい。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

山形も毎日、雪です。でも初市に雪がない?

初市の様子の写真を載せたブログを見て「山形って雪がないんですか?」とのコメントあり。

なるほど初市の通りにはまったく雪が見当たらない。

Photo_2


実はこの七日町通りは歩道も車道も融雪システムが施されているのだ。
地下150mから汲み上た地下水をパイプを通して路面を暖めて再び地下へ戻すシステムだ。
(積雪センサーで自動的に作動するのではなかったかな?)

しかし七日町通りを離れると市内はご覧の通り、真っ白い雪に覆われている。

1
(蔵王方面を見る)

2
(朝日山系方面を見る)いずれも我が事務所のベランダから。

このどんよりした鉛色の空の毎日である。春よ来い、早〜く来い♪


| | コメント (2) | トラックバック (0)

安心・安全なお菓子

1月11日(水)

とある方にお贈りいただいたお菓子についていたメッセージカード。

Photo

「○○○○○○は安心・安全なお菓子づくりに取り組んでいます。」と書いてある。
そして
素材を地元近隣の契約農家から毎日直接仕入れています。
南アルプスの名水を使用しています。
工場から直接全国のお店へ直送しています。

等とその訳を説明している。

これのどこが一体安心・安全の理由なのだろうか?

農家はどのような栽培方法なのだろうか。農薬は。
名水だけなんだろうか、名水にはミネラル分や何か手を加えていないだろうか。
工場から全国へ発送するために保存剤や他の添加物は使用していないのだろうか。

いただいたお菓子はとても美味しかった。なおさらこの点を説明して欲しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初市

今日1月10日は恒例の山形市初市の日である。ナナビーンズを出て露天が並ぶ七日町を歩き初市見物。何年振りの初市へ来たかな?

お、名物のハーモニカおじさんが今日もいる。

Photo_5

人の集まるお祭りには必ずといっていいほど路端でハーモニカを吹いている。しかし残念ながら誰も脚を止めない。もう皆知っているので珍しくもなにも無くなってしまったのだろうか。高齢が心配になる。

4

3

まな板、杵、ウスの店はこの初市のなんといっても定番の一つだ。が、今、キネやウスで餅を搗く人は少ないだろうな。穴が30cm程度のウスでも20,000円もするようだ。

商業ビルの2階のバルコニーに上がってみた。

1

2

ここ数年、初市は見ていなかったが以前よりも人出が少ないような気がする。そして賑やかさと市の風景の音がないのだ。いや、そうではなくてもしかして聞ける耳がなくなったのかな?

正月が来たと思ったらもう初市だ。刻々と平成24年の師走に近づいていっている。


| | コメント (2) | トラックバック (2)

ナナビーンズ6F 芸文美術館

1月10日(火)

「山形V.カレッジ」の卒業/進級作品展を参考に見ておきたいと思いナナビーンズ6F 芸文美術館へ。

V

学生が一人ついて一通り案内と作品の説明をしてくれた。自分以外の作品もよく詳しく説明してくれた。それぞれのコースごとに展示してあるのだがちょっと作品数が少ないような気がした。案内してくれた女子学生はなかなか好感の持てる説明の仕方でついついしっかり見て回ってしまった。

V_2

作品にはファッションデザインが多い。この専門学校はもともと洋和裁の学校であったのだからだろう。

V_3

照明デザイン。タマゴの殻を使ったテーブルライトがほのぼのとした感じで面白かった。

Photo

ある作品のそばに猫が寝ている。生きているような温かさを感じそうで、おそるおそるそっと触って見たがやっぱりそんな訳はなかった。が、すごい、本物そっくりだ。

隣の会場の「山形写真芸術フォーラム展」を覗いてみる。

Photo_2

知人の作品もあるかも知れないなと思って観て歩く。

Photo_3

Photo_4

お、あったあった、お二人はまだ頑張ってるんだな。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

あいこう亭

1月9日(月)

 年末年始休暇が終わって6日に仕事始めをしたと思ったら7日からまたの三連休。今日は成人の日、祝日の三連休最後の日である。

 洋子さんお気に入りの「あいこう亭」へおそばを食べに行った。
すごい客の入りだ。満席状態だがすぐ席は空いた。

Photo_7

「田舎もりそば」と「あいもり」を注文。周囲の客席を見ると8割は「団塊の世代」の客だ。それも夫婦連れ。そういうこっちもその世代なのだが。

やはりこの混み具合なので注文の品が出て来るまで結構時間がかかった。

Photo_8

Photo_9

十割そば太打ちの「田舎もりそば」500円。十割そばでこの値段は安い。この太いそばが実に美味いのである。

この麺の太さに関しては東根の「伊勢そば」と良い勝負だ。

Photo_10

Photo_11

「あいもり」ゲソ天付二人前分900円。太打ちも頼めるのだがこっちは細打ちにしてもらった。
そばは太打ちの方が美味しかった。麦切りの喉ごしが実に良い。ゲソ天の少なさにちょっと物足りなさを感じたが。

あいこう亭が賑わう訳だ。この価格でこの味とボリュームだもの。店作りにはまったくお金をかけていない。ただシンプルなだけ。しかしその分をちゃんとリーズナブルなメニュー価格に反映しているのだから見事だ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤湯 太助寿司

亀岡文殊からの帰り、国道13号線赤湯バイパスを走る。
左手に見える「太助寿司」の前をどうしても素通りできない。
目に、あの「まぐろ」の握りが浮かぶのだ。

Photo_5

時刻は午後3時半。さっき谷津家さんで天ぷらの食事をしたばかりだが少しだけならと店に入る。時間が時間なだけに客席は空いている。

Photo_6

お目当てはこの「まぐろ」だ。このネタの大きさもさることながら美味いマグロなのだ。一皿200円。
洋子さんと五皿で終わる。まだお腹の中には天ぷらが残っている。しかし、やっぱり太助寿司だ。美味い。
毎年我が家では亀岡文殊へ詣っている。もう二十年近くも続いているかも知れない。
子供たちが一緒の時も必ずこの「太助寿司」へ寄ったものだ。

空いている時間帯なので回っている寿司は少ない。カウンター越しに注文するとすぐ握ってくれる。まるで普通の寿司屋のカウンターと同じだ。
最近はタッチパネルで注文して流れてくるシステムが多いし寿司ロボットでシャリを作っている。そういう店ではこの感じはない。

さあ、帰ろう。お腹が一杯で眠くなりそうだ。

---------午後5時半頃、自宅へ着くと息子夫婦が待っていた。近所の「感動ハウス」で上棟式の模擬、餅まきへ行ってきたのだそうだ。

 まさか、この後、夜中まで息子夫婦と四人で夜中まで麻雀をすることになるとは思いもしなかったことだ。牌を息子が買ってきたのだ。嫁と洋子さんはコンピューターで麻雀を覚えている。点数は無視してやれば結構楽しめる。しかし、牌を握ったのは何年振りだろう。学生時代を思い出す。ワイワイやりながら楽しい時間を過ごした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪の亀岡文殊

所々にシャーベット状態の雪が残る国道13号線の栗子峠を越え高畠町の「亀岡文殊」へ14:30着。
足下に気をつけながら雪の坂道の参道を文殊堂に向かう。

Photo

賑やかな参道。亀岡文殊は初詣客はもちろんだが合格祈願に訪れる人たちが多いのだ。

Photo_2

亀岡文殊堂。日本三文殊の一つだ。

Photo_3

観音堂。縁結びの観音様として信仰されている。
合格祈願、縁結びとかで若い人たちの姿が多い。

昨年のお札をおさめ新しいお札をいただいて、さっき上ってきた踏みしめられた雪の急な階段と坂道を冷たいステンレスの手すりにすがりながら降りる。雪に「滑らない」ように気をつけながら。「滑った」ら合格祈願の人に申し訳ないことになる。

Photo_4

大型バスが数台駐車場に停まっていた。熊野大社参拝の旅ご一行様のプレートが見える。さすが1200年の歴史がある日本三大社の一つ宮内の熊野大社だ。
バスの団体の客とすれ違う度に酒の匂いがプンプンする。バスの旅には酒がつきものだからな。
自分の酒は気にならないが他人の酒臭さは嫌だ。自分のタバコは気にならないが他人の煙は嫌だ。
なんと勝手なことか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無料化の高速は車が多い、福島市谷津家さんへ

1月8日(日)

 昨年末に伺えなかった福島市の谷津家さんへ今年初めて伺う。
今日は日曜日、山形県内の高速道路もETC車載車は無料である。

Photo

笹谷トンネルの中はノロノロ状態が続く。進んではいるのだがかなりの低速。
ま、急いでいる訳でもないのでどうということはない。自然渋滞のようだ。

午後1時前に谷津家さんへ到着。何ヶ月かぶりの訪問である。
新年の挨拶をして早速に昼食を注文させていただく。

Photo_2

これ「選べる天ぷら定食」880円。野菜から五つ、海鮮から二つの好きな具材を選んで天ぷらに揚げてもらえる。ご飯だけか半量のご飯とうどんも選択できる。これでこの値段は嬉しい。
丼のご飯に天丼にしても良いし天つゆで普通に食べても良い。天つゆと天丼のタレがそれぞれ用意されている。楽しめるメニューだ。うどんもあっさりとしたしかも出汁のきいたタレでサラッと食べられるのだからこれまた良い。

洋子さんは好物のかき揚げの天丼。これが何と480円。
十分に満足して谷津家さんを後にする。
天気も悪くはないので栗子峠を越えて高畠の文殊様に向かう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山形県護国神社の「祈り」

1月7日(土)

元旦の初詣で自宅の神棚の昨年のお札を神社で焼いてもらったのだが事務所の神棚のお札はまだだったので護国神社へ行く。
今日は朝からすごくいい天気だ。車に積もった雪もみるみる間に融けていく。

Photo_4

7日にもなるので初詣客はいないのではないかと思っていたが結構賑やかだった。
手水舎の水に差し込む陽光が水の輪を作っていた。さわやかな水だ。

Photo_5

境内にある祈りの像。昨年の東日本大震災の被災地の早い復興を願い祈っているかのようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山形市初市の準備がすすむ

1月6日(金)

 設計資料の本を買いに八文字屋へ。

Photo_2

七日町の通りでは今月10日に開催される初市の露天の区画割りが行われていた。山形市商工会議所が仕切っているのかな?
つい先日までお正月気分だったのにもう初市か。はやいものだ。
山形の初市は七日町に南に並ぶ十日町に祀られた「市神(いちがみ)」を中心に毎年1月10日に開かれた市が始まりとされている。

そういえばここ数年、初市に行ってない。今年は行ってみよう。

Photo_3

七日町御殿堰の黒い建物が雪の白さに良い雰囲気を出していた。
でも、商店街の中心にありながら何故か物足りない商業施設になっているような気がする。
もっと人が集まっていいはずなのだが。

今日はオカダデザインの年末年始休暇明けの仕事始めだ。夜には我が家にスタッフや親しい取引先の人たちが集まって恒例の新年会をやる。
七日町に出かけたついでにいろいろ寄ってみたいところがあったが道草を食っている時間がない。
本を片手に事務所に戻る。
しかし、今日もなんと寒いことか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紅の蔵『紅山水』で新年会

1月4日(水)

 今日は山形モラロジー事務所の新年会。会場は紅の蔵『紅山水』。昨年と同じ会場だ。

Photo

朝から降り続く雪で山形市内は真っ白。しかし夜になると道はアイスバーン。まるでスケートリンクのように滑る。人も車も超ノロノロ。
だが、この紅の蔵の白い壁は雪と照明でとてもきれいだ。

Photo_2

余興で行われたクイズでなんと一番最初に答えが当たり賞品が酒、と思ったら醤油。
問題は「さくらんぼの佐藤錦の生みの親は?」。答えは当然「佐藤栄助」。
答えた瞬間「岡田さん!ずるい。仕事上知ってて当然じゃないですか」と周囲の声。ま、一応そうではあるけどなぜ佐藤栄助を知っていることを仕事上だって分かってるんだろう。確かにさくらんぼ通販の企画の仕事で佐藤栄助のことは何年もかかわってきているけど。

今年の新年会は久しぶりに出席した嬉しさに勝手に長時間喋り出す人もいて(誰も聞いてないのだが)、なんとも賑やかに盛り上がった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三朝大般若会三日目/大学駅伝二日目(復路)

1月3日(火)

三朝大般若会三日目は本堂が一杯になるほど多くの檀家たちが集まる。

Photo_7

一、二日目まではせいぜい一般檀家が15〜20人、梅花講(一日目だけだが)がやはり10〜15人程度なのだが三日目にお札がいただけるというので大勢集まるのだ。

お昼前に自宅に戻る。その頃には洋子さんの大学駅伝の応援も佳境に入っていた。
麻里子たちが鶴見中継所に行っているということでテレビの画面を注意してみているがあまりにも大勢の応援客の中から見つける事はできなかった。メールのやり取りで居場所は確認できているのだが無理だった。しかしその中継所では神大のフラフラの襷つなぎのシーンが展開された。

