« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

唐桑半島 漁火パーク

2月28日 唐桑半島 漁火パーク

 唐桑半島鮪立(しびたち)の盛屋水産菅野さんへ伺う。
到着早々、ボランティアの二人と食事にご案内いただいた。ボランティアのニックネーム、コサチさんが今日東京に帰るということで昼食を一緒にということらしい。

そこはすごい眺めだよーと一代(イチヨ」)さんが運転しながら言う。
港から急な細い坂道を裏山の方へ一気に上ると「漁火パーク」があった。


Photo

唐桑半島の北に広がる太平洋と左に広田湾
イチヨさんが言う通りすごい眺めだ。

Photo_2

こんな穏やかな広田湾の左奥には壊滅的な被害を受けた陸前高田がある。

あの恐ろしい津波が押し寄せた事が信じられないほどに静かに穏やかな太平洋と広田湾だ。

パークの「漁火ごだい」に入る。
まかないから出来たメニューとのことで4人とも「みそらーめんと鳥の唐揚げドライ」を注文。

Photo_3

うわ!大きな丼だ。うまそうな匂いがする。
唐揚げは別に出て来るのだろうと思っていたのだがドブッとラーメンの中に入っている。うん、なるほどまかないらしい。

2

細麺と太麺を選べる。これは太麺、平打ちだ。
ドライとは辛口、これも選べる。なかなか美味しい。

イチヨさん、私、そしてボランティアのコサチさん、ショージ君の4人で賑やかに話しながらいただいているがイチヨさんの声がなんと言っても一番元気がいい。
突然我々のテーブルに東大のグループが声をかけてきた。もちろん彼達の会いたいのは「ツナカン」のイチヨさんである。広い店内でも彼女の声は隅々まで聞こえているのだろう。いや、店の外まで聞こえているかも知れない。

ごちそうさまでした!
外に出ると「メカブ」を干してあった。
「ごだい」の店の人が出てきた。少し干すと滑らなくて切りやすいのだそうだ。

Photo_4

Photo_5

午後にはボランティアから東京に戻るというコサチさんを囲んで記念写真。
食事をしながらいろいろ話をしたが、今の若い人たちも捨てたもんではない。むしろ大人達の方が口ばかりの人が多いように思えてくる。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

家庭麻雀

最近、我が家では休日前の夜に家庭麻雀をするようになった。大抵始めるのは私が仕事から帰ってだから9時か10時なのであまり遅くまではできないので半荘でやめることにしてはいるのだがつい熱中してたまに深夜になることがある。

Photo

洸と美幸夫婦と我々の4人で普段の会話を楽しみながらやるのだが、話に夢中になると牌を捨てるのを忘れたり上がりを見逃したりとまあ、面白い時間になっている。洋子さんはパソコンの麻雀で鍛えてるかして意外と大勝したりするのだから面白くて止められないようなのだが体調に悪いのでケリはつけている。
学生時代を思い出してなんとも嬉しい家庭麻雀である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なぎそねこ

2月25日(土)

 東京在住の南高吹奏楽部時代の友人が来社。
「久しぶりの山形、寒くない?」
「へへへ、これ着ているから全然大丈夫だよ。」
と言いながらジャケットを脱ぎ始めた。
後ろ向きになりこれ知ってる?と背中を向けた。

2

それは「なぎそねこ」と言って今、評判の信州・南木曽町に昔から伝わる
防寒着なんだそうだ。
借りて背中に着けてみた。なるほど背中がポカポカする。これは良い。

1

南木曽で作られたことを示す「タグ」もかわいい。
受注に生産が追いつかないほど売れているそうだ。
今年はいいが来年1枚買ってみようか。お腹が膨らまない防寒着はメタボにありがたいから。

『なぎそねこ』の詳細はこちら→


| | コメント (0) | トラックバック (0)

頭の上を電車が、Mino'sで二次会。

焼き鳥での二次会が定番なのだがいつもの店が満席ということもあって珍しくピザとワインでの二次会となった。

松風屋の佐々木さんの案内で千歳館のすぐ裏にある「Mino's」という店に入る。
なんだ!これは。店内の壁や天井に線路が敷かれている。しかもミニチュアの電車が走り回っているではないか。

Minos

ワインの二次会もまあまあ盛り上がるものだ。店内は女性客が多い。メニューもその雰囲気だ。
この店にはいずれあらためて来てみよう。

店を出たのは午前1時頃、メンバーの一人の代行車が混んでいてくるまで時間がかかるとのことでその間、中国人のやっているラーメン屋でまた盛り上がってしまった。
結局、帰宅したのは午前2時になってしまった。
我ながら良く持つもんだ。身体が・・・。

Mapminos


| | コメント (2) | トラックバック (0)

山形道経塾 山形大学理学博士大津芳(おおつかおる)先生

2月24日(金)

 山形道経塾2月例会。

Photo_11

今回は山形大学医学部理学博士、大津芳(おおつかおる)教授をお招きして放射能、原発問題についてお話をいただいた。
新聞やテレビで見聞きする放射能の言葉や記号が先生の話で少し理解できたような気がするがやっぱり難しい。極端に心配する事もないが安心もするなと言う。一度稼働した原発の廃炉には気の遠くなるような年月がかかり、その間の人体への影響は計り知れないとのこと。

政府が発表せず隠している情報が数多くあるとも言う。恐らく今の政権では収拾がつかないのだろう。

教授の奥様も同席され講演の後、懇親会を行う。いつもそうなのだが講師を入れての懇親会は質問が飛び交い時間をオーバーしてしまう。午後9時の予定が閉会したのは10時近くだった。

大津教授ともども二次会へ繰り出す。焼き鳥小柳、天神とも金曜日の夜とあって満席。
花小路の裏露地へと向かう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

須賀川駅着15:30、金澤庵さんの現場へ

郡山駅で新幹線下車、在来線で東京方面へ二駅目が須賀川である。
荷物が多いので歩いてもたいした距離ではないのだがタクシーで金澤庵さんの建築現場へ。
午後4時から現場打合せ。

Photo_8

内装の仕上げの真っ最中である。うんうん、いい感じだと一人うなずきながら現場内を歩き回る。

Photo_9

靴を脱ぐことなく横座りでも食事ができる卓袱台席も楽しみだ。

Photo_10

店内は黒のステン塗りの太い竪格子や細い組子の連子格子を多用している。外観は田舎臭くシンプルに、中に入ると大きな吹き抜けと格子で仕切った各ゾーンがドーンとボリュームを感じさせてくれる。この差が面白い狙いなのだ。

金澤さんから須賀川駅までお送りいただく。17:56発の在来線で郡山へ向かい、山形新幹線つばさへ乗り換える。山形着19:55の予定である。
ここ最近毎日毎日がとにかく忙しい。ありがたいことだ。座席に座りほっとする。早速NEW DAYSで買った缶ビールで喉をうるおす。うまい!
予定通り山形着。ここ2〜3日でだいぶ雪が消えたとのことだが雪のない所から帰ってみるとさすがにまだまだ多い。
これでは桜の開花が遅れるというニュースはあたりまえだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

商業界ゼミナール終了

2月23日(木)

 午後4時に須賀川で打ち合わせがある。間に合わせるために閉講式には出ずお弁当をいただいて昼頃会場を出た。

 Photo_7

東北新幹線に乗り早速お弁当を開く。
例年最終日は金沢市の芝寿司さんのお弁当が出る。参加者もこのお弁当を楽しみにしている。
見事にきれいなお弁当に隣の客の視線が向かってくるのがわかる。やや得意げに食べる。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

商業界ゼミナール

今日から二泊三日のゼミだ。ここには全国から800人近くの商人達が集まってくる。なつかしい同友たちと会えるのだ。

講座の会場に入る前に部屋にチェックイン。

Photo_4

素晴らしい天気に眺めも良い。

Photo_5

フロントに私宛に荷物が届いていた。開けるとびっくり。大量のアルコールとつまみだった。日本酒一升、ウイスキーが3本、赤ワインが2本、ピーナツの大袋と韓国海苔一箱。
岡部社長からの差し入れだ。感謝。
が、これ二泊三日で消化できるか心配ではある。ま、みんなから集まってもらって飲めばなんとかなるか。しかし、本来酒飲みの私、酒がいっぱい部屋にあるというだけで心がウキウキしてきたのだからしようがない。

講義会場へ。
開講前の壇上にはイオン名誉会長相談役の岡田卓也氏とセゾンの堤清二氏が並んで座っている。まちがいなく今回の目玉講座のひとつである。この二人が並ぶ等とはそう滅多にあることではない。

Photo_6

東京大学の松原隆一郎教授のコーディネートで講演が始まったが、ちょっと物足りない内容にやや不満を感じる。要するにお互いの話につっこんでいかないのだ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

お多幸本店、とうめし

2月21日(火)

 久しぶりの日本橋お多幸本店。3年振りくらいかな。

Photo

看板メニューの「とうめし」。これがまたうまいんだな〜。
単品でなら370円だが「とうめし定食」650円を食べる。

Photo_2

ご飯粒に見事にタレがいい具合にしみ込んでいる。丼の底にタレが残らない。しかも一粒一粒に味がしみ込んでいる。この絹ごしの豆腐も良いんだ。

Photo_3

3階まである席も満員状態。近くの客の大盛りの「とうめし」を見る。丼の背の倍の高さまでとうめしがもられている。すごい山盛り、あんなのよく食べられるもんだと感心する。

さ、これから京葉線で幕張だ。混んでいる3階の席から狭い階段を降りて外へ出る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おや、ここに山寺があった。

2月16日(木)

 須賀川駅から歩いて現場へ向かう途中、『山寺』というバス停があった。親近感が湧く。

Photo

金澤庵さんの現場へ今日は山形新幹線を郡山から黒磯行の在来線で須賀川駅下車である。

Photo_2

須賀川の町はほんとに坂だらけである。
のどかな地方の駅前の風景であるが、旧市街地へ入ると昨年の震災の地震で破損した建物が多くある。市役所でさえ未だに使用されていない。

駅から15分程で現場へ到着。
クロス工事が行われていた。大詰めというところだ。

Photo_3

Photo_4

中も外も連子格子が良いイメージを与えてくれている。

Photo_5

石州瓦サビ瓦に雪が残っている。ほんとに珍しい須賀川の雪だ。

現場担当者と打合せを終えて須賀川駅発12:25で仙台へ向かう。
昼食をゆっくりとっておる暇がない。郡山駅で乗り換えの新幹線が来るまでのあいだに立ち食い蕎麦で簡単に済ませる。

仙台着13:11。初対面のS氏と無事に駅前駐車場でお会いできた。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

道がスッキリした

午後3時過ぎ、目の前の道路がこんなにすっきりした。

32

お疲れさまでした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

少しづつ道幅が回復していく。

2月15日(水)

 外出から帰ってきたら事務所の前の道路の大除雪、排雪作戦が繰り広げられていた。

Photo_4

Yuki

左右に積み上げられた雪で道幅が狭く通行に不便をきたしていたし、特に歩行者には危険ですらあったこの道もこれで安心して通行できる。積み踏み固められた雪は氷のように固くなっている。重機や除雪車でなければとても除去できるものはない。ここは市道である。市役所の除雪車とこの地区の人たちが協力して作業を進めている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

卒展最終審査会

午後3時から山形美術館で卒業進級作品展の最終審査会が行われた。
毎年思うのだが、良く作品が間に合ったものだ。いざとなれば学生達もやるんだな。
しかし、美術館に搬入されても一定のレベルに達しない作品は遠慮なく撤去することにしている。

1

次々と賞が決められていく審査風景。ここには学生はオフリミットだ。

Photo

青竹で作った茶室。展示期間中、実際に茶を点てるとのこと。

Photo_2

Photo_3

2

1_2

市内中の店舗を回りスケッチした作品集。合計64店ある。

世代の移り変わりを、この作品展を見ているとよく感じられる。特に自由作品にはその時代の彼達の思いが表れてくるのだ。

2月15日(水)〜19日(日)まで山形美術館で行われている。是非、足をお運びの程を。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

これ何年前のだろう?ミスタードーナツのスープカップ

2月14日(火) バレンタインデー

朝食に珍しい、懐かしいスープカップがテーブルに並んでいた。

Photo_3

今日の朝食メニューはくるみパンのトーストとシチュー。
こんなカップをもらえる程、昔はミスタードーナツに通いづめだったのよね・・・。と洋子さん。
そうだね、今は一年に一回も行かないかもな。

それにしても最近、それまでは絶対朝食にはご飯でないと我慢出来なかったのにパンを意外と好きになってしまった自分に驚いている。体質が変わったかな。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

卒展搬入準備の夜

2月13日(月)

外から学生達の賑やかな声が聞こえてくる。

2

15日から山形美術館で始まる卒業進級制作展の作品をトラックに積み込みをしているのだ。

1

制作の遅れた学生を皆で手伝いながらの作業だ。卒展は皆の作品展だ。科の違いを超えて共同作業をしている。この様子を見てホットする。

Photo

手前味噌な言い方になるが当校の作品展はなかなかの評判なのである。4年制とは違ってわずか2年間の勉強である。にもかかわらずそのレベルとボリュームは素晴らしいものである。

是非、多くの人たちから美術館に足を運んでいただきたいものだ。

Photo_2

間もなく午後8時になろうとしている。作業がすすむなか、隣の歯科病院の駐車場にはきれいにイルミネーションが輝いていた。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

青空に氷柱

2月12日(日)

 今日も仕事で事務所に缶詰。外の空気を吸いにベランダへ。
雲行きは何となく怪しいがとりあえず青空が広がっている。

1

2

このまま赤い夕陽で沈んでくれると嬉しいのだが、はるか西の山の上には不安な雲がかぶっている。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

外から除雪車のエンジン音が

2月11日(土)建国記念日

 この大雪でフットワークが悪く仕事が押されている。今日、建国記念の日の祝日も事務所に缶詰である。
外からけたたましいエンジン音が聞こえてきた。息抜きをかねながらベランダに出てみる。

Photo

やってる、やってる。民間の駐車場を除雪車が動き回っている。降り積もった雪が固まり下は氷状態である。人力ではとても無理。民間で除雪車を頼む費用ってどのくらいなんだろう?
ところで県も市も除雪予算をはるかに超えているそうだ。こんな大雪の年になるとは誰もが想像できなかったろう。

今朝、自宅向かいのお年寄りだけの住宅の屋根の雪下ろし作業に業者が入っていた。
お向かいさんは65歳以上のお年寄りのみで他に同居する人がいない世帯であるため山形市からの雪下ろし補助金交付に該当するのかもしれない。

市役所のHPを見てみた。
「4 補助金額
・作業員1人1日(1回)当たり14,000円,作業員3人までで42,000円が補助上限になります。」とあった。
地区の民生委員さんのお世話で申請することになるらしい。

そういえばこの地区の民生委員のSさんは雪が降る度にお向かいさんの出入り口の雪かきに朝、暗いうちからきてくれている。その度に挨拶をする。
「ご苦労様です。朝早くから大変ですね」
「いやいやどうして。ここが終わってからでないと自分の家の雪かきはできないんだよ」といって自分の家に戻っていく。
頭が下がる思いだ。
お向かいさんの業者による雪下ろしはおそらくSさんの手配なのだろう。

・・・・今、外は大粒の雪が降り落ちている。いつまで続くのか、この雪。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そば琳で摩周そば、すばらしい美味しさだ。 

2月10日(金)

 お昼、小熊順さんと「そば琳」へ昼食に行く。

板そばを注文、それと蕪(カブ)のおろしを。

Photo

今日のそば粉は北海道摩周産ですと、店主の東海林さん。

Photo_2

なんと美しい色なんだろう。そしてやさしい甘さを感じる。もちろん香りも良い。
その上、コシがあり喉ごしが素晴らしい。タレに蕪(カブ)のおろしを入れて食べるのは初めてだ。あまり辛くはないのだがタレに深みが出てきてとても良い。

寒く湿っている季節の2月は蕎麦を打つには一番良い季節なのだ。一番美味しく食べられる季節だ。

Photo_4「そば光琳」のスケッチ


琳さん美味しい蕎麦、ごちそうさまでした。事務所に戻り打合せ。美味しいものを食べた後は気持ちも良い。順調に打合せができた。

Photo_3


| | コメント (0) | トラックバック (0)

いい感じになってきた、金澤庵

2月9日(木)

 午後から須賀川へ。笹谷トンネルが日本海側と太平洋側の境目になっている。トンネルを抜けてしばらく走ると大雪の山形から一気に雪の少ない風景に変わっていく。

1

足場が解体され外観が表れた。よしよし、こういう感じだ。新築を感じさせず以前からあったようなある意味地味な、田舎臭さがデザインコンセプトなのだから。

2

越屋根が良い感じだ。

現場で造園、舗装、看板の業者の人たちと打合せ。
建物の周囲には山桜を植え、雑木林を作る。足下にはコグマ笹だ。

1_2

2_2

これから内装工事だ。さあ、楽しみな段階にきた。が、気が抜けない時でもある。


こんな風に雪が残っていることは滅多に須賀川ではないというが、非常に寒い。風が冷たい。
雪に囲まれた山形の方が寒さが楽なような気がする程だ。一度冷えた身体は車に乗っても暖まらない。帰りの高速のSAで肉まんを一個買ってそれを体にあててホッカイロ代わりにする。こんな小さな肉まんのなんとあったかいことか。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝、除雪車が。

2月8日(水)

昨晩気仙沼から帰ったのは午後9時40分。周囲の市道は除雪されているのに我が家の前の通りだけは除雪されておらず深い雪のワダチになっていた。ひどい状態だ。送ってくれた佐藤君はワダチのまま引き返すこともできずそのまま進行方向へ向かって帰っていった。

お、これは除雪車のエンジン音だ。

Photo_8

朝、起きて洗濯干場の窓の網戸越しに下を見ると除雪車が我が家の前の道路を行ったり来たりしている。やっと来たのだ。
外にでると向かいの幼稚園の送迎バスのドライバーが、これで助かった。昨日はハンドルも切れず大変な苦労をしたのだと声をかけてきた。
しかし除雪されて出入り口を塞いだ固い雪を片付けるの一苦労だ。その上、スノーダンプが壊れてしまっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気仙沼にも雪が!

2月8日(木)

 太平洋側の気仙沼に雪はないだろうと思っていたがなんと道路端には白い雪が見えていた。
雪国の山形から雪のない世界へと思ってきたのだが。やはり今年の天候は変だ。でも道路にはまったくないので運転はラクラク。と言っても今日はスタッフの佐藤君が同行、運転してくれている。ますますラクラク。

唐桑半島鮪立へ午後1時過ぎ到着。元気なで大きな声が響く。駐車場に降りた私たちを見つけて盛屋水産のイチヨさんが駐車場に出てきてくれたのだ。

Photo_3

真っ赤に沈もうとする夕陽の時は、真っすぐ浄土に渡って行けるのではないかと思う程感動的できれいな風景になるとイチヨさんが語ってくれた。

うわー、すごいご馳走だ!昼食を準備していただいていたのだ。
イカの沖漬け、そしてそれを焼いたもの、尾長マグロのお刺身、ハムサラダがテーブルの上に並ぶ。
このイカの沖漬けのすばらしく旨いことったら、今までもそっちこっちで食べてはいるがこの旨さは今までで最高だ。腑が実に良い。白いご飯の上にのっけて食べると格別だ。焼いたのも良いし、ビンチョウマグロもだ。大盛りのご飯をお替わりしてしまった。食べ過ぎに注意はわかっているのだがどうにも止まらない。
つい食べるのに夢中になって写真を撮るのを忘れてしまったほどだ。
ふ〜お腹が一杯。図々しく若干食べ残したものをお持ち帰りにしてもらった。遠慮がなくスミマセン。
ほんとにご馳走さまです。感謝。

さあ、仕事だ。
盛屋水産菅野邸唐桑御殿の現調を始めなくては。

Photo_4

盛屋水産さんの唐桑御殿。一番上の階の床下まで津波が押し寄せた。

震災の津波の前はこの窓の外にはここと同じような唐桑御殿や住宅が並んでいたのだ。茶の間の丸窓ガラスの松竹梅のブラスト?のイラストを通して見るこの風景に時の不思議さを感じる。来月、震災後1年になろうとしている。

Photo_5

イチヨさんから元気な説明を受けながら午後4時頃終了。
津波からなんとか持ち出す事ができたこの建物の図面があり、おかげで順調に終わる事ができた。
先ほどのお持ち帰りを頂戴して(あまりの美味しさに遠慮を忘れてスンマせん)気仙沼市街へ向かう。

唐桑町唯越(?)の海岸から広田湾が見える。防波堤らしきコンクリートが無惨に破壊されている。はるか続く広田湾は穏やかな冬の海だ。

Photo_6

気仙沼市街地へ入る。港の近くの仮設の屋台村の赤提灯が夕暮れに輝いていた。

Photo_7

斉吉商店斎藤社長さんとお会いして来月の仮店舗の開店計画について打合せをさせていただき、その後熊谷電気さんへお寄りしてしばしお茶をいただきながら歓談。熊谷邸では明朝テレビ番組の収録があると言っていた。
午後6時過ぎ、山形へ向けて出発。
気仙沼のみなさん、今日も大変お世話になりました。ただただ感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラーメンと団子

2月6日(月)

 朝から穏やかな天気だ。気温もあがりそうな雰囲気だ。
東根の壽屋さんへ打ち合わせに伺う。すごい雪だ。さすが山形よりはるかに多い。
気温が上がり、雪が湿り始めると重くなり屋根からの落雪が心配になる。

国道は午前中にはやや乾燥状態。約束の時間には間に合った。
打合せが終わり横尾さんから山東楼さんで昼食をご馳走になる。
久しぶりの山東楼さんだ。天気が良いのだろうかお客さんが随分と入っていた。

Photo

ザーサイネギラーメンと餃子をいただく。あいかわらず美味い餃子だ。
横尾さんご馳走になりありがとうございました。

山東楼さんの自宅の除雪作業がすすめられていた。この辺の屋根の雪下ろしは業者さんに頼んで排雪まで依頼しなくてはならないのだ。

Photo_2

午後、大石田の横丁とうふ店(最上川千本だんご)さんご夫妻が来社。
お土産に団子やお豆腐をいただく。ありがたいことです。

おやつにスタッフ皆で団子をほおばる。久しぶりの横丁さんの団子は実に美味い。感謝。
この雪で来店客が減っているとのこと。そりゃそうだ、この大雪の道路事情では当然だろう。

今日は昼食からおやつまでいろいろご馳走になってしまった日である。
ただただ感謝。

・・・ふと、思うのだが最近ラーメンの記事ばかり書いているようだ。特にラーメン大好き人間ということでもないのだが。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

東一番町のイルミネーション

Photo_7

藤崎を出る頃には外は暗くなっていたが東一番町のイルミネーションがとてもきれいに輝いていた。
ブラブラしてみたいのではあるが帰り道が凍結しないうちに山形にもどりたい。しばし眺めただけで駐車場へ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

「小野や」さんが仙台藤崎へ

藤崎で「小野や」さんがイベントに出店しているというので洋子さんと
午後、仙台の藤崎デパートへ。日中のいい天気のおかげで高速道路は雪がなく快調に仙台に到着。

Photo_5

小野やの成田さんと久しぶりにお会いする。
昨年もこのイベントに出店したのだが今年は昨年より売れているとのことである。今、仙台は震災復興の仕事のため全国からたくさんの人たちが集まっている。歓楽街国分町の夜も相当な賑わいのようだ。震災のおかげという言い方は不謹慎だが事実それが原因なのである。

Photo_6

東北六県物産展が行われている藤崎


| | コメント (0) | トラックバック (0)

高血圧にメタボへ気遣いの贈り物

宅急便で長女の麻里子からこんな荷物が届いた。

Photo_4

胡麻麦茶は洋子さんの高血圧に、黒烏龍茶は私のメタボ解消にとのことらしい。
1月の私の誕生日、2月の洋子さんの誕生日のプレゼントである。
二人の身体を気遣ってくれる嬉しい贈り物だ。感謝。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

除雪機

2月5日(日)

 自宅の東側の道路の雪かきをしているのを見て向かいの幼稚園の職員の方が除雪機を使って除雪してくれた。朝から天気が良い。青空だ。吹き飛ばす雪がきれいだ。
が、隣の畑の方に断っているとはいえ排雪をするのはほんとに気が引ける。

Photo_3

30分かかる場所がなんと5分で終わってしまった。あ〜除雪機が欲しいと思うが来年もこんなに降るとは限らないしな。
でも助かった。ありがとうございました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日も雪なり

2月4日(土)

 まあ、しかしよく降る。雪かきをし終わった後から後から積もっていく。

向かいの幼稚園でも職員が総動員で屋根の雪下ろし作業をしていた。

Photo

園児が屋根の端から落ちてくる雪に当たったら大変なことになる。

夜も降り続ける。

Photo_2

裏道はこの通りだ。対向車がきたらどちらかが除けないと通行できない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寒乃しぼりたて大吟醸生酒小鼓

2月3日(金)

 またまた伝エ門さんから西山酒造のお酒が届いた。
昨年の秋にもいただいて好印象の酒である。

1

相変わらずの見事なラッピング。

2

う〜ん、なんとも言えず飲み口の良い酒。案外と肴を選ばず美味しく飲める酒かもしれない。
しかしある意味おとなしいと言えるかも。でもお好みの料理、肴をいただきながら楽しめるなんとも良い酒のような気がする。
伝エ門さんありがとう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

青空が・・・。

2月3日(金)節分の日

 用事があり、桂林さんへ。ついでに昼食。

Photo_2

久しぶりの「ネギラーメン」。ほんとにいつ食べても桂林さんは美味い。
食事と用事を済ませて駐車場に行くと隣の屋根の雪下ろし作業をしていた。
つかの間の日射しの間に終われるといいのだが。
でもこんな風景ここ何年と山形では見かける事はなかったのに。

Photo_3

ある建物のデザインを見たくてイオンモール山形北店の駐車場に車を停めた。

1

2

大型ショッピングセンター横の歩道でさえこの雪である。この天気が続いてくれると良いのだがどうやらそうでもない予報である。歩道の先の遠くに見える山並みは面白山かな?

正月が来たと思ったらもう2月。特に2月はあっと言う間に過ぎる。春ももうじきやってくる。
待ち遠しい雪解けである。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

大雪の夜の裏道

Photo

大混乱の大雪の夜、ひっそりとした裏道のお蔵の屋根の雪がすごい。が、きれいな風景だ。
日中のけたたましさも忘れてしまう。
家屋の被害が心配される。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

30数年振りの大雪。

2月2日(木)

 昨晩12時過ぎ、寝る前に行ったトイレの窓からは雪が降っている様子が見えなかった。
明日は大丈夫だなと安心してベットへ。

 うわー、すごい雪だ。寝る前は降ってなかったのに!いそいで外に雪かきにでる。朝6時半、容赦なく吹雪いてくる。雪かきが終わったところを振り返るともうすでに数センチの雪が積もっている。

今日は10時に東根で打合せの約束。どうにか駐車場から車を出して東根に向かうがバイパスはまったく車が動かない。携帯で今日の打合せはキャンセル。下り車線からUターンするためには山形自動車道山形北インター駐車場に行き、そこから上り車線に向かえば良いだろうと思ったのだがこれが大変な目に遭ってしまう。
料金所から出てきた車で大混雑、上り車線へおりる通路の入り口には大型トラックが立ち往生。身動きがとれない。大型トラックが動き始めたのは数十分後。

1

事務所へ向かうが最悪の道路で、大渋滞。

3

事務所に行く前にユーフィットの雪かき。午後1時前になんとか終了。

2

青空が少し見えてきた。
裏道のアパートの駐車場には数台の車が雪だるま状態。駐車場から出せるんだろうか?

さ、これから事務所の雪かきだ。昼食後、作業開始。
午後4時前に終了。
今日は一日、雪かきで終わったようなもんだ。

山形市では30数年振りの大雪だとのニュース。90とか88cmの積雪らしい。
明日も降ると言っている。
今日は、疲れた〜。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »