« 山形交響楽団定期演奏会 | トップページ | 老夫婦が10年かけて自分たちの手で建築工事をした『なが山』 »

我が家の青森地酒フェア

気がついたら今年初めてのブログ更新だ。FB始めてからどうもサボり気味だ。

さて我が家の先日の晩酌は青森地酒フェアだった。

本州最北端の酒蔵「関乃井酒造」の『純米吟醸寒立馬(かんだちめ)』。南部の酒。このお酒は毎年むつ市の小原さんからお送りいただいている。飲む前から味が分っている。お、これだこの味だと毎年楽しみに飲ませていただいている。

Photo

弘前の「松緑 斉藤酒造店」の『純米吟醸六根(サファイア)』。津軽の酒。これは初めて飲む酒だ。十三湖しじみの「小野や」さんから昨年末送っていただいたものだ。うん、やっぱり青森津軽の酒である。この地方の酒は独特の風味があるのだ。しかし実に良い酒だ。

Photo_2

裏ラベルを見ると酒米も酵母もそして種麹菌もすべて青森県産を使用していると説明されている。ふと先月の我が家の会津地酒フェアで飲んだ「髙橋庄作謹醸」の『純米酒一火(いちび)』に書かれていた『土産土法』の言葉を思い出す。杜氏も青森ならこの『六根』も同じなのだが。

Photo_3

青森地酒フェア、楽しく美味しくいただきました。感謝。

|

« 山形交響楽団定期演奏会 | トップページ | 老夫婦が10年かけて自分たちの手で建築工事をした『なが山』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1134875/48731980

この記事へのトラックバック一覧です: 我が家の青森地酒フェア:

« 山形交響楽団定期演奏会 | トップページ | 老夫婦が10年かけて自分たちの手で建築工事をした『なが山』 »