東洋大の圧倒的な記録での総合優勝となった。しかし柏原というのはすごい選手だ。

大般若会と大学駅伝が終わり、これで私と洋子さんは正月は終わったような気がするのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大学駅伝が始まった。

1月2日(月)

 洋子さんお待ちかねの大学駅伝がスタート。今日明日と彼女はテレビ中継に釘付けになる。

私はお寺だ。朝食後、三朝大般若会二日目に参列。おや?今日は梅花講の女性たちがいない。例年二日目もいるのだが。
般若会が終わって住職さんへ新年の挨拶に茶の間へ伺う。梅花講の人たちは今日はどうしたのですかと聞くと皆さん高齢になってきて一日目ならなんとかなるのだが二日目になるとどうしても都合の悪い人が出始めてきたので今年は二日目のご詠歌はやめることにしたのだそうだ。若い人たちが梅花講になかなか入ってこないとこういうことになるのだな。

「岡田さんは毎年三日間続けて大般若祈祷会へきていますね、何年になりますか?」と住職さんに聞かれた。良く覚えていてくれるものだ。でもほんとに何年なるだろう。おそらく義父が他界した平成9年からかも知れない。そうすると15年か・・・。よく続いているものだと自分でも感心する。

午後、大学駅伝の往路が芦ノ湖へゴールするのを見終わってから東根の壽屋さんの初売りに出かける。
ご年始代わりにケーキでもと途中、天童の100円ケーキ「パティスリーミュール」に寄る。

Photo_6

FC展開している100円ケーキの店、なかなか繁盛しているようだ。次々と客が入ってくる。
しかし、忙しすぎるのかどうかわからないがスタッフのミスや気配り不足が目立つ。商品には人気があるのだからすこし残念に思う。

壽屋さんの帰りに天童の弟の家に寄る。ご無沙汰していたが元気そうでなにより。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬の花火

久しぶりにボーリングに行くことに。
長男夫婦と4人で山形ファミリーボールへ。

すごいスコア、もちろん低スコアにあきれてしまう。しかし楽しい。久しぶりのボーリングに体が痛くなるかもしれないので2ゲームにしておこうかと思ったがつい3ゲームに。

ボーリングを終わっていろんなサービス券をもらったのでボーリング場と同じ系列である向かいのセガワールドへ寄ってみる。唐揚げ屋があるというので参考まで食べてみることに。

Photo_5

『ポテから揚げ亭』でメニューの一番最初にある「揚げ亭から揚げ」を注文。
ファストフードなのですぐ出来るだろうと思っていたが20分過ぎても出来上がらない。後からの他の客の注文したものは次々と渡されていくのに何故なんだろう。2回程催促。「今、間もなくあがりますから」の返事だけ。これではレストランでさえも遅い待ち時間だ。遅くなっている理由の説明もない。
こんな店の対応ではいけない。これからのこともあるので店のスタッフの勉強のためにも引換券を返し返金してもらう。

『はま寿司』で早めの夕食。でもタッチパネルでの注文には他の回転寿司店も同じだがどうしてもなじめない。ま、それでも楽しい夕食を過ごす。

帰り道。お、夜空に花火が見えるではないか。そうか、昨年もそういえば花火があがっていたっけ。
麻里子夫婦と実家の母の入院する県立病院からの帰りにやはりこの花火を見つけたのだった。そうか、あれから1年経ったのか。つい先日のことのように思える。
青野地区から打ち上げられているので近くまで寄り道をしてしばらく花火を眺めた。
打ち上げた花火の火がすぐ消えてしまうのでなかなか写真が上手く撮れない。それに寒い。早々に自宅に帰る。

Photo_4

誰がどこで何のためにこの冬の花火を打ち上げているのだろうか?という疑問は昨年も持ったのだが結局探さずじまいになってしまっていた。今年こそ忘れずにチェックだ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

初詣と三朝大般若祈祷会

県内一初詣客の多い山形県護国神社も朝の8時頃だけは一瞬すーっと客の出が減る。その他の時間は長い時間行列をつくるのだがこの時間だけは数分並ぶだけで参拝ができる。と、いう訳でここ数年の我が家の初詣は朝食前に護国神社に参拝にくることになっている。今年は年越しを我が家で過ごした長男夫婦と4人での初詣だ。

2

2_2

今朝は青空のいい天気だが気温が低い。道の雪もパウダー状にサラサラとしていて歩きにくい。
どんど焼きの火に冷たくなった手をかざす。

お札をいただいて神社の次は隣の国分寺薬師堂に参拝に向かう。

Photo

Photo_2

本堂に上がり薬師如来本尊にご真言をあげさせていただき皆の無病息災を願う。
自宅へ戻り神様とご先祖様にに新年の挨拶をし、お神酒で新年を祝う。

ささやかなおせちでの朝食後、私は菩提寺泉福寺での三朝大般若祈祷会へ参列する。

Photo_3

三朝大般若祈祷会は毎年正月1日から3日までの三日間行われている。この三日間毎日お寺に行かないと正月が来た気がしなくなってしまっている。

お寺から戻り、今度は地元の氏神様である八幡神社へお詣りに行きお神酒と御護符のみかんをいただいて帰る。

これが毎年の私の元旦の午前中の行事になっている。これが終わってやっと自宅でゆっくりできるのだ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成24年 初日の出

平成24年元旦

国旗を揚げに玄関を開けて外に出ると太陽が東の山から顔を出し始めていた。

Hinode1

Hinode2

平成24年の初日の出だ。なんとありがたいことか。今年も無事に新年を迎える事ができた。感謝。
今年もいろんな事が起こるだろう。しかしそのままあるがままに受け入れて生きていこうと初日の出に合掌する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北海道のウニで盛り上がる

新庄から帰ると自宅には息子夫婦が来ていた。
香花堂さんが先日送ってくれたという生ウニが届いていたのだがすでに三分の一が消えていた。
きれいな形のウニ、業務用に卸しているウニだそうだ。なるほど、ミョウバンを使っている訳だ。

早速『くどき上手』でウニを肴に一杯飲る。くー、美味い!

Photo_5

今年の最後の仕事も新庄の香花堂さん、そして年末の酒の肴も香花堂さん。
ほんとにお世話になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帰りの新庄駅

打ち合わせ後、香花堂さんから夕食のお誘いを受け例の『麺武者』に向かうが営業をしておらず近くの『香港飯店』へ。ず〜っと前からこの店は目についていたのだがこんなこと言っては失礼だがしたことはない店だろうと思っていたが、意外や意外。これが案外とメニュー、味と折り合いのつく安心な店だった。外観で判断しては行けない典型だった。

Photo

これ、「つけラーメン」。チャーシューが美味い。スープが薄味だが麺を食べ終わってからの割スープを入れて飲むと結構いける。
小上がり座敷席が多いので子供連れの客が多い。壁に「こどもびーる」のポップが。へえ、こんなビールがあるんだ。『え?!知らなかったの』と。どうやら知らなかったのは私だけのようだ。

新庄発19:06分の山形行きの奥羽線に間に合うように雪で車が渋滞している道を避けて駅までお送りいただく。感謝。

『ただ今、雪のため陸羽東線は運転を中止しております』のアナウンスがホームに流れていた。相変わらず雪が降り続いている。

Photo_2

Photo_3

除雪車が陸羽東線と思われるホームで除雪待機をしていた。
やがて山形行きの列車がホームに入ってきた。

Photo_4

ドアボタンやドアが凍り付いている。
つくづく今日は車で来なかったことにホッとする。

連絡する列車の遅れで5分程遅れて発車。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奥羽線でセレモニーホール新庄さんへ

ありがたいことに新年を今年もまた無事に迎えることができた。

昨年末最後の仕事は新庄だった。セレモニーホール新庄さんへ12月30日に伺った。
数日間の降雪と悪天候のため奥羽線で羽前千歳駅から新庄へ向かった。とても車で行く気はしない。

Photo

Photo_2

赤い冬柿が見えるホームに新庄行きが5分遅れで入ってきた。

Photo_3

次第に車窓からの景色が大雪に変わってきた。さすがに大石田だ。

Photo_4

新庄駅はこの通り雪に覆われていた。が、これはこれで風情がある。で、こんなこと言えるのは奥羽線で電車に乗ってきたからだ。車できたのならこんなのんきなことは言ってられないだろう。

日が暮れて暗くなってきた。セレモニーホール新庄さんの建物の外部ライティングのセッティングを行う。駐車場は20cm程の積雪。これは朝に除雪をした後に積もった雪だそうだ。

Photo_5

6時過ぎ電気工事業者の方たちとセッティング終了。真っ暗な空と真っ白な雪に建物全体が浮き上がってきた。しかし夏になると状況が違ってくるかも知れない。その時はそのときで調整をしなければならなとだろう。ま、いずれにしてもこれが今年の最後の仕事となった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »